ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

【愛媛へ行ってきたよ】その3・内子

こんにちは、ルーペちゃんです。
娘の夏休みが始まり、いつもだったらヒイヒイ言っているはずですが、今年はちょっと違う。
塾の夏期講習に突っ込んだので、娘、夏休み中ほぼ不在です!押忍!
塾弁を作る手間ヒマはありますが、夏じゅう”お相手”しなければならないことに比べたら屁でもありません。
いや、私は誰よりも娘を愛していますよ。
でもね、ってことあるでしょ!

●すでに夏休みなのにまだ春休みの話題

だいぶ飛び飛びになってしまった愛媛旅行の話。
そんな話は記憶の彼方だという方はよろしければその1,その2を御覧ください。

【愛媛へ行ってきたよ】その1・道後温泉

【愛媛へ行ってきたよ】その2・松山城

その3は松山から内子に行った話です。

内子というのは、松山から約40キロの距離にある、愛媛県のほぼ中央に位置する街です。
江戸から明治にかけて木蝋や和紙の流通で繁栄した美しい街並みが守られている、稀有な土地です。
昭和57年に四国で初めて、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

私は海浜幕張という、数十年前まで海だった街に住んでいるので、こういう歴史ある町並みに非常に魅力を感じます。
娘も英才教育(?)のおかげで私と趣味がそっくりに育ちましたので、二つ返事で内子に行ってみたいと言いました。

●キャラ戦略が迷走?している乗り物たち

ホテルから路面電車に乗って松山駅へ。
そこからJR予讃線に乗って1時間で内子です。
それにしてもJR四国のキャラ戦略が度がすぎていてすごいんですよ。

座席が柑橘をイメージしているのか、めっちゃカラフル。

駅構内でもとっても人気のバリィさん。

列車の床にまでWELCOME。

窓の日よけまでも何らかのキャラが。。。そして車体にも。

そしてお約束のアンパンマン列車〜。

アンパンマン、もうお腹いっぱいだよ。
ちなみにアンパンマンは車内改札のハンコにも採用されています。

●町家カフェDORF

内子駅に着いて、観光情報を得ようと立ち寄った観光案内所にはタッチの差で数人の中国人観光客が。
案内の方は彼らから矢継ぎ早にされる質問に対応するのでいっぱいいっぱい。
とてもこちらが割って入れる雰囲気ではなかったので、あきらめて歩き出しました。

しかし気になるのがチラリと聞こえた「今日は水曜日だから定休日のお店が多い」という言葉。
不安を抱えながら駅から街の中心街に歩き始めましたが、たしかに開いているお店が少ない。。。
お昼どきなのでご飯を食べたかったのですが、下調べしていたレストランが2軒とも閉まっています。
下調べしたなら定休日も調べとけって話ですが。
二人とも空腹が限界に近づいているのにレストランもコンビニもなく、非常に心細くなりました。

すると目の前に古民家を改装した素敵なカフェが営業中!助かった!
町家カフェDORF


テーブル席もありますが、お座敷がとっても素敵。
室内はほの暗く、現代を思い出させるものがほとんどないので、昔の雰囲気にどっぷり浸ることができます。
メニューは洋食なのでそこもまた大正ロマンな感じでよいです。
私たちはオムライスと「内子豚」のステーキをいただきました。
大人になっても内コブタ。。。なんつて。
身のしっかりした薫りの良い肉で、赤身の旨味が強いです。

食べるのも初めてなら内子豚という名前も初めて耳にしました。
内子町大瀬という地域の標高400mの山の中で生産されています。
湧き水を飲んで育っているそうで、柔らかく臭みのない肉が特徴だとか。
内子にある「からり」という道の駅では「内子豚もろみ焼きバーガー」が食べられるそうです。


お手洗いは坪庭をまわった向こう側。
この坪庭も素敵な雰囲気です。

●重要伝統的建造物群保存地区

DORFさんの目の前の辻を左に登っていくといよいよ町並保存地区です。
これまでも落ち着いたいい雰囲気の街だなと思っていましたが、ここは全然別格です。
まるで「江戸テーマパーク」のような歴史ある建物が行けども行けども続きます。

一軒二軒ならそれほど珍しくはありませんが、通りの両脇が全て昔からの建物。


圧倒されます。


見てください、この格子の意匠の美しさ。もう作れないんだろうな。

驚いたのが、こういう家に中学生が普通に「ただいまー」って帰ってくることです。
「えっここに住んでるの?!」って思いますよね。
すっかり私の中ではここはテーマパークだったので、シンデレラ城にただいまーって帰る人を見たような気になりました。
地域の方々の、愛と辛抱がなければこの町並みはとても維持できないものだと思います。
貴重なものを見せていただいているのですね。

建物の内部を見たい場合は、以下の3軒の資料館があります。

商いと暮らし博物館(大人:200円/小人:100円)
町家資料館(無料)
木蝋資料館上芳我邸(大人:500円/小・中学生:250円)

私たちは時間がなくて町家資料館のみ訪れましたが、ついこの間まで人が暮らしていたような生活感を残した資料館で、見ごたえがありましたよ。

↓は商いと暮らし博物館
入場しないで玄関だけでもこんなに見せてくれます。


丁稚と旦那。

長くなったので次回に続きます!

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


根岸通信⑦マツコさんの座った席で錦華楼の麻婆定食を食べる

こんにちは、ルーペちゃんです。
先日事務所でランチに何を食べようかと話していて、
暑いから辛いものを食べよう」ということになりました。

そこでDr.Loupe行きつけのタイ料理屋さんに向かったのですが、
道中ペコちゃんが「エスニック料理はひとりで食べてもおいしくないですもんね」とポツリと言ったのです。
科学的根拠は何もありませんが、たしかに言われてみるとそんな気がします。

熱いね、辛いね、おいしいね、と言い合って食べると美味しさが増すように感じます。
逆にラーメンはひとりで味わって食べるのが好きです。
食事と人数の関係、あなたはどう感じますか?

●「夜の巷を徘徊する」が鶯谷に来た

メチャメチャ都心にありながらTVや雑誌でフューチャーされることの少ない鶯谷・入谷。
なのでTVでその近辺が放送されることをつかむと、必ず会社内のグループLINEで共有します。
テレビ朝日で木曜深夜放送の「夜の巷を徘徊する」という番組は、マツコ・デラックスさんが夜の街歩きをする、というシンプルな構成ながら、アポなしぶっつけで何が起こるかわからないところが面白く、毎週見ています。

次週「鶯谷を徘徊」との予告を見て、早速グループLINEに流しました。
「ひとつの街をだいたい2〜3週続けるので、しばらく楽しめますね。」なんて付け加えて。
フタを開けてみたら、鶯谷はその1週のみ、しかも大学生と中華料理屋で飲んだだけという内容。
その内容自体はほっこりしていてとてもヨカッタのですが、街情報を期待していた分肩透かしをくらったのでした。
よーっぽど放送するネタがなかったのか、他が放送できないほど危ない内容だったのか、どっちだったんだろう。。。

さておき、その番組から得たたったひとつの情報、『その中華料理屋が美味しかった』という情報を頼りに、ランチに向かったのでした。

●「錦華楼」でランチ

場所はちょっとわかりづらいかも。
言問通りと線路の間に挟まれた、飲み屋街の細い路地の一角です。
用がなければ入ろうと思わないような雰囲気のところです。
ガストの裏の細い路地を入っていくと、赤と黒の目立つ外観の建物があります。
2階建ての、いかにも中華料理屋さん、というたたずまい。

お世辞にもキレイとは言えませんが、街の中華屋さんてこんな感じですよね。

表に写真つきの看板があったり、ランチメニューの黒板が出ていたりして、思っていたより入りやすい雰囲気。


(白黒にするとちょっと「新宿鮫」っぽい雰囲気)

ちょっと遅めの時間だったせいか、店内はお客さんひとりだけ。
テレビに出たからと言って人が押し寄せるような立地でもないのかもしれません。
一階はスッキリとテーブル4つとカウンター。

二階もあります。

店内にはいくつか有名人のサインが飾ってありました。
マツコさんの写真も、早速たくさん飾られていました。

ジャッキー・チェンも来店してる!

日替わりランチが5つもありますが、表に出ているメニュー以外にもセットメニューが豊富。
かなり迷った末にペコちゃんと私は麻婆豆腐定食。
社長は酢豚定食。
値段失念しましたが、かなり安かったです。
たぶん750円くらい。

山椒の効いた四川風麻婆豆腐。
山椒が効き過ぎでもなく足りなくもなく、好みの加減。
ひき肉たっぷりで、きちんと肉料理としての体裁を守っています。
高級店のそれとまったく遜色のない、かなり上等な麻婆豆腐。
これこれ、こういう麻婆が食べたいんですよ。
ご飯に乗っけて食べると、もう無限にいけそう。

スープも雑味がなく、丁寧にダシを取っている印象のお味です。
私の席(偶然にも番組でマツコさんが座っていた席)からは厨房が見えるのですが、
鶏のガラが入った大袋が大量に置いてあって、なるほどと納得しました。

セルフサービスで食後に珈琲も飲めて、ここのコスパ、素晴らしい。
個人的には非常に好みの味で、思い出すと強烈に食べたくなる系の味です。
これからのランチローテーションに組み入れたいと思います。
でもマツコさんたちのように、夜に紹興酒を呑みながら色んな料理をつまめたら最高だな!

最後に「不夜城」っぽいヒラコ社長。

(いや、不夜城どころか可愛いトートバッグ持ってますけど)

錦華楼

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


出勤前に「ペリカンのパン」を買うために寄り道

こんにちは、ルーペちゃんです。
今って梅雨でしたよね?と思うほど暑いですね。
電車に乗ってもしばらく汗がひかず、隣の人に気を使いながらハンカチでフキフキし続け、汗がひいたあとは臭わないかしらと心配して。
そんな人には2年前の梅雨どきに書いたバックナンバーをぜひ読んでいただきたい。
消臭&ほのかな香り、ミョウバン水を作ってみる

●浅草の超有名パン屋「ペリカン」

もう今回の内容は題名ですべてです。
ペリカンのパンを買いましたよっていう、いわゆるかるーい自慢?みたいな?
まあそんなこと言ったら、だいたい98%のインスタと、87%のFacebookと、65%のブログの内容は自慢なんですけど。(ルーペ調べ)

さてペリカンの話。

パン好きな人だったら、食べたことはなくても名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
パン屋と言ってもあなたの街のパン屋さんとはかなり趣が異なります。
昭和17年創業、主に業務用のパンを作ってきた老舗パン屋さん。
惣菜パンもサンドイッチもスイーツパンもなし、パンの種類は食パンとロールパンのみ!潔い。
そのパン屋さん、連日行列で、ヘタをするとお昼には売り切れちゃったりするんです。

仕事終わりに思いついて、何度か電話をかけてみたことがあります。
あるときは「午前中に売り切れました」との答えでしたが、あるときは残っているというので、
ペコちゃんと入谷からバスに乗って買いに行ったこともありました。
その後も行きたいなぁと思ってはいるものの、田原町というのがルーペちゃんの家からは
微妙に行きづらい場所で、行きに寄るのも帰りに寄るのも面倒。。。
今回はアキコ先生に差し入れするため、重い腰を上げて出勤前に寄ってみることにしました。

海浜幕張から西船橋まで行き、総武線に乗り換えて浅草橋まで、浅草橋で都営浅草線に乗り換えて蔵前で降り、徒歩10分。
・・・もう大変!!!
暑い中息も絶え絶えにお店の前にたどり着くとひと気なし。

浅草の国際通りというメインストリート沿いではありますが、周囲に商店がひしめいているわけではないので、唐突にという感じでお店が表れます。
以前午後に行ったときは入り口に数人並んでいたのですが、さすがにこんな早い時間は人が少ないのかな?
引き戸を開けるとすぐ目の前にカウンター。
そしてカウンターの奥はぜーんぶ作業場。
要は作業場の玄関で商品の受け渡しだけしますよ、というつくりなのです。
なので引き戸を開ける前に何を買うか決めていないとまごまごしてしまい、後ろに並んでいる人たちの熱い視線を感じることになるのでご注意を。

入って右手の壁一面に背の高い木の棚があり、焼きあがってお客さんの手に渡るのを待つパンたちが棚の隙間を埋めるように、ズラッと並んでいます。
この様子がなんとも美しくて神々しいほど。
人の命を支える「主食」の名にふさわしいパンたちです。
ああ、ここはお米屋さんが米を売るようにパンを売る店なのだなあと。

アキコ先生、ペコちゃん、ルーペちゃんの分のパンを買い、事務所に向かいます。
事務所へはお店のすぐそばから出ている草41系統のバスに乗って10分で鶯谷駅前。楽だ・・・
しかしそこから事務所までがツラかった。
だって2斤が2本、3斤が1本ですし。
どういう量かといえばこういう量です。

(左から、2斤・2斤・3斤)
小麦粉のカタマリ運んでるようなものですもの、それは重かったですよ。
でもペコちゃんがすごく喜んでくれたので報われました。

●さーてどうやって食べようか

2斤の場合、普通に売っている食パンのサイズよりはちょっと小さめです。
測ってみたところ、正方形の一辺が9センチ、長さが33センチでした。


ただこのサイズが、厚切りトーストにしたとき絶妙なのです。
ペリカンのパンはかなりみっちり中身が詰まったパンなだけに、普通サイズの食パンだと厚切りにするとややヘビー。
小さめサイズのこちらなら、厚切りにしても量的にちょうどよく、”厚みのあるトーストの幸せ”を存分に堪能できます。

買って帰ってすぐに食べたい、すなわち夕飯にパンを食べるとなるとどうしたらいいか。
うーんうーんと唸った末、あるメニューを思い出しました。
千葉市の「呂久呂」という喫茶店で食べた、カレートーストです。


いいじゃないこれ!やってみよう。

パンの端から大胆に10センチほどカットし、耳の周囲に切り込みをいれます。

そして手で白い部分をぎゅぎゅっと押し付けると、パンの器が出来上がり。

そこにレトルトカレーをとろとろっと注ぎ、余ってたとうもろこし、チーズをかけてトースターで焼きます。

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!

これはいかん。うまいに決まってる。

これはいかんだろ。。。逮捕されるわ。

ペリカンのパンはなんといっても耳が美味しいです。
薄くてパリッとしてて、耳単品で何か商品ができそうなくらい存在感があります。
そして白い中身の部分はもーっちりしーっとりとして、これまた単品で何かできそうです。
もう「ペリカンの耳」「ペリカンの中身」って別々に売ってもいいよ!というくらい、それぞれ美味しいです。
なのでそれぞれにカレーをつけて食べると、それぞれ全く別の楽しみ方ができるのです。
なんという贅沢食べ!


翌朝はスタンダードにバタートーストを。

幸せの黄色いトースト。。。

●もっと気軽に買えたらいいのに。。。ええっそこで?!

パン好きのルーペちゃんは、これまで数多くのパンを食べ歩いてきました。
その中でもこれは唯一無二!と記憶に残ったパン屋さんがいくつかあります。

九十九里のnaya、神戸のフロイン堂、コム・シノワ、ameen’s oven、松戸のツォップ、世田谷のシニフィアン・シニフィエ、吉祥寺のダンディゾン、福岡の即興詩人、三田の谷口パン、代々木のルヴァン。。。

何も見ずに記憶だけでこれだけのお店を並べることができます。
それだけパンとパンにまつわる幸せな記憶は人生に深く影響しているのかもしれません。
こちらのペリカンさんもそのひとつとなりました。
このお店をこの形で続けてくださっていることが何より尊いです。ありがとう!

ペリカンさんのドキュメンタリー映画が今年の10月に渋谷のユーロスペースで公開されるそうです。
パン屋さん、しかもこれだけ歴史も名もあるパン屋さんの仕事場を伺い知ることができる機会は貴重ですね。
公式ツイッター
公式Instagram

最後、この記事を書いての大きな収穫が。
今回の記事を書くためにペリカンさんのことを検索していたら、入谷の地区情報サイトが引っかかりました。
なんで入谷が。。と思って読んでみると、びっくりするような内容が。
浅草 ペリカンのパンを近所で買う方法。

内容はサイトに移動して読んでいただくとして、それはそれはびっくりしましたよ。
マジか!そこ事務所のめちゃめちゃ近所!
家から乗り換え乗り換えして買いに行ったのに。。。うぅぅ、悲しいけど嬉しい。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


工場見学~山梨のスイーツパラダイス~

皆さんこんにちは。
先日の社員旅行、楽しかった梨子ちゃんです。
我が家は一番遠いので朝の4時出発。
(いや、梨子ちゃんの、そんなに早く出なくても。。。
という思いとは裏腹に、ディズニーマニアな娘と息子、
張り切って4時に出発!しました。)
ルーペちゃんの家はディズニーから電車で15分と聞いた息子。。。
『えぇ~~~~!いいなぁ~~~~!』を連発。。。
そりゃ羨ましいの、分かります。
とにもかくにもヒラコ社長に感謝。
ありがとうございました!

●もっと早く行けば良かった

皆さん、シャトレーゼをご存知でしょうか。
全国に店舗を構え、海外にも進出。
お手頃な値段で様々なスイーツを提供する会社。
全国的にも有名かと思います。
このシャトレーゼ、実は山梨の企業なんです。
(しかも本社工場が梨子ちゃんの職場の目の前)

我が家の近所にも何店舗かあり、手軽にアイスやケーキ
その他スイーツを楽しめます。
梨子ちゃんは個人的に
子供たちの節目に当たる行事(卒業式や入学式など)
の際は、お赤飯を注文したりもします。

そう言えば。
そのシャトレーゼの工場見学が出来たっけ!と
地元にいながらなんとも遅すぎる発見。
というわけで先日
シャトレーゼ白州工場へ工場見学に行って来ました。

●こだわり

以前社長もカンブリア宮殿にも出演し経営についてお話しされていましたが。
素材や製法、売り方、様々な工夫があるのが工場見学を通して改めて分かりました。
見学の過程で詳しく説明があるのでそれを見ると安心します。

​やはり口に入るものですから、安心安全が第一。
ただ美味しい!だけではなくそこを全面的に謳える商品を作ることは相当な努力があるんだろうと感じました。

梨子ちゃんの一番の『へぇ~』ポイントは。
通常アイスには賞味期限がないのですが
シャトレーゼのアイスには賞味期限を設けている。という点。
なぜ?
それは添加物を極力抑えているからだそう。
『へぇ~×10』←散々昔から食べているくせに全く知らなかった無知なジモティー(汗)
消費者への愛情、感じました。

●ただ、という天国

さて、ここの工場見学のメイン。
順路を進んでいくと何やら急に賑やかに。
人もたくさん。
そう、なんと順路の最後に
『アイス食べ放題』(無料)←ここ大事!赤線引いて!
のコーナーがあります。

何種類ものアイスが並んでいます。


いくら食べてもただ!
はい、ここでスイッチが入ったのは梨子ちゃんの息子、梨乃介。
(ペコちゃんの息子くんがペコ太郎くんなので我が家はこれにしよう!と今回から勝手に命名させて頂きました。)
家族三人、唯一の男。しかし。
フルーツ大好き、スイーツ大好きな男子。
アイス?え?いくら食べてもただなの?やったー!と。
彼のスイーツタイムがスタート。
いいペース?でいろいろなアイスを食べていました。

ミルク系、シャーベット系、様々な種類が用意されているので飽きることなく楽しめます。
そろそろ、ご馳走様じゃない?と思ってもまだまだ。
ここぞとばかりアイスを楽しむ梨乃介。
合計6種類、完食しました。

撮影禁止だったため写真はありませんが、食べ放題を楽しめるスペースから
窓越しに工場内を見渡せることが出来るので、たくさんのアイスが作られているところを見ながらそのアイスが食べられるようになっています。

そんな何気ない演出もなかなか面白い。
声を掛けなければずっとそこにいそうな梨乃介をなんとか説得させてその場を後にしました。

●水が美味しい

シャトレーゼのこだわりの一つ、それが『水』です。
この工場がある白州というところは環境省が認定する『日本名水百選
にも選ばれている、良質な水が豊かなところです。

サントリー白州蒸留所も近くにあり、美味しいウィスキーを作り出しています。
(梨子ちゃん、喉が鳴る。。。)
そして一緒に行った母がお土産に買ったのが、ワイン。


瓶を購入し、樽から入れてくれます。


この瓶を持って行けば、ワインを扱っている店舗どこでも
再び購入可能なシステムになっています。
(梨子ちゃん、喉が鳴る、再び。。。)

水が美味しいというのは重要ですね。
そんな場所が近くにあること、ありがたいと
あらためて、山梨良いとこ再発見!でした。

県外の方が、たくさん来られていたのにも驚きでした。
皆さん、是非足を運ばれてはいかがでしょうか?
ただですよ、ただ!←しつこい。。。

(特に夏休み中は混雑が予想されます。入場制限も場合によってはあるようなのでご了承下さい)

山梨の魅力発信請負人、梨子ちゃんがお送りしました。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ドクタールーペ社員旅行@東京ディズニーシー

こんにちは、ルーペちゃんです。

●社員旅行@TDS

日曜日、ドクタールーペ社員旅行@東京ディズニーシーが無事に実施されました。
この場合「無事に」という言葉でくくってよいものか迷うのですが、まあとにかく全員揃って何事もなく、という意味では無事に終わったのでした。

昨年は東京ディズニーランドに行きましたが、今年は子供たちのリクエストにより、ディズニーシーに。
毎回社員のみならず各家庭の子供たちまで招待してくださる、極めてアットホームな社員旅行なのです。

ディズニー好きの梨子ちゃん一家は山梨から朝4時出発!
横浜からのペコちゃん一家も朝7時に出発!
電車で15分の一番近いルーペちゃん母娘は朝8時過ぎに出発!(地元だからってのんびりしすぎや!)
この時期のディズニーは一年で最も空いていると言われる通り、日曜日でもそれほど混雑しないのが良いですね。
朝8時開園で9時についても、ファストパスはまだ全部残っていました。

ミッキーシェイプのハンドソープ。花王さんの提供です。

ルーペちゃんはペコちゃん一家と一緒に回り、お昼は予約しておいたビュッフェレストラン「セイリング・ディ・ブッフェ」に全員集合して会食。
社長や明子先生も合流して総勢10人でワイワイとゴージャスなランチをいただきました。

子供向けメニューの中に「ミッキーシェイプのケチャップご飯」があります。

大変に可愛らしいのですが、ぶっちゃけ単なるケチャップご飯なのでそうたくさん食べられるものではない・・・
と思っていたら、ペコちゃんの息子さんペコ太郎君がこれをメチャメチャ気に入ったらしく、全部で4個も食べていました。ナニ━━Σ((  д ) ゚ ゚━━!!
ちなみにうちの娘はプチトマトを山盛りにしてニコニコ。
親の心子知らず。。。せっかくのディズニーのビュッフェなんだから、キミたちもっと単価の高いもの取ってきなさいよ!

ご飯を食べているうちに雨が降り出してきて、午後は雨降りディズニー。
それもかなりの土砂降りで、歩いているうちに靴もお尻も頭もびしょ濡れ・・・
あまりの雨に梨子ちゃん一家やうちは夕方には撤収しましたが、ペコちゃん一家は夜8時までいたそうです。
さすが鉄人一家!

久々の全員集合、とっても楽しかったです!

雰囲気だけでも伝わりますか?

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<