Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

根岸通信【22】新顔なのに貫禄の味「TaRiTo」

こんにちは、ルーペちゃんです。
久しぶりの根岸通信、久しぶりすぎてこのお店はすでに紹介したと思い込んでいて、ずいぶん放置していました。
実は12月に訪れたときの写真なので、もし今と違うってとこがあったら現状優先でお願いします!

それは根岸柳通りの「Happy Diner Tokyo」さん経由の情報でした。
柳通りの居酒屋「福徳」さんが閉店するにあたり、ご近所のママさんがその店を引き継ぐことになったと。
お子さんがいらっしゃるお母さんがいきなり飲食店を始めるのは大変なことも多いでしょうから、すごいなぁよく思い切ったなぁというのが聞いて最初の印象。
しかも福徳さんと言えば、根岸柳通りにふさわしい非常に硬派な感じの「The・居酒屋」な雰囲気のお店。
そこを若いママさんがどうやって自分の店にするのか興味がわきます。
そこで開店間もなく、みんなでランチに繰り出しました。

キレイなグリーンの暖簾とオレンジの看板で若返りました。

でも「福徳」の提灯はそのまま店先に。

カウンターとテーブル席が3つ。
少人数のお客さん向きなこじんまりした落ち着くお店です。
お店の中にも福徳さんののれんが飾ってありました。
どうやらご店主は義理を重んじる人のようです。

その日は総勢4人でカウンターに座りました。
ルーペちゃんの無言の圧力により、4人それぞれ違うものを注文。
(だってその方がネタになるし!)

 


このお店のスペシャルティ、「からあげ」。
大きいゴロッとしたからあげが5個にご飯と味噌汁で700円。
なかなかのボリュームです。
厨房に下揚げをした白い状態のからあげが仕込んであります。
注文を受けるとそれを二度揚げするので、アッツアツが出てきます。
揚げたてでまだジワジワ音を立てているからあげはそれだけで嬉しいもの。
コンビニほど味が濃くなく、お母さんのからあげほど薄味でもない、絶妙な味加減。


こちらは「しょうがやき」700円。
脂が甘くやわらかい豚です。
材料は国産にこだわっているとのこと。


ほんじつのやきさかな」も700円。
自分が食べてないので何の魚か忘れました。
見た感じホッケ・・・?


私が食べたのは「おにぎりらんち」500円。
さすがにからあげ5個はキツイな〜と思ったらちょうどいいメニューがありました。
おにぎり2個とからあげ2個、卵焼きにキャベツサラダにお味噌汁。
内容も量も、中年女性のランチにこれ以上はないハマり具合。

さらに「誰かが握ってくれたおにぎり」というのが泣かせます。
自分も「おにぎりを握るお母さん」ではありますが、そのお母さんですら、誰かが握ってくれたおにぎりを食べると、自分の母親のことを自動的に思い出すのです。

なんだろう、全体に懐かしいこの感じ
どこかで食べたようなこの味。
というのも、偏見かもしれませんけど。
「主婦(素人)が始めたばかりの飲食店」というのは、だいたいにおいて味がまだこなれていなくておっかなびっくりの味付けというか、プロの味になりきれていないことが多い印象だったのですが、こちらのお店は開店したばかりだというのに、味に迷いがなくて堂々としているのです。
もう何十年もやっているような定食屋さんの味がするのです。


ご店主に話を聞いて納得しました。
このお店を始める前は、近所の小学校で給食を作る仕事をしておられたとのこと。
味に迷いがないのも即納得。
このどこか懐かしい、でも家庭の味ともまた違う堂々とした料理は給食調理で培われたものだったのです。

美味しくてリーズナブルなお店が多い入谷近辺でも、この700円の定食は一歩抜きん出るお値打ち価格。
柳通りがまた賑わってうれしいです。

TaRiTo
東京都台東区根岸3-18-21


夏の終わりにスッキリ!エアコン水漏れ修理&クリーニングの話

こんにちは、ルーペちゃんです。
先日お昼に伺った満寿多さん
9月18日から「〜cafe&kitchen ayacoya〜」としてリニューアルオープンなさるそうです。
襲名披露というか、正式な世代交代が行われ、いよいよ娘さんのお店になるわけですね。
以前ご紹介したカレーも変わらず美味しいですが、バインミーサンドが絶品なのでぜひ。

また、10月11日〜14日まで「グッディ入谷」という、入谷周辺のカッコいいお店25店が参加するイベントが行われ、ayacoyaさんも参加します。
お店によっていろいろお得なサービスが受けられるそうなので、お出かけの際はサイトをチェックしてみてください。

●なぜエアコンから水漏れしたか?

前回に引き続き、エアコンの話。

ちらっと書きましたが、エアコンから水漏れしたんです。
壁を伝って水が流れているのを見たときは膝がヘナヘナしましたよ。この暑いのにと。
その後予想通りエアコンが使えない2日間を過ごすことになり、その顛末は前回ご紹介したとおり。

そもそもなぜ水漏れしたか。
メーカーから来た修理屋さんによると、エアコンの水漏れの90%はこれが原因だそうですが、ズバリ「ドレン詰まり」。
ドレンというのはエアコン本体から伸びている、水をポタポタ排出しているホースのこと。
あの細いホースが詰まって水があふれるんだそうです。

エアコンなんか空気回してるだけじゃない?何でそんなに汚れたり詰まったりするわけ?と思いますよね。
空気中のほこりや髪の毛、繊維なんかも詰まりますし、ペットのいるお家だと1年で毛がかなり詰まります。あと車の往来の激しいところなんかは排気ガスの粒子も。
私がググってみたところ、上記のほか「虫が詰まった」人もかなりいましたよ。
カナブンとか、カタツムリ、Gなど。。。
そのため、ドレンへの虫の侵入を防ぐ専用グッズまであるのです。

我が家の場合はホコリとヘドロでした。
ドレンホースをサクションポンプでズーコズーコと数回吸引しただけで水がどぼぼーと溢れでてきました。

そんなに簡単だったのか!
もし次に水漏れしたときは、迷わずホームセンターでサクションポンプを買います(2000円くらい)。

●修理屋さんのアドバイス

修理自体はそんな感じにあっという間に終わりましたが、さすがメーカーから来た修理屋さん、あれこれアドバイスをしてくださいました。

・冷風が出てくる口の羽は、場所を固定するとある部分だけが冷やされすぎて結露しやすい。できる機種ならば羽は動かしていたほうが良い。
・自動メニューも便利だが、実は結露しやすい。冷房メニューにして、強風で風を出すと結露を防げる
・エアコンを止めるときはタイマーを1時間つけて送風か空気清浄にすると結露を防げる

とにかく結露の話ばかり。
エアコンにとって結露は、カビや故障や水漏れの原因になるので、とにかく「結露を防ぐこと」が大事らしいです。

最後にひとこと、「冷却フィンにカビとほこりがいっぱいついてます。そのせいでエアコンの効きも悪いし、冷気が遠くに飛んでません。冷房効率が悪いのでクリーニングしたほうがいいですよ。
Σ( ̄□ ̄; ) ガーン
やっぱりカビ生えてるのか。。。
これ一台で家中まかなっている、大事な大事なエアコンなので、早速その日のうちにクリーニングを予約しました。

●エアコンクリーニングはCMみたいだった

数日後、今度はクリーニング屋さんが家にやってきました。
手早く本体を覆っているカバーを外し、中身があらわになりました。
フィン(ステンレスの板がたくさん並んでいる部分)が黒ずんでいて、ひと目でカビの存在が確認できます。
家を保護するためのビニールカバーが取り付けられました。


これCMで見たことある〜。

「ちょっと強い薬使いますねー」と臭いの強い薬をフィンに吹き付けます。
しばらく薬を置く時間を利用して、お風呂場でカバーやフィルターなど、洗えるものを洗ってくれました。

そしていよいよ、あの時間。
高圧洗浄機でお湯をブッシューと吹付け、フィンを洗い流していくのです。
黒い汚れが落とされ、端から銀色の輝きを取り戻していき、エアコンから黒い水がザバザバ流れ出していく様子はCMそのまま。
はぁぁ〜見てるだけで快感(;´Д`)アハーン。
排出された水を貯めるバケツの中はこんな。

恐ろしいほど真っ黒です。
これを通った空気を平気で吸ってた自分が憎い。

最後に自然素材の防カビ剤でフィンをコーティングして、終了。
外観も買ったばかりのエアコンのようにピカピカになりました。
心なしか同じ風量でも、風が強くなったような気がします。

恥ずかしいのでビフォアの写真を載せていないのですが、本当に「新しいの買った?」というくらいキレイになってます。
こんなに気持ちいいなら毎年やろうかなあと言ったら、クリーニング屋さんから
お宅の環境でしたら5年でも大丈夫ですよ」と超正直コメントをいただき、なんていい人と思いつつちょっと残念に思ったのでした。

お値段は税込み9000円。
新品同様になってエアコンの寿命も伸びて家族の健康にもよい。
今年は特にエアコンを酷使したご家庭が多いハズ。
エアコンの臭いが気になる方やペットがいる方にはぜひおすすめです。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


根岸通信【17】やっぱりdancyuは間違いない・食堂清月

こんにちは、ルーペちゃんです。
梅雨らしい雨が続いていますね。
そのせいかわかりませんが、4月に開けたピアスホールが今頃になって化膿してしまいました。
バイキンが繁殖するのは風呂場や押し入れだけでなく、人間もなのですね。

●今回は雑誌の情報から

今日もヒラコ社長の「昼めし決まった?」が始まるかと思いきや、なんと「ここ行きたいんやけど」と社長からの提案。(いつもこうならラクなんですけどね〜)
dancyu7月号に掲載されていたという、定食屋さんがそそられるとのこと。
この号の特集は「本気の昼めし」。
おぉう。。。まさに我々が、いえ全ての勤め人が求めていた特集です!

場所は入谷駅から浅草方面に向かって5分ほど。
創立103年を誇る大正小学校のすぐおとなりです。

駅から伸びているこの「金美館通り」は昔からの個人商店が元気な印象で、
ぶらりと歩いているだけでも様々目を引くものがあります。
お煎餅屋さん、お米屋さん、お惣菜屋さん、以前ご紹介した水上酒本店さんもこの通り。

やっと写真を撮れました。
日本建築で3階建て!しびれるわ〜。

●「食堂清月」さんのお昼ご飯

大正小学校の前にある小さな公園、まるでその敷地の一部のようにポコンとお店があります。
静かで品の良い佇まいに、思わず背筋が伸びます。
(dancyuによると)元は和菓子屋さんだったとか。

お店の前には墨書きのお品書き。
1000円前後の価格設定なので、近所の方が毎日食べに来るというよりも
今日はちょっとぜいたくしよっか、ってときのお昼ご飯でしょうか。
千葉産と長崎産の自然農法の野菜を使っていますとの貼り紙に、
お店の姿勢というか哲学のようなものを感じます。

年配のご夫婦とお運びの女性が切り盛りしています。
ぱりっとした白衣をまとったご主人、かっこいい方です。

根岸通信でいろいろなお店をご紹介していますけれども、
このあたりのお店はとにかく品がいいですね。
高級ではないけれども高潔な薫りがします。

4人がけのテーブルが5席。
多すぎず少なすぎず、いい感じの席数。
スッキリとしたこの清潔感、否が応でもお料理に期待してしまいます。

●「やっぱdancyuすごいな」

まずはヒラコ社長の「豚ロースしょうが焼き定食」1100円。

青菜で彩りを添えた、甘み控えめのあっさり生姜焼き。
軽く見えますが、大柄なヒラコ社長も「十分」というボリュームでした。

そして私とペコちゃんがお品書きを見て一瞬で決定したのがこちら。

アジフライ定食950円。
鯵はこの時期のごちそうですね。
カリッカリのふわっふわ。
唇に刺さりそうなカリカリのパン粉をまとった肉厚な鯵に、
ソースをビタビタにかけてほおばる口福。
油が新鮮なためか、油臭さが全然ありません。

ときに鯵だけを、ときにキャベツとともに、飽くことなく口に運びます。
付け合せのサラダは、サラダというより酢の物的に漬けてあります。
ぬか漬けがまた素晴らしく私好みの味加減でした。
家でもこれくらい酸っぱくしたい、お手本のようなぬか漬け。

デザートに青梅の甘煮がついてくるところが、なるほど元和菓子屋さん。
季節感浴びるわー。

全員黙々と食べ、満足のため息とともにお茶を飲みながらしみじみ社長が言いました。
やっぱdancyuすごいな
感心するのそこですか?
めったにリピートしたがらない社長の口から「また来よう」いただきましたよ!

食堂清月
台東区入谷2−23−14
営業時間:11:30−14:00、17:30−20:30
定休日:日曜日・祝日の月曜日

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


根岸通信【16】タイへ妄想トリップ・DeeDee

こんにちは、今年の大河ドラマから早々に脱落したルーペちゃんです。
西郷と篤姫の恋バナとか。。。萎える。朝ドラですかっ。
今は代わりにアマゾンプライムで「ゲーム・オブ・スローンズ」を観ています。
素晴らしいです。(絶対地上波で放送できないけど)面白すぎます。
話が複雑すぎて、一話につき2回観ないと理解できませんがその分面白いです。
NHKの方、アマゾンに視聴者を奪われたくなかったら「真田丸」の再放送を早急に!

●久しぶりの根岸通信はタイ料理

しばらくやっていませんでした根岸通信。
理由はいくつかありますが、一番の理由は私たちが満寿多さんに行き過ぎていることです。
事務所から至近の古民家カフェ「満寿多」、居心地が良くてご飯がめっぽう美味しくてお店の方たちが楽しい、となれば通わないわけがない。
満寿多はメニューも豊富なのでそのうちまたご紹介したいと思うのですが、それまではなかなか新規開拓もできないのです。

というわけで去年撮影しておいたタイ料理屋さんの写真を引っ張り出してきました。
今日ご紹介するのは入谷の駅から5分ほどの場所にある「DeeDee」です。

実は満寿多ができるまで、このDeeDeeが、我々のランチローテーションの中でダントツ首位でした。
メンバー全員エスニック好きなこと、子供がいるとエスニックはなかなか食べに行けないこと、などから「今日何食べ行くと?」と言われたときにここを提案するとだいたい採用されるのです。

●近隣の会社員たちに大人気


ランチに訪れると、座れないことはありませんがほとんどいっぱいです。
ひとり客も多く、みなさん汗をかきながらザクッと食べてさっと出ていきます。
タイ王室の写真やタイの神様たちの置物が飾られた店内は、本場タイ人の手による店なのだということを思わせ、エスニックな雰囲気を高めます。
スッキリと清潔感ある店内、タイあるあるで冷房は強めです(笑)。
厨房を始めスタッフには日本人はおらず、「ナニシマスか〜」と片言の日本語で注文を取りに来ます。


ランチメニューは、ガパオやチャーハンなどのご飯物、グリーンカレー、レッドカレー、あとはトムヤムラーメンやタイスキラーメンなどの麺物などバリエーション豊か。
サラダとデザートがついて900円です。

だいたい私たちが頼むものはいつも決まっていて、
社長はカレー系、ペコちゃんはガパオ、私はトムヤムラーメン
しかし撮影したこの日に限ってペコちゃんがなぜかタイスキラーメンを頼むという暴挙(?)に出て、絵面がほとんど同じという状況に。
今度ペコちゃんがガパオを頼んだときにまた写真撮っておきます。
ガパオも美味しいんですよ〜。


こちら私注文のトムヤムラーメン
トムヤムクン大好きなんです。
タイ料理を食べに行っても、トムヤムクンは小椀にほんのちょっぴりってことが多いのですが、このラーメンならどんぶり一杯食べられます。幸せ!

大振りなエビはジューシィ、エビの出汁の効いたスープは酸っぱいの後で辛さがじわじわやってきます。
一般的なものよりもやや辛め、という印象ですが、苦手な方は辛さを調節してもらえるのでお願いしてみてください。
麺はビーフンの平打麺で、ピロピロムニュムニュした食感が心地よい。
かなりボリュームがあります。


こちらはペコちゃん注文のタイスキラーメン
ちょっと味見させてもらいましたが、トムヤムよりも辛さはマイルドで甘みを感じます。
野菜たっぷりでヘルシーな麺です。

●入谷でのんびりランチに

なんというか、こちらのお店はわさわさしてないところが好きなんです。
時間の流れ方がのんびりしていて。
食べに行くとつい長居してしまうこともしばしば。
ぼーっとしていると、タイ旅行中の昼下がり、みたいな気がしてしまうのです。


DeeDeeのお隣の洋品店?の入り口で黒猫がくつろいでいました。
やっぱりこの辺りは時間の流れがちょっと違うなぁ。

駅からすぐ近くですし、無休で頑張っています。
お近くに来られた際はぜひこののんびり旅行感を味わってみてください。

DeeDee入谷店
東京都台東区松が谷4-15-3-105
TEL03-3847-1715

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


出勤前に「ペリカンのパン」を買うために寄り道

こんにちは、ルーペちゃんです。
今って梅雨でしたよね?と思うほど暑いですね。
電車に乗ってもしばらく汗がひかず、隣の人に気を使いながらハンカチでフキフキし続け、汗がひいたあとは臭わないかしらと心配して。
そんな人には2年前の梅雨どきに書いたバックナンバーをぜひ読んでいただきたい。
消臭&ほのかな香り、ミョウバン水を作ってみる

●浅草の超有名パン屋「ペリカン」

もう今回の内容は題名ですべてです。
ペリカンのパンを買いましたよっていう、いわゆるかるーい自慢?みたいな?
まあそんなこと言ったら、だいたい98%のインスタと、87%のFacebookと、65%のブログの内容は自慢なんですけど。(ルーペ調べ)

さてペリカンの話。

パン好きな人だったら、食べたことはなくても名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
パン屋と言ってもあなたの街のパン屋さんとはかなり趣が異なります。
昭和17年創業、主に業務用のパンを作ってきた老舗パン屋さん。
惣菜パンもサンドイッチもスイーツパンもなし、パンの種類は食パンとロールパンのみ!潔い。
そのパン屋さん、連日行列で、ヘタをするとお昼には売り切れちゃったりするんです。

仕事終わりに思いついて、何度か電話をかけてみたことがあります。
あるときは「午前中に売り切れました」との答えでしたが、あるときは残っているというので、
ペコちゃんと入谷からバスに乗って買いに行ったこともありました。
その後も行きたいなぁと思ってはいるものの、田原町というのがルーペちゃんの家からは
微妙に行きづらい場所で、行きに寄るのも帰りに寄るのも面倒。。。
今回はアキコ先生に差し入れするため、重い腰を上げて出勤前に寄ってみることにしました。

海浜幕張から西船橋まで行き、総武線に乗り換えて浅草橋まで、浅草橋で都営浅草線に乗り換えて蔵前で降り、徒歩10分。
・・・もう大変!!!
暑い中息も絶え絶えにお店の前にたどり着くとひと気なし。

浅草の国際通りというメインストリート沿いではありますが、周囲に商店がひしめいているわけではないので、唐突にという感じでお店が表れます。
以前午後に行ったときは入り口に数人並んでいたのですが、さすがにこんな早い時間は人が少ないのかな?
引き戸を開けるとすぐ目の前にカウンター。
そしてカウンターの奥はぜーんぶ作業場。
要は作業場の玄関で商品の受け渡しだけしますよ、というつくりなのです。
なので引き戸を開ける前に何を買うか決めていないとまごまごしてしまい、後ろに並んでいる人たちの熱い視線を感じることになるのでご注意を。

入って右手の壁一面に背の高い木の棚があり、焼きあがってお客さんの手に渡るのを待つパンたちが棚の隙間を埋めるように、ズラッと並んでいます。
この様子がなんとも美しくて神々しいほど。
人の命を支える「主食」の名にふさわしいパンたちです。
ああ、ここはお米屋さんが米を売るようにパンを売る店なのだなあと。

アキコ先生、ペコちゃん、ルーペちゃんの分のパンを買い、事務所に向かいます。
事務所へはお店のすぐそばから出ている草41系統のバスに乗って10分で鶯谷駅前。楽だ・・・
しかしそこから事務所までがツラかった。
だって2斤が2本、3斤が1本ですし。
どういう量かといえばこういう量です。

(左から、2斤・2斤・3斤)
小麦粉のカタマリ運んでるようなものですもの、それは重かったですよ。
でもペコちゃんがすごく喜んでくれたので報われました。

●さーてどうやって食べようか

2斤の場合、普通に売っている食パンのサイズよりはちょっと小さめです。
測ってみたところ、正方形の一辺が9センチ、長さが33センチでした。


ただこのサイズが、厚切りトーストにしたとき絶妙なのです。
ペリカンのパンはかなりみっちり中身が詰まったパンなだけに、普通サイズの食パンだと厚切りにするとややヘビー。
小さめサイズのこちらなら、厚切りにしても量的にちょうどよく、”厚みのあるトーストの幸せ”を存分に堪能できます。

買って帰ってすぐに食べたい、すなわち夕飯にパンを食べるとなるとどうしたらいいか。
うーんうーんと唸った末、あるメニューを思い出しました。
千葉市の「呂久呂」という喫茶店で食べた、カレートーストです。


いいじゃないこれ!やってみよう。

パンの端から大胆に10センチほどカットし、耳の周囲に切り込みをいれます。

そして手で白い部分をぎゅぎゅっと押し付けると、パンの器が出来上がり。

そこにレトルトカレーをとろとろっと注ぎ、余ってたとうもろこし、チーズをかけてトースターで焼きます。

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!

これはいかん。うまいに決まってる。

これはいかんだろ。。。逮捕されるわ。

ペリカンのパンはなんといっても耳が美味しいです。
薄くてパリッとしてて、耳単品で何か商品ができそうなくらい存在感があります。
そして白い中身の部分はもーっちりしーっとりとして、これまた単品で何かできそうです。
もう「ペリカンの耳」「ペリカンの中身」って別々に売ってもいいよ!というくらい、それぞれ美味しいです。
なのでそれぞれにカレーをつけて食べると、それぞれ全く別の楽しみ方ができるのです。
なんという贅沢食べ!


翌朝はスタンダードにバタートーストを。

幸せの黄色いトースト。。。

●もっと気軽に買えたらいいのに。。。ええっそこで?!

パン好きのルーペちゃんは、これまで数多くのパンを食べ歩いてきました。
その中でもこれは唯一無二!と記憶に残ったパン屋さんがいくつかあります。

九十九里のnaya、神戸のフロイン堂、コム・シノワ、ameen’s oven、松戸のツォップ、世田谷のシニフィアン・シニフィエ、吉祥寺のダンディゾン、福岡の即興詩人、三田の谷口パン、代々木のルヴァン。。。

何も見ずに記憶だけでこれだけのお店を並べることができます。
それだけパンとパンにまつわる幸せな記憶は人生に深く影響しているのかもしれません。
こちらのペリカンさんもそのひとつとなりました。
このお店をこの形で続けてくださっていることが何より尊いです。ありがとう!

ペリカンさんのドキュメンタリー映画が今年の10月に渋谷のユーロスペースで公開されるそうです。
パン屋さん、しかもこれだけ歴史も名もあるパン屋さんの仕事場を伺い知ることができる機会は貴重ですね。
公式ツイッター
公式Instagram

最後、この記事を書いての大きな収穫が。
今回の記事を書くためにペリカンさんのことを検索していたら、入谷の地区情報サイトが引っかかりました。
なんで入谷が。。と思って読んでみると、びっくりするような内容が。
浅草 ペリカンのパンを近所で買う方法。

内容はサイトに移動して読んでいただくとして、それはそれはびっくりしましたよ。
マジか!そこ事務所のめちゃめちゃ近所!
家から乗り換え乗り換えして買いに行ったのに。。。うぅぅ、悲しいけど嬉しい。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<