Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

捨てられないダイレクトメール〜グッドデザイン賞受賞こぼれ話〜

こんにちは、ルーペちゃんです。

最近、ルーペちゃんやペコちゃんの(どうでもいい)日常話が少ないなあとお思いのみなさまには大変ご無沙汰しております。
「さぼりすぎ」とたったの5文字で表現できる現象ではあるのですが、それらしく言えば「ドクタールーペの活動が多岐に渡りすぎて告知ばっかりになってしまうため」という理由もあるのです。
春は築地果汁創作所の告知、スポンサーシップ告知、コピーライターズクラブ受賞告知などの怒涛の告知。
夏は一部で「嶋田祭り」と言われた、嶋田先生一色に染まったこのブログ。
そして秋にはもうひとつでかい花火が上がりました。

●2019年度グッドデザイン賞受賞。


ありきたりな言い方ですが、私たちが一番びっくりしています。

もしもドクタールーペに、”腕一本で始めて様々な苦労をしながら会社を大きくした高齢の創業者”というものがいたとしたら、「お前達よくやった、わしはもう思い残すことはない。。。(ガクゥ)」「会長おおおおおお!」的な展開が起こるフラグです。

プレスリリースとしてのお知らせは直前の投稿をご覧いただくとして、
こちらではこぼれ話を少し。

●幕張メッセで審査


グッドデザイン賞は一次審査を通過すると幕張メッセに実物を展示しての審査があります。
ルーペちゃんも展示の手伝いに参加し、大変おもしろい経験をしました。
まず、搬入のため、展示場の中に車で乗り込めるというのが大興奮。
ファミリーセールやイベントやライブなど、(近所ということもあり)何十回も足を運んだ幕張メッセの展示場の中に、ヒラコ社長の車で入るのですよ。マックかよ!ポテト買いに来たのかよ!

展示は特にジャンルによって分けられておらず、並びはランダムのようです。
同じエリアには自転車があったり、駅の表示版があったり。
よその会社の展示を見てまわるのも面白かったです。
何より、あれだけの数の一流の専門家たちがひとつところに集まって、真剣に仕事をしている姿が刺激的でした。

●捨てられないダイレクトメール

私達の会社で病院にお送りするダイレクトメール(以下DM)は、この10年の間で数回作りましたが、どれも一貫して守っているポリシーがあります。

「読まずにぽいっと捨てられないこと」

私達の会社の母体は病院なのですが、病院には日々たくさんの郵便物が届きます。
そのうちの多くが、読まなくても特段支障のない、DMやお知らせの類。
申し訳ないと思いつつも、ただでさえ多忙なドクターたちはそれらひとつひとつに目を通している暇はありません。
目も通されずに処分される大量のDMを見て、ヒラコ社長は「簡単に捨てられない、机の上に残されるDMにしなければ」と決意したそうです。

DMについてはルーペちゃんも何度かブログで書いていますのでよかったら。
Dr.LOUPEのDMとノベルティが、書籍に掲載されました。 2014年10月4日
捨てられなさすぎるDM 2013年3月25日

今でも語り草になっているのが、DMを送付した病院のご担当者様から「こんなもの買ってないんだけど」と問い合わせをいただいたこと。
あんまりきれいに作ってあったので、何かの商品と思われたそうです。
よーし、またすごいDM作るぞ。

●DMの構造について

DMは、こういう窓のついた箱です。

マッチ箱のように内箱を引き出すと8枚のカードが入っています。

並べてみるとこんな感じ。
そのうちアートポスターやポストカードセットでも作ろうかと思っています。

裏返すとショートストーリーが掲載されていたり、目次だったり。

ちなみに肝心の事業説明についてはこれだけ。

面積のほぼ半分を使ってブログの宣伝をしてくれているのはありがたいのですが、読影サービスについては提供可能なメニューしか記載がありません。

これはさきほどの(脳内)創業者が存命のときに、
「おい、こんな何も説明していないDMなんか送ってどうするんだ!会社は遊びじゃないんだぞ!(持っていたブランデーグラスを投げつける)」とヒラコ社長が怒られるパターンです。

実際のところ、最初はルーペちゃんもどうかと思いました。
何も会社情報がなくてもらった方は「?」じゃないかしらと。
ですが、逆に「?」と思わせることが狙いなんだそうです。

何百という読影会社の中から”選んでもらう”という最終目標の前には、まず”DMを手にとってもらう”というプロセスが必要なので。
手にとってハテナと思って、どんな会社かサイトを見てもらう。
ハードルは高いですが、それを超えて出会った病院様とは、きっとよい関係が築けるはずです。

「そこまで考えていたなら、オマエたち若いものに任せる。・・・わしはもう何も言わん。(秘書が車椅子を押して退場)」と(脳内)創業者も納得です。

●エキシビションで実物を御覧ください

グッドデザイン賞受賞作を一堂に集めたエキシビションが下記日程で開催されます。
最新の商業デザインに山ほど触れるチャンスです。
ぜひお出かけください。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 ‒ 2019 年度グッドデザイン賞受賞展 ‒
会期:10 月 31 日(木)~11 月 4 日(祝月)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
入場無料

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ドクタールーペの広告が「2019 年度グッドデザイン賞」を受賞

ドクタールーペ株式会社の広告が、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

5枚のカラフルな幾何学デザインのカードの裏には、5篇の健康にまつわるショートストーリーを掲載。
抽象的なデザインを使用することにより、見た人に「病気は誰にでも起こりうる問題」であるという意識を持ってもらうねらいです。
また、「もし病気になっても人生には希望がある」ことをカラフルな色で表現。
ショートストーリーはコピーライター・米村大介氏によるオリジナル。
病気の当事者が一人称で淡々と語る心の内は、ひとつひとつが胸に迫り、言外に予防医学の重要さを訴えるものとなっています。

なお、この作品で米村氏は、福岡コピーライターズクラブ審査員特別賞 古屋彰一賞(2019年)、東京コピーライターズクラブ審査委員長賞(2019年)、大阪コピーライターズクラブ OCC賞(2019年)をトリプル受賞しています。

箱の表面をくり抜きプリズム効果のある透明板を貼り、カラフルな幾何学模様のカードが中からのぞく仕掛けは見る人の興味を引くデザイン性を有し、さらにショートストーリーの内容も高く評価され、このたびの受賞となりました。
今回の受賞を機に当社読影サービスのより一層の周知を図るとともに、一般の方々への健康に対する啓蒙活動も引き続き行ってまいります。
また、今後も正確で迅速な読影を行い、ひとつでも多くの病気の芽を見つけられるよう全力を尽くします。

□ 製品名称:ダイレクトメール・デザイン
□ 製品概要:医療施設や検診機関に送るためのダイレクトメールのデザインを中心とした、トータルブランディング。
□ デザイナー:株式会社電通 5CRP局 立石義博
□コピーライター:株式会社電通デジタル 米村大介
□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント:がんなどの病気を未然に発見する上で重要な役割を果たす「読影」という仕事、それを「めにはみえない」をキーコンセプトに据え、「ルーペを思わせる窓のついた箱」「がんをイメージしたモザイク画」「心にひびく物語」と、興味をもたせるツールを組み合わせて、ある種の「体験」を生み出すことで、トータルなブランディングへと昇華させた点を評価した。
□ グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/49587
□お問合せ先:ドクタールーペ株式会社 平子 info@dr-loupe.co.jp


筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 後編】

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 前編】はこちら

●歯磨き時間は長くなくていい?目からうろこの手入れ術

ー前回は主に筋肉の話を伺いましたので、次は歯科医としてのお話を。
私ごとですが、毎日15分くらい歯磨きしているんですけど歯のトラブルが絶えなくて。
どうしたらいいんでしょう。

(待ってました、という顔で)ルーペさん、この部屋にあてはめて考えてみてください。
毎日1時間このフローリングの床に掃除機をかけたとして、(掃除機が届かない家具の隙間を指差して)この辺がきれいになりますか?

ー届いていないんだからきれいになるはずありません。

それと同じことです。
長時間同じ場所を磨き続けたとしても、隙間や奥の、歯ブラシがとどかないところがきれいになるはずがないのです。

ーですよねー!(目からうろこ)

僕は歯ブラシの時間は2分半くらいです。
他の道具での手入れを含めても4分くらい。
ただし、食事をしたら都度磨きますし、その時間はきっちり集中して歯と向き合います。
(やっぱり真面目)

ー2分半は短くないですか?

きちんとした道具を使って、正しいお手入れをすれば充分です。
”他の道具”と言いましたが、僕は患者さんに4つの道具を勧めています。
みなさん最初は「4つも?!」と言いますが、僕に言わせればたったの4つ
それで歯の健康が守れるなんて驚異的なことです。

ーぜひその4つの道具を教えて下さい。

歯ブラシ・フロス・歯間ブラシ・ワンタフトブラシ(奥歯ブラシ)
この4つでいいんです。

(↑ワンタフトブラシ)

ー奥歯専用のブラシが必要なんですか

見えてない部分を手探りできれいにしようと思ったら、専用の道具は必要です。
普通の歯ブラシでは磨けているつもりになっちゃうんですよ。

ー歯間ブラシとフロスはどっちかでよくないですか?

歯間ブラシとフロスは目的が違います。
シャンプーとリンスみたいなものです。
歯間ブラシで歯間の大きな隙間のプラークを落とし、フロスで歯と歯の間の細菌を落とします。
お風呂のシャンプーボトルを見るとわかりますが、カビが生えるのってボトルの底や本体とポンプの接合部だったりするでしょう。
細菌って隠れたところや歯と歯が接しているところに繁殖するんです。
歯ブラシで表面だけを磨いて「磨いている」気になるのが一番こわいことです。

●やれば効果がでるのは筋肉と同じ


ー先生は患者さんへの歯磨き指導がすごく熱心だという話を聞きました。

患者さんに時間を取ってもらって、まる1時間かけて、僕自身が指導します。
歯医者の経営的に言えばその時間治療に回した方がいいに決まっている。
でも、歯磨きを根本的に変えていかないと、患者さんは延々と歯の治療を続けることになってしまう。
理想を言えば歯医者に来なくなることがベストですからね。

他の一般的な病気って、いい医者にかかったとか、いい治療をしたからといって治る保証はないでしょう。
ところが虫歯というのは、正しい歯磨きをすれば確実に予防できる珍しい病気なんです。

僕は肩を壊していまして、この1年間ずっと苦しんでいます。
病院を4つも変わって、いろんな先生に診てもらって、でも治らない。
怪我や病気はどんな名医もすぐに治してくれるわけじゃないんです。
でも、歯は正しい磨き方で確実によくなる。
むしろ「なぜやらないんだ!」くらいの気持ちです。

●”筋肉ブーム”の次は”歯ブーム”


僕に関しては筋肉ばっかりクローズアップされるけど、もっと歯の大切さを伝えたいんです。
歯の磨き方にしても、知ってるか知らないかで人生変わるくらいのことですから。

僕が筋トレを始めた頃、筋トレを真面目にやっている人は珍しかった。
「嶋田ってなんで筋トレするの?」とか「筋肉だらけだと馬鹿になっちゃうよ」なんて平気で言われた時代でした。
今は逆でしょう、「なんで筋トレしないの?」って時代になりました。

筋トレを続けていたら筋肉ブームが来た。
次は絶対に「歯ブーム」が来ると思っています。

「なんで筋トレしないの?」と同じように「なんで歯間ブラシしないの?」なんて会話がされる時代を望みます。
正しいブラッシングを続けることは本当に簡単だし、逆に病気にするほうが難しいんですよ。
歯ブームを起こせたらそれで自分の人生、心残りはありません。
たとえば、東急ハンズの入り口の一番目立つところにデンタルケアグッズがずらっと並んで、みんなが色んな種類の歯間ブラシについてあれこれ語っているとか。
そんなブームが、必ず来ますよ。

●ポジティブな面を見よう

ー歯医者さんて細かい作業が多いからでしょうか、”色白で細くて繊細そうでとっつきにくい人”みたいなイメージがありますけど、先生は既存の歯医者像を変えましたよね。

そう言われるのは本望です。
歯医者って嫌われものの代表格でしょう。
「高い・怖い・痛い」のネガティブなイメージで。
なんとか好かれる存在にならないものかといつも考えています。

その意味では筋肉も同じです。
「つらい・キツイ・続かない」というネガティブな面がある。
でもブームになりました。それはなぜか?
健康や見た目の美しさ、QOLの向上、脳機能の向上にも効果があることが分かったりといった、ネガティブを凌駕するポジティブな面があるからです。
歯に関することも、ポジティブな情報をたくさん発信することによって、みなさんの意識を変えていければと思っています。

ー弊社も”歯ブーム”の一端を担えるよう、お手伝いしていきます!

よろしくお願いします。
なにしろ、年取ったら食欲しか楽しみがないんだから(笑)。
歯が丈夫じゃないとモノ食べられないでしょ。
大事にしていきましょうね。

ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<

 


筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 前編】

こんにちは、ルーペちゃんです。
今日は、前回お知らせした「嶋田泰次郎歯科医師インタビュー」をお届けします。
NHK「筋肉体操」で活躍するボディビルダーであり歯科医師でもある嶋田先生。
前編ではご家族のことや、歯科医になったきっかけ、筋トレをするモチベーションなどについて伺いました。

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 後編】はこちら

【プロフィール】

嶋田泰次郎(しまだ たいじろう)
東京都出身 1976年2月13日生まれ
パトリア歯科医院院長
ボディビルでは東京オープン70キロ級、東京クラス別70キロ、東京メンズフィジーク40歳以上級、日本クラシックボディビル171センチ以下級 それぞれ優勝/オールジャパンメンズフィジーク40歳以上172センチ以下準優勝/世界マスターズメンズフィジーク11位
テレビ出演は「ヨルタモリ」「ヒルナンデス」「スクール革命」他多数
NHKEテレ「みんなで筋肉体操」筋肉アシスタントとして出演中

●実はふたごです

ー(ルーペ)嶋田先生とは初めましてですが、実は双子のお兄様には過去3,4回お会いしたことがあって。
 世にもハンサムな人だなあと思っていたんですが、実は双子っていう(笑)。
 お兄様は雑誌の企画で「イケメンサラリーマン日本一」に選ばれたりしていましたよね。

懐かしい!よく知ってますね(笑)もう10年以上前、僕も電車の中吊りで見て初めて知ったんです。
朝の大井町線の中吊りにデカデカと兄貴の顔が載ってて、「うわっ」て思わず声が出ましたよ。

ー実際お会いするとイケメンオーラがお兄様とはちょっと違いますよね。水彩画と彫刻の違いというか。
 いずれにしてもお母様はこんなイケメンが2人並んでてさぞ嬉しかっただろうなと(笑)。
 お父様も歯科医なんですよね。

親父が、というより祖父の代から続く歯科医です。
そういう環境もあったけれども、歯医者になろうと明確に目標を立てたきっかけがあったんです。

●転機になったイタリア旅行

学生の頃、祖母と兄と3人でイタリア旅行に行ったんです。
費用は出すからついてきてくれって言うんで行ったんですが、
男の孫が2人もおばあちゃんについてくるって珍しいでしょう、しかもツアーで。
みんなで食事すると言われるんですよ、「まあ〜うらやましい」って。

すると祖母は謙遜か自慢か知りませんが、こう言うんです。
「いえいえ、兄の方は○○大学なんですけど、弟の方はバカでしょうがないんですよ」って。
双子なので、兄への対抗心が普通の兄弟よりも大きかったかもしれません。
自分でも兄との学力差に関してはコンプレックスを持っていたので、
大勢の前で祖母にそうやって言われたことで発奮しましたね。
いつか見てろよって。

ーそれはもしかしてお祖母様の作戦だったかもしれないですね。

だったらすごいですけどね(笑)

●あふれる筋肉愛


ーそこで歯医者さんになってめでたし、って落ち着くのかと思いきや、
筋トレに目覚めるわけですよね。それはどうしてですか。

身もふたもないことを言えば、それもコンプレックス隠しのひとつです。
筋トレは、やればやるほど自信になるから。
コツコツコツコツ、地味ですけど、やれば必ず成果が出るでしょう。
それが面白いんです。
ボディビルってやらない人にとっては不思議なスポーツだと思うんですよ。
技術を競うわけではなく、相手を負かすわけでもなく、自分の筋肉のみを評価されるっていう。
だけど僕はどうしようもなく筋肉に魅せられているんです。
心の安定剤みたいなものです。
ジムに行って体を動かしたとき、ちょっとでも重い負荷が上がったときの高揚感。
そこに自分のアイデンティティを感じます。

ー筋肉への愛がすごいですね。突然圧を感じました。

●奥様を巻き込んで

ー奥様は嶋田先生の筋肉愛についてはどういうスタンスなんですか。

妻と出会ったときもすでにこんな感じの筋肉でした。
やっぱり最初はうわっと思っていたらしいですよ。
ただ、スポーツに理解のない人ではないので、徐々に慣れてくれて。
今では妻は「こんなに筋肉の世界にはまると思わなかった」と言っています。
最近はあの人の筋肉がきれいとか、あの筋肉いいとか、思うようになったそうです。
それを聞くと僕もうれしいです。

ーやはり食生活では奥様の協力は欠かせないですよね。

ボディビル競技に出るようになってからは、食事や調理法を考えるのが楽しくなりました。
妻とも、こんな味付けがいいんじゃないか、こんな調味料見つけた、など食事に関してよく情報交換しています。
子供の食事は僕とは別ですが、今は妻も僕と同じ食事をしているので、苦じゃないと言ってくれます。

●ミスターストイック?


ーボディビルダーとしてはどういう生活なんですか

普段の生活のルーティンは、職場・家・ジムの三角形をぐるぐるしているだけです。
ジムは仕事終わりに週4回、帰って食事して寝るだけ。
僕は小心者なので、羽目を外すことが怖くてできないんですよ。
「チートデイ」っていうのも僕にはできません。
頑張って体作ったところにラーメンとか食べたらいっぺんでそれまでの努力が無駄になっちゃいそうで。

ストイック?もう慣れちゃったから、そうは思いません。
ジャンクフードを食べたい気持ちもまったくないんです。
我慢していないから、ストイックではないんじゃないかなあ。
想像するんです、これ飲んだらこれ食べたら体がこうなって、って。
良くも悪くもね。
これが僕の普段で、僕の日常で、僕の人生です。
あなたにもできます(すごい目ヂカラで)

ーなんだかだんだんできそうな気がしてきましたー!(腹の肉をつかみながら)

後編は歯科医としてのお話を伺います。
筋肉以上に熱い話が展開されました。
どうぞお楽しみに。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

こんにちは、ルーペちゃんです。
最近、ドクタールーペの周辺がにぎやかです。

なんといっても上半期のトピックはドクタールーペの広告に関しての、福岡コピーライターズクラブ・東京コピーライターズクラブでのダブル受賞
そして後日改めてお知らせしますが、もうひとつビッグなとある賞の受賞が決定。
それだけでもおめでたいのですが、いいことは多すぎても困らないとばかりに、先日とあるコンペティションに参加してきました。

あまり詳しくお見せすることができないのですが、電通のT石さん渾身の展示は、幅が展示スペースと寸分狂わない匠の技。いやー見せたかった。
これが入賞したらまたすごいことになるなぁとワクワクして帰りました。
T石さんから「広告関係者の間で”ドクタールーペ”は相当有名デスヨ」とありがたいお言葉をいただきましたが、そのブランド力が本業に及ぶことを願ってやみません
病院関係者の方、見てますか〜(T_T)/~~~

●ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

はいみなさんポカーンて顔やめてください。
大事なことだからもう一回言いますね。
「ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します」

いろんな疑問が噴出していると思うので、ひとつひとつ解決していきます。
(1)嶋田泰次郎とは
↓を見ていただいたらすぐにおわかりかと。

「筋肉は裏切らない」でおなじみ、「みんなで筋肉体操」のメンバーでボディビルダーの嶋田歯科医師は、ボディビルダーとしての輝かしい実績を持ちつつ、表参道にある「パトリア歯科医院」院長として多忙な日々を過ごしています。
その日本人離れした美貌もあいまって「みんなで筋肉体操」登場以来人気は急上昇、シーズン3も引き続きの出演となりました。

(2)なぜドクタールーペがマネジメントを?

嶋田歯科医師と弊社ヒラコ社長がもともと旧知の仲であったこと、さらに歯科医として歯と健康にまつわる総合的な活動を広げたいと考えた嶋田歯科医師と弊社の理念が合致したことにより、嶋田歯科医師のマネジメントを行うこととなりました。

(3)今後の活動
歯と筋肉が健康にもたらす影響と重要性をテーマに、イベントへの出演、講義・講演などを考えております。
専門である⻭と健康についてだけでなく、筋力トレーニングや食生活に関しても深い知識を持つ稀有な筋肉⻭科医という特性を生かして健康一般にまつわる幅広い活動を行ってまいります。

●嶋田歯科医師インタビュー


マネジメント開始を記念して、先日パトリア歯科医院にお邪魔して嶋田歯科医師のインタビューを行いました(インタビュー中は服を着ていましたので誤解のなきよう。。。)。
今後数回に分けてこのブログに掲載していきます。どうぞお楽しみに。

近日公開
「嶋田泰次郎歯科医師インタビュー〜筋肉ブームの次は、”歯ブーム”の時代なんです〜」

これからの嶋田歯科医師の活躍にどうぞご期待ください。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<