Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

捨てられないダイレクトメール〜グッドデザイン賞受賞こぼれ話〜

こんにちは、ルーペちゃんです。

最近、ルーペちゃんやペコちゃんの(どうでもいい)日常話が少ないなあとお思いのみなさまには大変ご無沙汰しております。
「さぼりすぎ」とたったの5文字で表現できる現象ではあるのですが、それらしく言えば「ドクタールーペの活動が多岐に渡りすぎて告知ばっかりになってしまうため」という理由もあるのです。
春は築地果汁創作所の告知、スポンサーシップ告知、コピーライターズクラブ受賞告知などの怒涛の告知。
夏は一部で「嶋田祭り」と言われた、嶋田先生一色に染まったこのブログ。
そして秋にはもうひとつでかい花火が上がりました。

●2019年度グッドデザイン賞受賞。


ありきたりな言い方ですが、私たちが一番びっくりしています。

もしもドクタールーペに、”腕一本で始めて様々な苦労をしながら会社を大きくした高齢の創業者”というものがいたとしたら、「お前達よくやった、わしはもう思い残すことはない。。。(ガクゥ)」「会長おおおおおお!」的な展開が起こるフラグです。

プレスリリースとしてのお知らせは直前の投稿をご覧いただくとして、
こちらではこぼれ話を少し。

●幕張メッセで審査


グッドデザイン賞は一次審査を通過すると幕張メッセに実物を展示しての審査があります。
ルーペちゃんも展示の手伝いに参加し、大変おもしろい経験をしました。
まず、搬入のため、展示場の中に車で乗り込めるというのが大興奮。
ファミリーセールやイベントやライブなど、(近所ということもあり)何十回も足を運んだ幕張メッセの展示場の中に、ヒラコ社長の車で入るのですよ。マックかよ!ポテト買いに来たのかよ!

展示は特にジャンルによって分けられておらず、並びはランダムのようです。
同じエリアには自転車があったり、駅の表示版があったり。
よその会社の展示を見てまわるのも面白かったです。
何より、あれだけの数の一流の専門家たちがひとつところに集まって、真剣に仕事をしている姿が刺激的でした。

●捨てられないダイレクトメール

私達の会社で病院にお送りするダイレクトメール(以下DM)は、この10年の間で数回作りましたが、どれも一貫して守っているポリシーがあります。

「読まずにぽいっと捨てられないこと」

私達の会社の母体は病院なのですが、病院には日々たくさんの郵便物が届きます。
そのうちの多くが、読まなくても特段支障のない、DMやお知らせの類。
申し訳ないと思いつつも、ただでさえ多忙なドクターたちはそれらひとつひとつに目を通している暇はありません。
目も通されずに処分される大量のDMを見て、ヒラコ社長は「簡単に捨てられない、机の上に残されるDMにしなければ」と決意したそうです。

DMについてはルーペちゃんも何度かブログで書いていますのでよかったら。
Dr.LOUPEのDMとノベルティが、書籍に掲載されました。 2014年10月4日
捨てられなさすぎるDM 2013年3月25日

今でも語り草になっているのが、DMを送付した病院のご担当者様から「こんなもの買ってないんだけど」と問い合わせをいただいたこと。
あんまりきれいに作ってあったので、何かの商品と思われたそうです。
よーし、またすごいDM作るぞ。

●DMの構造について

DMは、こういう窓のついた箱です。

マッチ箱のように内箱を引き出すと8枚のカードが入っています。

並べてみるとこんな感じ。
そのうちアートポスターやポストカードセットでも作ろうかと思っています。

裏返すとショートストーリーが掲載されていたり、目次だったり。

ちなみに肝心の事業説明についてはこれだけ。

面積のほぼ半分を使ってブログの宣伝をしてくれているのはありがたいのですが、読影サービスについては提供可能なメニューしか記載がありません。

これはさきほどの(脳内)創業者が存命のときに、
「おい、こんな何も説明していないDMなんか送ってどうするんだ!会社は遊びじゃないんだぞ!(持っていたブランデーグラスを投げつける)」とヒラコ社長が怒られるパターンです。

実際のところ、最初はルーペちゃんもどうかと思いました。
何も会社情報がなくてもらった方は「?」じゃないかしらと。
ですが、逆に「?」と思わせることが狙いなんだそうです。

何百という読影会社の中から”選んでもらう”という最終目標の前には、まず”DMを手にとってもらう”というプロセスが必要なので。
手にとってハテナと思って、どんな会社かサイトを見てもらう。
ハードルは高いですが、それを超えて出会った病院様とは、きっとよい関係が築けるはずです。

「そこまで考えていたなら、オマエたち若いものに任せる。・・・わしはもう何も言わん。(秘書が車椅子を押して退場)」と(脳内)創業者も納得です。

●エキシビションで実物を御覧ください

グッドデザイン賞受賞作を一堂に集めたエキシビションが下記日程で開催されます。
最新の商業デザインに山ほど触れるチャンスです。
ぜひお出かけください。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 ‒ 2019 年度グッドデザイン賞受賞展 ‒
会期:10 月 31 日(木)~11 月 4 日(祝月)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
入場無料

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ドクタールーペの広告が「2019 年度グッドデザイン賞」を受賞

ドクタールーペ株式会社の広告が、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

5枚のカラフルな幾何学デザインのカードの裏には、5篇の健康にまつわるショートストーリーを掲載。
抽象的なデザインを使用することにより、見た人に「病気は誰にでも起こりうる問題」であるという意識を持ってもらうねらいです。
また、「もし病気になっても人生には希望がある」ことをカラフルな色で表現。
ショートストーリーはコピーライター・米村大介氏によるオリジナル。
病気の当事者が一人称で淡々と語る心の内は、ひとつひとつが胸に迫り、言外に予防医学の重要さを訴えるものとなっています。

なお、この作品で米村氏は、福岡コピーライターズクラブ審査員特別賞 古屋彰一賞(2019年)、東京コピーライターズクラブ審査委員長賞(2019年)、大阪コピーライターズクラブ OCC賞(2019年)をトリプル受賞しています。

箱の表面をくり抜きプリズム効果のある透明板を貼り、カラフルな幾何学模様のカードが中からのぞく仕掛けは見る人の興味を引くデザイン性を有し、さらにショートストーリーの内容も高く評価され、このたびの受賞となりました。
今回の受賞を機に当社読影サービスのより一層の周知を図るとともに、一般の方々への健康に対する啓蒙活動も引き続き行ってまいります。
また、今後も正確で迅速な読影を行い、ひとつでも多くの病気の芽を見つけられるよう全力を尽くします。

□ 製品名称:ダイレクトメール・デザイン
□ 製品概要:医療施設や検診機関に送るためのダイレクトメールのデザインを中心とした、トータルブランディング。
□ デザイナー:株式会社電通 5CRP局 立石義博
□コピーライター:株式会社電通デジタル 米村大介
□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント:がんなどの病気を未然に発見する上で重要な役割を果たす「読影」という仕事、それを「めにはみえない」をキーコンセプトに据え、「ルーペを思わせる窓のついた箱」「がんをイメージしたモザイク画」「心にひびく物語」と、興味をもたせるツールを組み合わせて、ある種の「体験」を生み出すことで、トータルなブランディングへと昇華させた点を評価した。
□ グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/49587
□お問合せ先:ドクタールーペ株式会社 平子 info@dr-loupe.co.jp


千葉・台風被害

こんにちは、ルーペちゃんです。

●令和元年台風15号”ファクサイ”

連日報道されている、千葉県に上陸した台風による一連の被害。
こんなに長く続く、しかも広範囲な災害になるとは誰も予想できませんでした。
電気がないって本当に大変なことです。
東日本大震災で学んだはずなのに、たった8年でもう過去のことになっていました。

統計開始以来、最も強い勢力で関東地方に上陸したという台風15号。
ちなみに「ファクサイ」という名前ですが、
”台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風15号の名前「ファクサイ(Faxai)」は、ラオスが提案した名称で、女性の名前が由来”だそうです。(ウェザーニュースより

●自治体首長の発信力

今回特に注目を集めているのは、熊谷千葉市長の情報発信力と連携力。
熊谷市長といえば財政破綻の一歩手前だった千葉市の財政をV字回復させた手腕が特に評価されますが、就任してすぐに、当時まだ珍しいツイッターを開始し、情報提供とダイレクトな交流に努めてきたことでも有名な人。
これまで縦横無尽にツイッターを使いこなしてきた方で、私も長年フォロワーとして発言を見てきました。
ツイッターを見ていると、この方の頭の良さには舌を巻きます。
言葉の正確さ的確さはもちろん、絶対に揚げ足を取られない、将棋でいうなら10手くらい先を読んだ発言をするので、ときたま”イチャモンつけたいだけです輩”が現れてもだいたい一言返すだけであっさり撃退します。

今回、市長のツイッターでは進捗状況や援助物資、避難所の情報などを逐一発信していますが、発信していない自治体としている自治体があったとして、両者の仕事量が同じくらいだったとして、どっちが市民に「頑張ってくれてる!」と思われるかというと、いわずもがなであって。。。
「仕事を実行する」ことと同じくらい「仕事を発信する」ことの重要さを感じました。

それにしても、ツイッターの写真で見る市長がみるみる頬がこけてきているので心配。
早く電気が完全に復旧しますように。

●木更津へ


出張帰りの夫が、木更津にある取引先の様子を見に行くとのことで、羽田空港まで車で迎えに行き、そのままアクアラインへ。
秋の3連休のアクアラインとしては異様なほどに空いています。
川崎から海を渡ってほんの短い距離にもかかわらず、木更津に入った途端、屋根にブルーシートの家が目立ちます。
駅前の方はひと気も車も少なく、なんだか沈んだ印象。
(前からなのか台風でなのか。。。)
商店で庇テントがついているところはもれなく破れ傘状態のビリビリ。
(前からなのか台風でなのか。。。)
ぐにゃぐにゃに曲がって原型を留めない、かつて何かだった何かが道端に放置されています。
(これはさすがに台風のせい)

夫が被災見舞いを持っていった会社の人に、「なにか困っていることや足りないものはないですか」と聞くと、「お金が足りない」と。
泣き笑いだったけど、本音だろうなと夫がポツリ。

両脇には刈り取られるのを待つばかりの田んぼが広がっていました。
停電の影響で乾燥機が使えないため稲刈りができないそうです。
例年、千葉の米は8月末から9月の初めにはだいたい稲刈りが終わっています。
この時期に田んぼに米が残っているのは異常です。
農作物の被害額もこれから明らかになることと思いますが、台風の残した爪痕の大きさに身震いがします。

●食べて飲んで買って支援を

帰り道、災害派遣された自衛隊の車と沢山すれ違いました。
こちらは練馬から来てくださったみなさん。
ありがとうございます。

帰りの高速もガラガラ。
しかし途中の市原PAに寄ってみると、大盛況でした。

営業しているPAが少ないのか、被災された方が休みに来ているのか。。。
売店は通常通り、商品がたくさん並び賑わいがあり、
被災地支援のつもりで、いつもよりたくさん買ってしまいました。


千葉名物MAXコーヒーの。。。えーと、か、寒天?なぜそこ行った?


この「キヌノワプリン」絶品でした。これは次に出会っても確実に買います。(このプリンを作っている店舗も屋根が吹き飛ばされたそうです)

●ルーペちゃんちは

ところでオマエんち大丈夫なのかよ、と思ってくださった方、ありがとうございます。
ルーペちゃんの住んでいる街は電線地中化が進んでいるマンション街のため、台風には強いのです。
ありがたいことになんらいつもと変わらない暮らしができました。
ただ、地元の友人たちは色々あったようで、3,4日停電して冷蔵庫の中が全部ダメになったなんて話も聞きました。

それぞれの市区町村では必死にやっていると思いますが、もうぎりぎりのところではないでしょうか。
一刻も早い激甚災害指定と国の手厚い補助を望みます。
(と書いていたら今日の今日、激甚災害指定する”方向”との報道が出ましたね。指定は週明けか、、、週末の台風くれぐれもお気をつけて。)

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


嶋田泰次郎先生2019 オールジャパン・メンズフィジーク選手権第4位!

こんにちは、ルーーペちゃんです。

↑「アメトーーク!」みたいなことに。疲れてるなぁ。
そろそろ夏の疲れが出る頃ですね。
ルーペちゃんもなんだかんだで毎週のように病院に通っています。
看護師さんたちに優しくしてもらえるのが唯一の癒しです。
普段どんだけ修羅の世界に生きてるんだって話ですが。

さて、弊社に所属することになった「嶋田泰次郎歯科医師インタビュー」はご覧いただけましたでしょうか。
ルーペちゃんも一度お会いしただけなんですが、文面から漂ってくるでしょう、先生の

真・面・目

ぶりが。
筋肉にしても歯にしても、ああこの人真面目だなあ、と思わざるを得ない内容です。
あんな甘いマスクだからもっと調子に乗っちゃってもいいと思うんですが。
中身が硬い。セラミックより硬いです(歯科ジョーク。なんつて)。

そんな超真面目な嶋田先生が、先日「2019 オールジャパン・メンズフィジーク選手権」(メンズフィジーク40才以上172cm以下級 )に出場し、
見事第4位を受賞しました!!!(主催 (公社)日本ボディビル・フィットネス連盟/主管 大阪府ボディビル・フィットネス連盟/開催日 2019年9月1日(日))

短いですが、動画で雰囲気を感じてください。
例の「背中にちっちゃいジープ乗ってんのかい」的な掛け声が入っていないか期待したのですが。
今度、掛け声だけを聞きに大会を見に行きたいくらい、興味があります。

ちなみにヒラコ社長に、「嶋田先生にオリジナルの掛け声かけたことありますか?」と聞いたところ

・よっ背中が地中海!
・その腹筋、御堂筋線!

などの作品があるそうです。
意味わかんねえ。

なお、公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟のホームページの下の方に、「みんなで筋肉体操」のラインスタンプのバナーがあります。

ぜひラインスタンプを力一杯押して、筋肉を使ってください。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 後編】

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 前編】はこちら

●歯磨き時間は長くなくていい?目からうろこの手入れ術

ー前回は主に筋肉の話を伺いましたので、次は歯科医としてのお話を。
私ごとですが、毎日15分くらい歯磨きしているんですけど歯のトラブルが絶えなくて。
どうしたらいいんでしょう。

(待ってました、という顔で)ルーペさん、この部屋にあてはめて考えてみてください。
毎日1時間このフローリングの床に掃除機をかけたとして、(掃除機が届かない家具の隙間を指差して)この辺がきれいになりますか?

ー届いていないんだからきれいになるはずありません。

それと同じことです。
長時間同じ場所を磨き続けたとしても、隙間や奥の、歯ブラシがとどかないところがきれいになるはずがないのです。

ーですよねー!(目からうろこ)

僕は歯ブラシの時間は2分半くらいです。
他の道具での手入れを含めても4分くらい。
ただし、食事をしたら都度磨きますし、その時間はきっちり集中して歯と向き合います。
(やっぱり真面目)

ー2分半は短くないですか?

きちんとした道具を使って、正しいお手入れをすれば充分です。
”他の道具”と言いましたが、僕は患者さんに4つの道具を勧めています。
みなさん最初は「4つも?!」と言いますが、僕に言わせればたったの4つ
それで歯の健康が守れるなんて驚異的なことです。

ーぜひその4つの道具を教えて下さい。

歯ブラシ・フロス・歯間ブラシ・ワンタフトブラシ(奥歯ブラシ)
この4つでいいんです。

(↑ワンタフトブラシ)

ー奥歯専用のブラシが必要なんですか

見えてない部分を手探りできれいにしようと思ったら、専用の道具は必要です。
普通の歯ブラシでは磨けているつもりになっちゃうんですよ。

ー歯間ブラシとフロスはどっちかでよくないですか?

歯間ブラシとフロスは目的が違います。
シャンプーとリンスみたいなものです。
歯間ブラシで歯間の大きな隙間のプラークを落とし、フロスで歯と歯の間の細菌を落とします。
お風呂のシャンプーボトルを見るとわかりますが、カビが生えるのってボトルの底や本体とポンプの接合部だったりするでしょう。
細菌って隠れたところや歯と歯が接しているところに繁殖するんです。
歯ブラシで表面だけを磨いて「磨いている」気になるのが一番こわいことです。

●やれば効果がでるのは筋肉と同じ


ー先生は患者さんへの歯磨き指導がすごく熱心だという話を聞きました。

患者さんに時間を取ってもらって、まる1時間かけて、僕自身が指導します。
歯医者の経営的に言えばその時間治療に回した方がいいに決まっている。
でも、歯磨きを根本的に変えていかないと、患者さんは延々と歯の治療を続けることになってしまう。
理想を言えば歯医者に来なくなることがベストですからね。

他の一般的な病気って、いい医者にかかったとか、いい治療をしたからといって治る保証はないでしょう。
ところが虫歯というのは、正しい歯磨きをすれば確実に予防できる珍しい病気なんです。

僕は肩を壊していまして、この1年間ずっと苦しんでいます。
病院を4つも変わって、いろんな先生に診てもらって、でも治らない。
怪我や病気はどんな名医もすぐに治してくれるわけじゃないんです。
でも、歯は正しい磨き方で確実によくなる。
むしろ「なぜやらないんだ!」くらいの気持ちです。

●”筋肉ブーム”の次は”歯ブーム”


僕に関しては筋肉ばっかりクローズアップされるけど、もっと歯の大切さを伝えたいんです。
歯の磨き方にしても、知ってるか知らないかで人生変わるくらいのことですから。

僕が筋トレを始めた頃、筋トレを真面目にやっている人は珍しかった。
「嶋田ってなんで筋トレするの?」とか「筋肉だらけだと馬鹿になっちゃうよ」なんて平気で言われた時代でした。
今は逆でしょう、「なんで筋トレしないの?」って時代になりました。

筋トレを続けていたら筋肉ブームが来た。
次は絶対に「歯ブーム」が来ると思っています。

「なんで筋トレしないの?」と同じように「なんで歯間ブラシしないの?」なんて会話がされる時代を望みます。
正しいブラッシングを続けることは本当に簡単だし、逆に病気にするほうが難しいんですよ。
歯ブームを起こせたらそれで自分の人生、心残りはありません。
たとえば、東急ハンズの入り口の一番目立つところにデンタルケアグッズがずらっと並んで、みんなが色んな種類の歯間ブラシについてあれこれ語っているとか。
そんなブームが、必ず来ますよ。

●ポジティブな面を見よう

ー歯医者さんて細かい作業が多いからでしょうか、”色白で細くて繊細そうでとっつきにくい人”みたいなイメージがありますけど、先生は既存の歯医者像を変えましたよね。

そう言われるのは本望です。
歯医者って嫌われものの代表格でしょう。
「高い・怖い・痛い」のネガティブなイメージで。
なんとか好かれる存在にならないものかといつも考えています。

その意味では筋肉も同じです。
「つらい・キツイ・続かない」というネガティブな面がある。
でもブームになりました。それはなぜか?
健康や見た目の美しさ、QOLの向上、脳機能の向上にも効果があることが分かったりといった、ネガティブを凌駕するポジティブな面があるからです。
歯に関することも、ポジティブな情報をたくさん発信することによって、みなさんの意識を変えていければと思っています。

ー弊社も”歯ブーム”の一端を担えるよう、お手伝いしていきます!

よろしくお願いします。
なにしろ、年取ったら食欲しか楽しみがないんだから(笑)。
歯が丈夫じゃないとモノ食べられないでしょ。
大事にしていきましょうね。

ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<