ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

歯ぎしりで歯を失ったルーペちゃんから伝えたいこと

こんにちは、ルーペちゃんです。
祝・うなりくんゆるキャラグランプリ優勝!
祝・チバニアン内定!
とうとう時代が千葉に追いついてきたようですね。フフッ。
ルーペちゃんが過去に書いた成田をぶらり散歩した記事もぜひ。
秋の小旅行(後編)成田山表参道で鰻を楽しむ」(2014年12月6日)

●歯、だいじに!

そんな祝賀ムードに水を差すような話題で申し訳ないのですが、
私、先程歯を抜いてきたばかりでまだジンジンしています。
親知らず以外の歯を抜いたのは初めてです。
もちろん一抹の寂しさは感じますが、この歯とはかなり関係をこじらせていたこともあり、
スッキリした気持ちの方が大きいかも。
悪い男と別れた後ってこんな気持かしら。

今日はそんな”彼”との付き合いから学ぶ、「歯の守り方」についてお話します。

●神経を抜いた歯に起こる「歯根嚢胞」


”彼”がいたのは上の前歯、第2小臼歯と呼ばれる、中心から5本目くらいにある歯です。
そもそもは20年位前に虫歯の治療で神経を取ってしまった歯でした。
神経を取ったことについて当時は「歯が痛くならないなんてラッキー」くらいの気持ちでした。
長いことその状態で頑張ってくれていましたが、2年前の夏、突然周囲の歯茎が腫れて痛みを持ち始めました。

1軒目の歯医者さんに診てもらうと「抜く以外ない」とのこと。
歯根膜という歯と骨をつなぐ組織が溶けてしまっていて、歯を支えられないというのです。
このように歯の根っこにできる嚢胞のことを「歯根嚢胞」といいます。
私のように過去に神経を抜いた、歯髄のない歯に起こりやすいそう。
レントゲン写真を見ると、たしかに歯の根っこのあたりに黒い影が占めるスペースがあり、
そこが溶けてしまっていると。

諦めきれなかったのでセカンドオピニオンをもらいにもう1軒訪ねるも、同じ結論。
なんとかならないかとネットで歯医者さんを探しまくり、最後の望みをかけて
面倒見の良さそうな先生を見つけ出しました。


いつかブログに書きたいと思っていたほどそれはそれは丁寧で優しい先生なのです。
たとえば、私が待っている個室に入るときは毎回カーテンをシャーっと開けて直立不動
そこから90度の最敬礼で「よろしくお願いします」と挨拶してくださいます。
衛生士さんたちにも私たち患者にも常に敬語、衛生士さんがバキュームしたり器具を渡したりしてくれるとその度に「ありがとうございます」と声をかける。
・・・なんていい人!

もちろん治療も懇切丁寧です。
私の壊滅的な”彼”の状態を見て「うーん・・・」とうなりながらも、先生は「なんとか残してみる方向で」と言ってくださいました。
そこから何ヶ月も通院し、歯髄や歯根を丁寧に掃除・消毒してもらいました。
”彼”は歯髄をぎりぎりまで削り取ってあるので、形状としてはうすーい筒状なのです。
喩えるなら、ヨックモックのシガールをアイスクリームにブスっと挿してあるような状態なのです。
・・・それはそれで美味しそうだな!

最初のうちは、掃除を始めると筒の中からどす黒い血とも膿とも言えない気持ちの悪いものがどふっと出てきました。
治療を続けるうち、それが少なくなるとともに、レントゲンに映る黒い影も小さくなっていきました。
半年ちょっと通ったでしょうか、いよいよ仮歯をつけてひとまず治療終了となりました。

●歯ぎしりがやばいらしい


治療終了とはいっても、今日に至るまで何度か歯茎が腫れたり痛んだりが繰り返されました。
先生いわく、「原因は寝ているときの歯ぎしり」とのこと。

「あなたは寝ているときにかなり歯ぎしりをしているはずです。
なぜならこんなに歯が削れて頭が平らになってしまっている
さらにいくつかの歯にはひびが入っている
歯茎が痛むのも、歯ぎしりで歯茎に力がかかって歯根膜が炎症をおこすから。
このままこの状態を続けると、ひどい場合は次々と歯が抜けていってしまいます。」
時々起こる前頭葉の頭痛や肩こりもこの歯ぎしりが原因ではないかと。

((((; ゚Д゚)))ガクブル なんと恐ろしい!
早速、歯ぎしりによる噛み締め緩和のため、マウスピースを作りました。
(保険適用で5,000円ほどです)

上の歯にパカっとかぶせます。
最初はちょっと違和感がありますが、「歯が砕ける」恐怖を思うとはめて寝ることくらいなんでもありません。
10年前にもマウスピースを作ったことがありますが、それは歯の部分だけカバーするものでした。
今回の方が歯茎もカバーしてくれて安定感があり、大きいのに違和感はこちらの方が少ないです。

必ず毎晩はめて寝ています。
マウスピースをつけた歯は虫歯になりやすいので、寝る前は徹底的に口の中をきれいにします。

こちらが私の就寝前オーラルケアセット。
①普通の歯磨き(最低10分)
②デンタルフロスで歯間掃除
③マウスウォッシュで消毒
④マウスピースにフッ素ジェルを塗ってからはめて寝る

●頑張ったけれども力尽きた”彼”

こんな風に頑張ってはおりましたが、なにせヨックモックのシガール状態の”彼”。
やがて歯根にヒビが入って割れてしまい、過去最高の辛さの歯根嚢胞の炎症が起きました
2週間ほど歯茎の痛みと頭痛とめまいと副鼻腔炎、諸々の体調不良を耐え、
ようやく歯医者さんを受診できた今日、即決で抜歯を決めたのでした。


ビックリするほどあっけなくぽろりと抜けた”彼”、先生によると
「ヒビが入ったところから歯根膜がなくなり骨から剥がれていたので、こういう歯は抜くのがカンタンです。」
そんな歯を一生懸命延命してくださった先生に感謝します、と言うと先生はさらに
歯としては大往生ですよ。いろいろあったのによく頑張ってくれました。

あーーーーーー!!!先生が優しすぎて泣けるんですけど!

●歯を失って


歯を失う原因は虫歯や歯肉炎ばかりだと思っていました。
今回のケースも、始まりは虫歯治療からではありますが、「歯ぎしり」が原因で
こんな結果になるとは思ってもいませんでした。
ちょっと前に歯が欠けた際にも先生から「歯ぎしりでヒビが入っていた歯だから」と言われていました。
歯ぎしりが歯茎や歯に与える影響の大きさに驚いています。
思い当たる方、保険で作れるのでぜひマウスピースを!早めが肝心!

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


梨子ちゃんお気に入り記録~I love Gifu ,again !!!~その②~

皆さんこんにちは。梨子ちゃんです。
先月、娘と舞台を観に池袋へ行って来ました。
とっても素敵な、斬新な作品で、度肝を抜かれました。
芸術っていいですよね。
あー、主演の佐々木蔵之介様、なんなんですかあの方。
素敵、という言葉では言い表せないほどの、魅力。
トキメク、ってこれか!(芸術的ではない表現でスミマセン。)

●大好きな岐阜、再び《後編》

前回に続く後編を、今回はお届けします。

岐阜旅行、梨子ちゃん達が宿泊したのは
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある福地温泉

宿に、こんな看板がありました。


​へんべとり?何だろう?と思っていると。。。
宿の方が
『すぐ近くでこの時期毎晩やっている行事なんですよ。一風変わった面白いものなので是非観に行ってみて下さい。』と教えてくれました。
そして夕食の後、早速行ってみることに。

夏の高山祭り『福地温泉夏祭り』
の一環として毎晩20:30から21:15くらいまで
昔話の里・お祭り広場で行われています。
とても静かな温泉で山の中、まさに『秘境』と言っても過言ではないくらい、静かな場所なのですが、そこへ行ったら思いの外たくさんの人達が集まっていました。


最初に行われたのが『鶏芸』と呼ばれる舞。
龍と孔雀をイメージした衣装を身にまとい、鶏のとさかのような被り物をつけて男性たちが登場し、独特な舞を披露します。



地元に代々受け継がれている伝統芸能で平家落人の伝説が秘められているとか。
この福地温泉が発祥の地とされているようです。
衣装、舞う姿はとても幻想的で、その時代にタイムスリップしたかのような感覚に陥りました。


次に披露されたのが『へんべとり』
獅子舞が登場します。
へんべとりとは。
へんべ=へび
で、かつて、村上天皇がこの福地にて病気療養をしていた折
村民たちに危害を加える毒蛇を美しい音色や楽しい踊りでなぐさめ退治した
との言い伝えがあるそうです。
笛や太鼓に合わせて獅子が蛇のぬいぐるみをくわえて舞う獅子舞です。


男性二人でその獅子舞を演じるのですが
なんともその動きに魅了されました。
獅子舞全身から表現されるアクロバティックな動きに釘付け。
本当に生きているような動きで圧巻のパフォーマンスでした。


その舞の最中、梨子ちゃんの目の前に蛇が飛んできました!


その蛇を獅子舞の前に投げます。
蛇に触れて。。。何かご利益がある気がしています。


地元の方のお話で興味深かったのは
この舞を、毎晩欠かさずに行っているということでした。
伝統的な行事、県外からも多くの方が見に来られます。
続けていくことは相当な努力と地元の方々の理解や協力、
地元を愛する心があってこそ実現できているのだとわかり
なんだか心が温かくなりました。
でもある男性がこっそり?教えてくれたのですが。
『これって、雨天中止なんですよ。だから、実は、たまに、今夜雨降らね~かな~、と、思っちゃったりするんです。たまには休みたい、と。。。』と苦笑しながらお話して下さいました。
夏の間、毎晩。
完成度の高い、難しくハードな舞を、毎晩。
想像しただけで、すごい!と思いました。
そんな風に、少し休みたい、思うのも当然ですよね。
本音、が伺えてちょっと嬉しかったりしました。


行事が終わり、帰り際、絵馬がたくさん飾られている場所がありました。
何枚もの絵馬、一枚一枚デザインが違っていてとても綺麗なものばかりで
観客の皆さんは食い入るように選んでいました。
ご利益があればと、そこで父が一枚絵馬を買ってくれました。
願い事いくつでもよい!というので
我が家は
『学業成就』
『無病息災』
『交通安全』
『良縁成就』
『家内安全』
の、5つ(欲張り!)をお願いしました。


玄関から家の中に向かって、馬が入って行くように飾って下さいとのこと。
この馬が家に福を呼び込むんだそうです。
これを飾って以来、パワーをもらえている気がする梨子ちゃんです。

伝統を守り続けることは本当に大変なことだと思います。
しかし、このように地元の方が、そして若い方たちが率先して地元を盛り上げ
神聖な行事を大切にしている姿に感動しました。
素敵な文化が残る素敵な場所。
また絶対に行きたいと心に誓った梨子ちゃんでした。
やっぱり、岐阜、大好き!

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


根岸通信[11]宮崎名物チキン南蛮「入谷キッチン&バル」

●宮崎名物「チキン南蛮」という存在

こんにちは、ルーペちゃんです。
さて事務所周辺のランチ処をご紹介する「根岸通信」、今回はチキン南蛮のお店です。
チキン南蛮といえば言わずと知れた宮崎名物、鶏肉の唐揚げを甘酢に漬けてタルタルソースを付けて食べるというあのこってりメニューです。
ここだけの話ですが、私ね、チキン南蛮を見るたびにいつも思うんですよ。
「なぜ味付けが二種類必要なの?」・・・と。

↑参考写真。だいたいこんな感じですよね。

すいませんすいません、先に謝っておきます。
決して悪口を言っているわけではないんです。
ただね、甘酢なら甘酢だけでよくない?
タルタルソースつけるならカリカリのままでよくない?
どうして両方いっぺんに、ってなっちゃうんだろうなぁ・・・って。

そしてそんな疑問を持っているからには当然、今までまともにチキン南蛮を食べたことはありません。
付け合せ程度のチキン南蛮しか食べたことのない私には決して分からない、
そうしなければならない(甘酢+タルタル)何か切実な理由があるはずです。
これは食べてみるしかないでしょう!

●入谷駅近くにある宮崎


こちらのお店は「入谷キッチン&バル」さん、入谷駅から歩いて3分くらい。
ご主人が宮崎出身だそうで、本場のチキン南蛮を東京で再現しているとのこと。
カウンターとテーブル1つだけの細長いお店ですが、夜はお酒を呑みながらチキン南蛮も食べられるそう。
「洋食&バル」と銘打っているだけあって店内はとても凝っていてオシャレ。
しかし、今回はせっかくのそのオシャレな店内にも一瞬しかいられませんでした。
なぜなら、予想外に仕事が忙しくて注文したのは「お弁当」だったからです。

こちらのお店はほとんどのメニューをお弁当としてテイクアウトすることができます。
注文するためにメニューを決めているとき、ペコちゃんとこんな話をしました。
「思ってたより安いですねえ」
「チキン南蛮だけじゃなくてハンバーグとか生姜焼きもつけられるんですね」
「しかも二種類にしても100円くらいしか違わないですよ!」
「だったら二種類の方がお得感ありますねえ」
というわけで、ふたりでそれぞれこんなお弁当になったのです。

私注文の、「チキン南蛮&ハンバーグ弁当」790円


ペコちゃん注文の、「チキン南蛮&豚生姜焼き弁当」790円

●揚げ物に全力投球

これは明らかに、私たちのような40過ぎの運動不足中年が日常的に食べてはいけないやつです。
毎日食べていいのはラグビー部所属の未成年くらいです。
こんなガッツリ飯、自分では絶対に作らないので、ヤバい、もう目でお腹いっぱいです。

しかも、横から見るとわかりますが、白飯が半分近くの面積を占める上、盛り上がって入っています。
ありがたいけどありがたくない、なんだこの複雑な気持ち。
しかしこの弁当からはお店側の振り切った全力投球が感じ取れます。
ついてこれる奴だけついてこい!みたいな。

アラフォー・アラフィフのルーペココンビ、史上最強のガッツリランチを食べ始めました。
チキン南蛮はしっかりガリッと揚がっていて、中はジューシィなまま。
甘めの甘酢はしっかりした味付けで、タルタルソースの具が少なめなのでマヨ感が強すぎて、
私にはタルタルは必要ありませんでした。
(やっぱり二種類つける意味はわからないまま・・・)

そしてハンバーグ。
お、おう・・・食べますとも。
うわぁ肉汁たっぷり系〜。
普段は肉汁は喜ばしいものですが、今日に限ってはむしろパサパサ系の方がありがたかった〜。

チキン、ハンバーグ、白飯、チキン、ハンバーグ、白飯、チキン・・・
(;´Д`)ハァハァすいません、どこかに給水所はありませんか・・・。
そう、このお弁当には、マラソンで言うところの給水所がないんです。
ずーっと炎天下の上り坂を全力疾走している感じ。
唯一の箸休め的なものが一口で食べ終わるサラダで、しかもサウザンドレッシング(またマヨ!)がたっぷりとかかっていて。

私とペコちゃんは食生活が似ていて、あまり外食しない上に、普段の食事は昔ながらの和食ばかり。
調理法は基本「素焼き・煮浸し・おひたし」という、胃袋がおばあちゃんな人たちなんです。
すいません、このお弁当二人とも完食できませんでした。
おかずを欲張らずにチキン南蛮だけにしておいたらヨカッタ。。。

ラグビー部所属の未成年だけでなく、揚げ物大好きチキン南蛮大好き、という方はぜひ。

入谷キッチン&バル

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


知ってから観るとさらに面白い?フジ月9「民衆の敵」

こんにちは、ルーペちゃんです。
今日はなんと、最初から最後までドラマの話です。

私は普段めったにドラマを観ないのですが、今季のフジテレビの月9は始まる前から楽しみにしていました。
篠原涼子さん主演の「民衆の敵」は、無職のママさんが市議会議員になって奮闘するストーリー。
実は千葉市で大半のロケを行っており、ドラマでは知っている場所が次々と出てきます。
夏期講習中の娘が帰る度に「今日もやってたー」「今日もロケしてたー」と言っていたとおり、
家の近所でもたびたび撮影を目撃していました。

ひいきのケーキ屋さんが篠原さんの誕生日ケーキを作ったとブログで書いていたりと、なんだか勝手に親近感を覚えています。

ちなみに篠原さんの夫役の田中圭さんは、東大合格者数全国4位の超進学校、渋谷幕張高校卒。
ゲスト出演していた桐谷美玲さんも県立千葉東高卒(県立高ではトップクラス)のバリバリの千葉っ子。
千葉市にゆかりのある人というくくりで今後木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんのゲスト出演も期待したい(ありえねー!)。

ロケ場所鑑賞を目的に観たドラマですが、話がとてもおもしろい!
学歴も経験もない中卒主人公の、善意と勢いに周囲が巻き込まれていく様子が自然だし、
それでいて主人公は決して押しが強いわけではなくどちらかというとフワっとしているところがリアリティがあります。
かなり難しい役だと思うのですが、篠原涼子さんはさすがにウマイ。
このご時世、現実離れした勧善懲悪モノは視聴者をしらけさせるだけですが、現実と折り合いをつけながら面白くするという作り手の強い意思を感じました。

今後千葉市役所千葉市議事堂がたびたび登場するとのことですが、これらの建物は1970年に建てられたもので、老朽化のためまもなく建て替えられることが決まっています。
特に千葉市議事堂は箱が宙に浮いたような躯体とXが並んだ柱が印象的なモダニズム建築で、大好きでした。
幼い頃から見慣れた建物が無くなるのは寂しいですが、最後の最後にドラマ出演で花道を飾ることができて建物も喜んでいることでしょう。

元々ツイッターやFBなどSNSの活用で有名な熊谷俊人千葉市長(紛らわしいな)が、ドラマに登場する選挙制度や市政についてFBで解説をなさっているので、それと合わせてドラマを見るとさらに面白いですよ。
ただ、FBの中で「石田ゆり子さんが勤める会社という設定のビルは千葉ポートスクエアかな」と書いていたのは外れてますけど。

というのも、あのビルは私がOL時代の数年間、毎日通ったビルですから。
品川区にあるオフィスビルなんですけどね。
なんだかこのエレベーターホール見覚えがあるなぁと思ったら最後のクレジットにビルの名前があってびっくり。
千葉千葉千葉と連続している中でポンと投げ込まれた東京の場所がこれまた馴染みの場所とは
そこまで縁があるなら、ぜひとも最後まで観ていきたいと思います!

それにしても千葉市が月9の舞台になる時代に、時の流れを感じます。
わたくしジャストキムタク世代なもので、月9はやっぱり特別なんです。
若い私に東京へのおそれと憧れを植え付けた月9が千葉で。。。(´・ω・`)=з

民衆の敵
第一回の見逃し配信をやっています。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


根岸通信[10]下町のお値打ち生パスタ「エッコ・エッコ入谷店」

こんにちは、ルーペちゃんです。
先日コストコに行ったもののなぜかあまり購買意欲がわかず、店内ぐるっと回って結局大根一本だけ買って帰りました。
これまでもコストコで牛乳だけ、卵だけ、という買い物をしたことがありますが、今回は記録更新のお会計96円也。

大根一本だけ持ってレジに並ぶ私に、周囲がちょっとざわついてました。

●今回はペコちゃんが調べてきた生パスタの店

久しぶりの根岸通信、今回ご紹介するのは入谷駅にほど近い生パスタのお店「エッコ・エッコ入谷店」さんです。
いつも「お店調べてきた?」と社長にプレッシャーをかけられてるルーペちゃんですが、
今回はペコちゃんが「ここどうですか?」と調べてきてくれました。
生パスタなんて食べられるところは限られるので、願ってもない提案です。
二つ返事で出かけました。

言問通り沿いの賑やかな商店街に、色鮮やかな外観が目を引きます。
事務所からは昭和通りを挟んで駅の反対側なので、10分少々。
13時ちょっと前にお店に入ると、店内はサラリーマンやご近所のお年寄りや女性グループなど
さまざまな属性の人たちがわちゃっと集っています。

かろうじて残っていたカウンター席に座れてほっと一息。
それにしてもこれだけ様々な客層を集めるのだから、味に期待できそうです。
ランチメニューは3パターン。

Aランチはパスタ、シーザーサラダ、トーストまたはガーリックトースト、アイス、ドリンクのセットで1020円。
Bランチはトーストかアイスかどちらかを選択するようになって890円。
Cランチはパスタ、シーザーサラダ、ドリンクで820円。

Aランチでも内容を考えたら相当安いですけど、まあ私たちもいいトシですから、控えめにCランチにしました。
選べるパスタの種類は驚きの14種類!

普通、パスタ屋さんのランチって3種類くらいじゃないですか?
こんなにあるとかえって選ぶのが難しい!
14種類を味で分けると、和風、塩、トマト、クリームがバランスよく混じっているので、どの年代性別の人にも対応できそう。
だからこういうバラエティ豊かな客層になるのだなぁと納得です。

シーザーサラダとドリンクがきました。
水菜がシャキシャキしてドレッシングがコクがあってとても美味しい。
盛りも充分。
アイスコーヒーを氷抜きでお願いしたのに、ドリンクがなみなみと注がれていて感激。
(氷を抜いた分ドリンクの量が多くなるので、加減するお店が多いですよね)

こちらは私オーダー「二種のチーズのトマトソース」。
トマトソースのパスタといえど、二種のチーズと銘打ってあるのでチーズの存在感がとてもあります。
麺の中に溶けて絡まっているのはモッツァレラかな?そして上にパルメザンがふりかけてあります。
トマトソースは酸っぱめで大変私好み。
黒胡椒をたっぷりガリガリして食べると大満足です。
生パスタらしく、麺はもっちり柔らかく、プルンと口の中に入ります。
噛むとちゃんと歯ごたえがあり、これが生パスタの魅力ですね。
この美味しさなら大盛りでもいけたな〜と激しく後悔しました。


こちらはペコちゃんオーダーの「ピリ辛トマトクリーム」。
トマトでクリームでピリ辛?という不思議な組み合わせです。
一口もらって食べましたが、なるほど、トマトでクリームでピリ辛、全然ありです!
クリーム系は食べていると飽きてしまうことがあるのですが、この組み合わせだと最後まで飽きずに食べられる気がします。

結論としては大満足で、ランチローテーション入りが決定しました!
なんといってもパスタの種類が14種類もあるので、続けて通っても全然問題なし。
いっそコンプリートしてもいいと思っています。

全席禁煙、ランチタイムは麺の大盛り無料、と嬉しいことばかりのこのお店、大人気なのも納得です。
ひとつ気づいたのが、店内のトイレの場所が、ある特定の席と至近距離なこと。
小さいお店が多いこの辺りでは決して珍しいことではありませんが、壁一枚隔ててという感じなので、特に女性はトイレを済ませてから入店することをおすすめします。

エッコ・エッコ入谷店

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<