Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 前編】

こんにちは、ルーペちゃんです。
今日は、前回お知らせした「嶋田泰次郎歯科医師インタビュー」をお届けします。
NHK「筋肉体操」で活躍するボディビルダーであり歯科医師でもある嶋田先生。
前編ではご家族のことや、歯科医になったきっかけ、筋トレをするモチベーションなどについて伺いました。

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 後編】はこちら

【プロフィール】

嶋田泰次郎(しまだ たいじろう)
東京都出身 1976年2月13日生まれ
パトリア歯科医院院長
ボディビルでは東京オープン70キロ級、東京クラス別70キロ、東京メンズフィジーク40歳以上級、日本クラシックボディビル171センチ以下級 それぞれ優勝/オールジャパンメンズフィジーク40歳以上172センチ以下準優勝/世界マスターズメンズフィジーク11位
テレビ出演は「ヨルタモリ」「ヒルナンデス」「スクール革命」他多数
NHKEテレ「みんなで筋肉体操」筋肉アシスタントとして出演中

●実はふたごです

ー(ルーペ)嶋田先生とは初めましてですが、実は双子のお兄様には過去3,4回お会いしたことがあって。
 世にもハンサムな人だなあと思っていたんですが、実は双子っていう(笑)。
 お兄様は雑誌の企画で「イケメンサラリーマン日本一」に選ばれたりしていましたよね。

懐かしい!よく知ってますね(笑)もう10年以上前、僕も電車の中吊りで見て初めて知ったんです。
朝の大井町線の中吊りにデカデカと兄貴の顔が載ってて、「うわっ」て思わず声が出ましたよ。

ー実際お会いするとイケメンオーラがお兄様とはちょっと違いますよね。水彩画と彫刻の違いというか。
 いずれにしてもお母様はこんなイケメンが2人並んでてさぞ嬉しかっただろうなと(笑)。
 お父様も歯科医なんですよね。

親父が、というより祖父の代から続く歯科医です。
そういう環境もあったけれども、歯医者になろうと明確に目標を立てたきっかけがあったんです。

●転機になったイタリア旅行

学生の頃、祖母と兄と3人でイタリア旅行に行ったんです。
費用は出すからついてきてくれって言うんで行ったんですが、
男の孫が2人もおばあちゃんについてくるって珍しいでしょう、しかもツアーで。
みんなで食事すると言われるんですよ、「まあ〜うらやましい」って。

すると祖母は謙遜か自慢か知りませんが、こう言うんです。
「いえいえ、兄の方は○○大学なんですけど、弟の方はバカでしょうがないんですよ」って。
双子なので、兄への対抗心が普通の兄弟よりも大きかったかもしれません。
自分でも兄との学力差に関してはコンプレックスを持っていたので、
大勢の前で祖母にそうやって言われたことで発奮しましたね。
いつか見てろよって。

ーそれはもしかしてお祖母様の作戦だったかもしれないですね。

だったらすごいですけどね(笑)

●あふれる筋肉愛


ーそこで歯医者さんになってめでたし、って落ち着くのかと思いきや、
筋トレに目覚めるわけですよね。それはどうしてですか。

身もふたもないことを言えば、それもコンプレックス隠しのひとつです。
筋トレは、やればやるほど自信になるから。
コツコツコツコツ、地味ですけど、やれば必ず成果が出るでしょう。
それが面白いんです。
ボディビルってやらない人にとっては不思議なスポーツだと思うんですよ。
技術を競うわけではなく、相手を負かすわけでもなく、自分の筋肉のみを評価されるっていう。
だけど僕はどうしようもなく筋肉に魅せられているんです。
心の安定剤みたいなものです。
ジムに行って体を動かしたとき、ちょっとでも重い負荷が上がったときの高揚感。
そこに自分のアイデンティティを感じます。

ー筋肉への愛がすごいですね。突然圧を感じました。

●奥様を巻き込んで

ー奥様は嶋田先生の筋肉愛についてはどういうスタンスなんですか。

妻と出会ったときもすでにこんな感じの筋肉でした。
やっぱり最初はうわっと思っていたらしいですよ。
ただ、スポーツに理解のない人ではないので、徐々に慣れてくれて。
今では妻は「こんなに筋肉の世界にはまると思わなかった」と言っています。
最近はあの人の筋肉がきれいとか、あの筋肉いいとか、思うようになったそうです。
それを聞くと僕もうれしいです。

ーやはり食生活では奥様の協力は欠かせないですよね。

ボディビル競技に出るようになってからは、食事や調理法を考えるのが楽しくなりました。
妻とも、こんな味付けがいいんじゃないか、こんな調味料見つけた、など食事に関してよく情報交換しています。
子供の食事は僕とは別ですが、今は妻も僕と同じ食事をしているので、苦じゃないと言ってくれます。

●ミスターストイック?


ーボディビルダーとしてはどういう生活なんですか

普段の生活のルーティンは、職場・家・ジムの三角形をぐるぐるしているだけです。
ジムは仕事終わりに週4回、帰って食事して寝るだけ。
僕は小心者なので、羽目を外すことが怖くてできないんですよ。
「チートデイ」っていうのも僕にはできません。
頑張って体作ったところにラーメンとか食べたらいっぺんでそれまでの努力が無駄になっちゃいそうで。

ストイック?もう慣れちゃったから、そうは思いません。
ジャンクフードを食べたい気持ちもまったくないんです。
我慢していないから、ストイックではないんじゃないかなあ。
想像するんです、これ飲んだらこれ食べたら体がこうなって、って。
良くも悪くもね。
これが僕の普段で、僕の日常で、僕の人生です。
あなたにもできます(すごい目ヂカラで)

ーなんだかだんだんできそうな気がしてきましたー!(腹の肉をつかみながら)

後編は歯科医としてのお話を伺います。
筋肉以上に熱い話が展開されました。
どうぞお楽しみに。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

こんにちは、ルーペちゃんです。
最近、ドクタールーペの周辺がにぎやかです。

なんといっても上半期のトピックはドクタールーペの広告に関しての、福岡コピーライターズクラブ・東京コピーライターズクラブでのダブル受賞
そして後日改めてお知らせしますが、もうひとつビッグなとある賞の受賞が決定。
それだけでもおめでたいのですが、いいことは多すぎても困らないとばかりに、先日とあるコンペティションに参加してきました。

あまり詳しくお見せすることができないのですが、電通のT石さん渾身の展示は、幅が展示スペースと寸分狂わない匠の技。いやー見せたかった。
これが入賞したらまたすごいことになるなぁとワクワクして帰りました。
T石さんから「広告関係者の間で”ドクタールーペ”は相当有名デスヨ」とありがたいお言葉をいただきましたが、そのブランド力が本業に及ぶことを願ってやみません
病院関係者の方、見てますか〜(T_T)/~~~

●ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

はいみなさんポカーンて顔やめてください。
大事なことだからもう一回言いますね。
「ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します」

いろんな疑問が噴出していると思うので、ひとつひとつ解決していきます。
(1)嶋田泰次郎とは
↓を見ていただいたらすぐにおわかりかと。

「筋肉は裏切らない」でおなじみ、「みんなで筋肉体操」のメンバーでボディビルダーの嶋田歯科医師は、ボディビルダーとしての輝かしい実績を持ちつつ、表参道にある「パトリア歯科医院」院長として多忙な日々を過ごしています。
その日本人離れした美貌もあいまって「みんなで筋肉体操」登場以来人気は急上昇、シーズン3も引き続きの出演となりました。

(2)なぜドクタールーペがマネジメントを?

嶋田歯科医師と弊社ヒラコ社長がもともと旧知の仲であったこと、さらに歯科医として歯と健康にまつわる総合的な活動を広げたいと考えた嶋田歯科医師と弊社の理念が合致したことにより、嶋田歯科医師のマネジメントを行うこととなりました。

(3)今後の活動
歯と筋肉が健康にもたらす影響と重要性をテーマに、イベントへの出演、講義・講演などを考えております。
専門である⻭と健康についてだけでなく、筋力トレーニングや食生活に関しても深い知識を持つ稀有な筋肉⻭科医という特性を生かして健康一般にまつわる幅広い活動を行ってまいります。

●嶋田歯科医師インタビュー


マネジメント開始を記念して、先日パトリア歯科医院にお邪魔して嶋田歯科医師のインタビューを行いました(インタビュー中は服を着ていましたので誤解のなきよう。。。)。
今後数回に分けてこのブログに掲載していきます。どうぞお楽しみに。

近日公開
「嶋田泰次郎歯科医師インタビュー〜筋肉ブームの次は、”歯ブーム”の時代なんです〜」

これからの嶋田歯科医師の活躍にどうぞご期待ください。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


2019年度お盆期間休業のご案内

お客様各位

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
2019年度お盆休業についてお知らせいたします。

誠に勝手ながらお盆期間は下記の通り休業とさせて戴きますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

◆◇お盆休業期間◇◆
 2019年8月11日(日)~8月15日(木)

◆◇読影物の受取およびネット遠隔読影サービス受付◇◆
 弊社にお送りいただいた読影物の受け取り、ネット遠隔読影サービスの受付は休業中も随時可能です。

◆◇診断結果のご返送◇◆
配送・ネット共に、8月17日(土)以降ご返送を開始いたします。

期間中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
今後とも引き続きご利用くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上

ドクタールーペ株式会社
代表取締役社長 平子勝之進
〒110-0003 東京都台東区根岸 4-4-9


いざというときにあわてない、葬儀のマナーあれこれ

こんにちは、ルーペちゃんです。
今週末は参議院議員選挙です。
「入れたい人いないし〜」と言って投票しないでいると、存在しない人にされちゃいますよ。
存在しない人、黙っている人のことは誰も考えてくれません。
若い世代が参加することに、意義があるのです。
「私、ここにいます!」という気持ちで必ず投票に行きましょう。
その日ルーペちゃんは遠出の予定があるので、ずいぶん前に不在者投票済ませました!

●YOU、おつかれさま


今週はジャニーズ事務所代表のジャニー喜多川氏死去のニュースが注目を集めました。
この人がいなければ日本のエンタメ界は今と相当違うものになっていたであろうと、氏の功績を改めて評価する報道が多いようです。
もちろん、私は氏の人となりは知るよしもありませんが、報道から垣間見えたのは「所属タレントの人生を背負う覚悟を持った人」であったこと。
一旦”うちの子”としたからには、とことん面倒を見て、とことん引っ張っていく。
手間も時間も惜しまないタレントプロモーションゆえに、タレントと深い信頼関係で結ばれていたのだと推察する一方で、同時期に話題になっていた、6000人を抱える芸能事務所タレントの不祥事の件とつい比較してしまいました。

そして、葬儀も社内の人間のみで行われました。
こういう場合普通「社葬」と言いますが、タレントたちを自分の子供に見立て、あえて「家族葬」と称したことも、「自分たちの絆は普通の事務所とタレントの関係とは違うんだ」という彼らの主張を感じます。
公表された集合写真に映るのは、着慣れない喪服を着た笑顔のタレントたち。
若い人が多いので、人生で初めての葬儀参列だったという人もいたかもしれませんね。

今日は今一度葬儀のしきたりやマナーを一緒に確認してみましょう。

●一番大事なのは寄り添う気持ち


洋服がどうとか香典がどうとか、細かいことを気にするよりもまず、駆けつける際に持っていきたいのは
「遺族に寄り添う気持ち」です。

私見ですが、葬儀というものは、遺族が気持ちに整理をつけてこれからの生活を歩んでいくためのものだと思っています。
亡くなった人のためのものではないと思っています。

遺族は「故人には十分なことをして送り出した、思い残すことはない」と考えているひとは皆無でしょう。
どんなに手を尽くしても、まだなにかしてあげられたのではないか、もっとこうしてあげればよかった、という気持ちが多かれ少なかれあるものです。
亡くなった人にはもう何もしてあげることはできないけど、私も一緒に悲しんでます、と悲しみを共有することで遺族の悲しみを和らげることができます。

ジャニー氏の葬儀の際、タレントのファンの一部が、貸切バスで葬儀会場周辺に行こうと参加者を募集したことが大きな非難を浴びていました。
仮にその人たちがどんなに地味で目立たない完璧な喪服を着ていたとしても、お経をそらんじていたとしても、意味はありませんよね。
そこに、故人を悼み家族を思いやる気持ちがないからです。
(たまにいる、葬儀会場のロビーで大きな声で談笑している人たちなども同じですね)

細かいしきたりやマナーを気にする前に、自分にはその”気持ち”があるかどうかを確認しましょう。

●服装

最近は特に”忙しい仕事の合間を縫って”参列するため、いわゆる「平服」での参列も多いですね。
ただその場合でも、最低限のマナーは知っておきたいものです。
・光る素材や綿などのカジュアルな素材は避ける
・殺生を禁じる仏教の教えにより、革など生き物が素材のものは避ける(バッグも)
・アクセサリーは真珠のみOK
・男性は靴下の色を忘れがちなので注意(黒いものに履き替えて)

●香典

まず気になる金額ですが、故人との関係性や地域性によってまちまちです。
一緒に参列する周りの人と合わせるか、もしくは連名で用意するのが間違いないでしょう。
全然知らない街でひとりきりで参列するという過酷な状況の場合は、葬儀場に電話してこっそり相場を聞けば教えてくれるはず。
ただ、それくらいの関係性であれば5000円くらいが妥当じゃない?というのがルーペちゃんの感覚。

香典袋を買ったら中にご霊前やご仏前やお香典や、さまざまな表書きの紙が入っていて迷ったことはありませんか。
仏教では、さまよっていた霊が成仏するのが49日目と考えられているので、49日までは「御霊前」、49日法要からは「御仏前」を使います。
相手の宗教が分からない場合や、お別れの会、無宗教の式の場合でもほぼ「御霊前」で大丈夫。

●念珠(数珠)


もともとは念仏を何回唱えたか数えるための道具です。
宗派によって種類が違うそうですが、自分の持っているものを持参して構いません。
合掌するときは両手にかけて、それ以外のときは左手で、房が下になるように持ちます。

●ふくさ


特に男性がやりがちなのが、香典袋を裸のままで内ポケットから取り出すこと
一般に失礼なこととされているので、ふくさに包んでいきましょう。
ふくさは封筒型のものが取り扱いが楽です。
1,000円くらいから手に入りますので、持っていなかったらこの機会に揃えておきたいもの。

風呂敷型の伝統的なふくさは、包み方に決まりがある上にすぐ包みが崩れるのであまりおすすめしませんが、どうしても使いたいというなら。
慶弔で包み方が違います。

金封を中心に置くまでは一緒ですが、弔事の場合は右→下→上→左の順に包みます。
名前入りのふくさの場合は名前入りのベロが最後になるように。

※ちなみに慶事の場合は左→上→下→右の順。

●ないにこしたことはないが


弔事はなければないに越したことはありませんが、避けて通れないのもまた真実。
いつかは使うものなので、いざというときに慌てないように、必要なものは平時に準備しておきましょう。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


予約困難の人気イタリアンPARADISO@築地に飛び込みでランチ

●築地の大人気イタリアン「PARADISO」へ

こんにちは、ルーペちゃんです。
前回の「茅の輪くぐり」の続編です。
私たちが築地に着いてまずお参りに行くような殊勝な人間と思ったら大間違い。
実は他にまっすぐ向かった場所がありました。
それが、波除神社の目の前にあるイタリアン、PARADISO

6月15日に放送された「出没!アド街ック天国」築地の回でも、堂々12位にランクインしています。


築地で仕入れた新鮮な魚介をたっぷり使った料理が人気とのこと。
そして「予約困難」とも。
たしかに私達が築地に行こうと決めたときにはもうランチの予約枠はいっぱい。
当日枠があることを期待して、12時ちょっと前に飛び込みでお店の前に行きました。

●当日でも大丈夫だった

お店の前にスタッフさんが立っていたので、当日枠の空きを確認。
「今ちょうど満席になったところなので、あと3,40分で入れると思います」とのこと。
台帳に名前と携帯番号を書いてもらいました。
お店の前で並ばなくても、「順番が近くなったら電話をします」という素晴らしいシステム。
この狭いエリアで永遠に時間を潰していられる築地場外という場所ならではか。

そのまま波除神社へ行き、お参りした後1軒2軒お店を覗いているところで予定より早く電話が鳴りました。
無駄なくすべてがピタッとはまった予定の組み立て方、気持ちいいー。

●やだ美味しそうなんですけど

思っていたよりも中は狭い。けれども、ガチャッとしたライブ感のあるいい雰囲気。
映画で見る、イタリアの漁村のにぎやかなトラットリアのようです。
そしてこの大きさの店内には多すぎるほど、サービススタッフが大勢!
スタッフの数が多いレストランてそれだけで美味しそうに感じます。

渡されたメニューはこちら。

やすっ。
えっやすっ。
二度見してしまいました。

しかもどれも美味しそうだ。。。選びきらない。
初めての訪問なのでとりあえず名物と言われるものを押さえとくかっと、「魚介のペスカトーラ(リングイネ)」をふたりともオーダーしました。
他のものはサラダとパンがついて980円ですが、こちらはそれに+500円です。

●これはすごいランチだ


まず来たのはパン。
自家製だそうです。
ハーブとオリーブオイルの効いたパンと、丸めたグリッシーニ。
塩気がほどよく、昼間からビールがすすんでしょうがない。
(ちなみに生ビールはランチビールにあるまじき大きさ)

次にサラダが登場。

これがまた大きいお皿にもりもりっとね。
載っているれんこんの大きさから想像してください。
とにかく普通の街のレストランで出てくるランチのサラダとは桁違い。
ドレッシングはオリーブオイルとレモンでさっぱりなので、野菜本来の味が楽しめます。

いよいよ期待感が高まったところでパスタ登場。

ムール貝、帆立貝、あさり、はまぐり、しじみ、あとは名も知らぬ貝貝貝。。。
麺が見えないほどの具の多さに、あれ、オーダー間違えたかなと思うほど。
貝が具、具が貝。
字面が面白いから書いてみたかっただけです、貝だけにね。ハーッハッハ。

閑話休題、これだけ具が多ければ旨味も強烈。
リングイネという太麺に負けない旨味をまとわせて、一口目から最後まで、ずーっとうまいが続きます。

それにしても貝の量が多いので、食べるのに時間がかかるランチです。
特に全体にもれなくちりばめられたしじみ
途中から「これって出汁要員だったのかな?」「実は食べないのかな?」とこそこそ話合うほど、しじみから殻を外す作業が大変でした。
もちろん一つ残らず全部いただきました。

内容的には「ぜいたくしちゃったかなあ」というお料理。
これが1500円なんですから、予約困難なのも納得です。
俄然、ディナーの内容に興味が出てきました。
今度ヒラコ社長を誘って夜食べに来ようっと。
ねっ、社長。ねっ社長。(2回言ってみた。貝だけに。いつまでやるん)

お腹がいっぱいだったので私達は頼みませんでしたが、隣の人が食べていたデザートのティラミスがこれまたなかなかの量でした。
ランチが980円なのにデザートだけで800円なので割高な気がしますが、見れば納得、800円するだろうなという量です。食べログの画像を参照ください。

●ぜひ再訪希望


食べ終わって外に出ると、当日枠は終了しましたの看板が。
それが何時頃に出るのかは日によるのでしょうが、少なくとも12時前に来れば入れるようなので(平日)、近くに来たときはイチかバチか、また寄ってみたいと思います。
今度はリゾット食べます。決めてます。

関連会社の「築地果汁創作所」はPARADISOから歩いて30秒!
ぜひお立ち寄りください。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<