ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

バスで旅する石垣島【後編】

こんにちは、ペコちゃんです。
前回の、石垣島をバスで旅したお話の続きです。

●バス旅で大切なこと

これにつきます、行きたい場所や時刻表を確認し予定をたてること!

前回お伝えしましたが本数が少ないので、予定をたてて計画的に利用することが大切です。滞在中毎日バスを利用していましたが、遅れることなく時間通りに運行されていたので、予定通りに移動できました。

●こんなコースはいかがでしょうか

バスターミナルを起点とします。薄いグリーンは7/1~9/30の期間運行。
基本的に平日・土曜・日祝日ともほぼ同じダイヤで運行されますが、路線によっては学校の休校日や日祝日に運休されることもあるので、時刻表をご確認くださいね!


①豊かな自然の中古き良き八重山の家並みを再現した日本最南端のテーマパークやいま村と子どもも安全に過ごせるフサキビーチを楽しむコース。

上の時刻表、ピンク部分をご覧ください。バスターミナルを8:55→やいま村到着9:23

雨天時を過ごすために行ったやいま村でしたが、動物大好きな息子がすっごく楽しかったと喜んだやいま村。リスザルがいてエサをあげることができます。ちなみに動物が苦手な娘はその様子を遠くから見ていましたが、昔から伝わる家遊びのアトラクションでは率先して踊り、それぞれが楽しんでいましたよ。

シーサーの絵付けやサーターアンダギー作りもできます。昼食を村内のレストランで食べ、12:32のバスに乗車。そこから9分のところにあるフサキビーチで海遊びを。フサキリゾートヴィレッジすぐ裏手のビーチですが、宿泊していなくても利用OK。有料ですがプールもビーチ目の前にあるので、飽きずに遊ぶことができます。

プール利用は4時間ごと、上がった後はのんびりシャワーを浴び支度ができます。17:41のバスに乗車し、バスターミナル到着18:05、夕食をのんびりとれます

②日本百景そしてミシュラン三つ星にも選ばれた石垣島屈指の景勝地川平湾フサキビーチで夕日を満喫コース。

上の時刻表、水色部分をご覧ください。バスターミナルを9:35→川平湾到着10:16

私たちが宿泊していたのはこの近くでした、ただ眺めているだけで満足してしまう川平湾。流れが早いため残念ながら泳ぐことはできないのですが、足をつけるくらいなら大丈夫。たくさん出ているグラスボートに乗れば、珊瑚や魚たちを見ることができます。所要時間は30分ほど、15分間隔で出ていて予約せずその場で乗車できます。

グラスボートや周辺を散策し、周辺のお店で昼食をとったあとは13:58のバスに乗車、約23分でフサキリゾート到着。フサキビーチは夕日がきれいです、日没は8月19:00~19:30前後、9月は18:30~19:00前後。ゆっくりと夕日を満喫し、19:36のバスに乗車、バスターミナル到着20:20です。

もちろん、川平湾より北部、東側にも良いところがたくさんあります。またの機会にご紹介できましたら!

●便利なサービスがあります

①手荷物配送サービス

石垣島に着いた日にそのまま、または帰る日に空港へ行くまで観光をしたい方におすすめしたい。石垣空港、離島ターミナル、市街地エリアの宿泊先へ当日内に荷物を運んでくれるサービスです。

つまり、空港に着いて配送サービスを依頼→そのままバスで観光→宿泊先にチェックイン時に荷物が届いているという流れ。帰りも同じですね、宿泊先にて荷物を預ける→観光する→空港にて荷物を受け取る。

バス車内で邪魔になったり他のお客さんにあたってしまう心配がなく、身軽に観光できます。観光地でもコインロッカーが用意されているところはほとんどないです。

気をつけることは、サイズ(3辺(縦+横+高さ)の合計180cm以内、重さ30kg以内)、現在は市街地の宿泊先のみ対応、受付は当日可ですが混雑していると受付できないこと。事前予約がおすすめですよ。一回500円。

受付場所や連絡先など詳細はこちらよりご覧ください。記載されている配送手続きがフロントでできる宿泊先以外でも対応可能です(要事前連絡)。

②フリー乗降バス

停留所以外でも自由に乗り降りできるサービスです。乗車は・・・バスが近づいてきたら、広い場所にて手を挙げて運転手さんに合図すると停車してくれます。降車は・・・ボタンまたは運転手さんに直接声を掛けて降りたい場所を伝えます。

気をつけることは、乗車路線が決まっていることですね。

東側の路線:白保海岸~石垣空港~玉取﨑(灯台があります)~平野(最北端)、西側の路線:大嵩西入口~米原(青の洞窟などシュノーケリングが盛ん)~伊原間(伊原間サビチ鍾乳洞)の区間です。


東運輸ホームページより

●最後に・・・

正直、勝手を知らない初めて行く土地で車を使わないことに心配がありました。が、何とかなった&当初の目標「腰をすえてのんびり」ができたので大満足です。

バスを利用したからこその出会いもありました。夕方雨の降る中バス乗り場を探しているドイツとオーストラリアから来たお兄さんお姉さんと仲良くなって、お互いの国のじゃんけんを教え合ったり、アメは好きだけど雨は嫌いという日本のダジャレを息子が一生懸命伝えたり。同じ場所に行くからと車に乗せてくださったご家族が、我が家から車で10分の所に住んでいる偶然があったり(子どもも同い年で今でも連絡をとっています^^)。

普段会うことのない人たちと出会うことも旅の楽しさ。良い旅になりました^^

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<

 


バスで旅する石垣島【前編】

この夏多くの災害がありました、地域の皆さまへお見舞いを申し上げます。
私も訪れたことのある場所があります、友人や友人の家族が住んでいる場所があります。
すべての地域に1日も早く穏やかな日常が戻りますよう心より祈っています。

こんにちは、ペコちゃんです。

夏休みに石垣島へ行ってきました。以前沖縄へ旅行したことがあって、いつか子どもたちと一緒にと夢みながら早数年・・・やっと訪れることができました。

●滞在中バスを利用しました

石垣島へ行くと話をすると、皆さんレンタカーは必須と教えてくださいました。広い石垣島、市街地はきゅっとまとまっているけれども、景勝地、観光スポットは島内に広がっています。車があれば行動範囲が広がり、時間も融通が利き便利ですよね。

なのですが・・・今回バスを利用してみました、理由は3つ。

①宿泊する川平湾周辺には飲食店があり、気になるお店が徒歩数分のところにいくつかあった
②今回の旅は腰を据えてのんびりしたかった。車があったら、私の場合あっちも行きたいこっちも行きたいと落ち着かないのではという心配があった。
③行きたかったお店へはレンタカーが必要だったのですが、大人気のため予約が取れず・・・ ならばバスにチャレンジしてみようとひらめいた

バスのみにした結果、悪くなかった!石垣島をバスで旅行される方はあまりいないでしょう・・・様子をお伝えしますね。

●路線バス

路線バスを運行している会社は2つ。東(あずま)運輸(東バス)カリー観光バスです。カリー観光バスは、空港~離島ターミナルのみの運行なので、観光の際は東バスを利用することになります。

こちらが、島の地図とバスの路線。

島の南にあるバスターミナルを中心として、ほぼほぼ島全体を網羅しています。バスターミナル前には離島ターミナルがあり、西表島、竹富島へのフェリーが出航しています。

こちらは路線図。12系統が色別され分かりやすい。

●お得なチケット

運賃は対距離制ですが、お得なチケットがあります。

「1日フリーパス」:大人1000円、子ども500円。全路線24時間乗り放題。

「5日間フリーパス(みちくさ)フリーパス」:大人2000円、子ども1000円。5日目の同時刻まで全路線乗り放題。例えば、9/1の15時に購入すると、9/6の15時まで乗車できます。下の画像の有効期間枠の右端15は15時を意味しています(左には月日が記されています)。

無記名シート券:1000円で1100円分のシート(100円、50円、10円のセットと、100円のみの2種類)。現金と合わせて利用できます。

空港往復割引チケット:石垣空港から石垣港離島ターミナル、バスターミナルまで大人1000円、子ども500円。通常片道540円(子ども270円)なので、少しお得です。

私たちは、島の北西にある川平湾周辺に宿泊したのですが、空港~川平公園前 片道大人790円 往復1580円。あと1回どちらかへ行けば優に元が取れてしまうので5日間フリーパスチケットを購入。

市街の宿泊先に滞在する場合でも、空港~バスターミナル往復1080円。そして、例えば青の洞窟もありシュノーケリングが盛んな米原ビーチまで往復1640円なので、とってもお得ですね。

バスターミナルの窓口や、乗車時に運転手さんからも購入できます

●難点は本数

諸々の観光スポットやビーチなどに繋がり便利ですが、難点が本数の少なさ

こちら全路線の時刻表がB4用紙裏表に一覧となっているもので、一気に見やすく便利。ターミナル窓口や、バス車内、いろいろなお店に置いてありますよ。PDFはこちら(西方面東方面)です(東バスのサイトより)。私たちのものは滞在中見過ぎてボロボロになりました。

本数が少ないので、予定をたてて行動することが大切になります。本数や路線などの制約があるので、やはりバスよりも車を利用する人が多いのだろうなと考えていたのですが、なんとバスは大体混んでいて、席は埋まり、立っているひともいつも数人いました。

家族連れ、学生の方々、外国から来た方々・・・お話しする機会もあって、旅の醍醐味を味わえました^^

長くなってしまったので、続きは次回に。観光スポットへのバス利用方法を具体的にお伝えしますね。ペコちゃんでした。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


受験生の母が選ぶ、勉強に役立つ見どころスポット@上野

こんにちは、ルーペちゃんです。

●受験生はただでは遊びに行かない

前回、上野の科学博物館で行われている「昆虫展」の様子をお届けしましたが、上野といえばドクタールーペのある鶯谷のお隣の街。
上野から北に向かう線路は左に90度に曲がっているので、上野ー鶯谷間は直線距離で1キロありません。
科学博物館ー鶯谷駅なら500メートル弱です。
お隣というか、もうほぼ同じ町内って言ってもいいんじゃない?!(そうかなぁ・・・)。
歴史の古い街だけあって、教科書頻出の人物・事柄にまつわる見どころがたくさんあります。
今回は昆虫展におでかけのついでに見て回りたい、受験生の母が選ぶ上野公園の勉強に役立つ見どころスポットをご紹介します。

●西郷隆盛像


高村光雲の作です。

上野といえば西郷さんの銅像。
これ以上はない有名スポットです。
が、上野公園のどこにあるか知ってますか〜?
地図で見ると駅の目の前の、人がバンバン通る場所にあるように見えますが、その場所に行ってみるとかなり寂しい感じがするのは(・∀・)ナゼ?
周りになんにもない上に、微妙に人の通り道から離れているせいかもしれません。
あと、「UENO3153」「さくらテラス」という商業施設に挟まれていながら、それらは上野の山の斜面に建っていて、西郷さんのいるところはどちらも屋上扱い、というのもあります。
詳しくはGoogleストリートビューでご確認ください。

この像、調べれば調べるほどいろんなトリビアが出てきます。
なぜ軍服じゃなくて普段着姿なのか、なぜ似ていないと言われるのか、なぜ犬は後からつけくわえられたのか、なぜ朝廷に反逆した西郷が銅像になったのか。。。
西郷隆盛が明治政府と袂をわかって、西南戦争を起こすまでの事情に理由があるようですが、そもそも幕末から明治にかけての敵・味方(幕府側・新政府側)の分け方ってすごく難しいんですよね。
たとえば長州藩などは、最初は天皇と仲良かったのにいつの間にか朝敵にされちゃって、薩長同盟を経てまた新政府側に戻ってるし。
誰がどっち側でどんな主義を持っているかバラバラだし、同じ藩でも違う考えの人がいますしね。
あーややこしい。
(その辺をドラマで上手に説明してくれたらよかったのになぁ。。。)

今年は明治維新から150年の記念の年。
受験でも出題はテッパンと言われておりますが、複雑さゆえうちの受験生も苦労している単元です。

●彰義隊の墓

明治維新に関係するもうひとつの史跡、彰義隊のお墓です。
旧幕府軍と新政府が戦った戊辰戦争の戦いのひとつ、上野戦争で亡くなった彰義隊の人々を祀っています。
「西郷隆盛像と距離近すぎない?」といつも気になります。
だって敵同士だったやん?
彰義隊にしてみたらずっと敵にお尻向けられてる状態だし、西郷さんにしてみたらずっと敵に背中狙われてる状態だし。
ま、長年これでやってらっしゃるので、お互いもう慣れたよってことでしょうか。

新政府側で上野戦争を指揮したのは長州藩の医師・西洋学者・兵学者である大村益次郎
この人の肖像画がウソでしょ?みたいな絵で。
死後に関係者の話を聞いて、お雇い外国人が描いたそうなので、もしかして想像や誇張が入っているのかもしれません。

たぶん「ものすごく頭が良かった」という話を直接的に表現しようとしたのでは。

私達がこのお墓の前で拝んでいたら、外国人観光客が「これって何なのかしら、有名なの?」みたいな感じで大勢寄ってきました。
徳川幕府、開国、明治維新、新体制と旧体制の対立、そして戦い。。。
英語でこれらのことを説明できる自信がさらさらなかったので、逃げるようにその場をあとにしました。
今から思えば「モニュメント オブ ラスト・サムライ」とでも言っておけばよかったかな。

●上野公園桜開花基準木

上野公園といえば花見。
上野公園の開花基準木がこちらです。

5〜6輪以上の花が咲いたら「開花」で、8割以上の花が咲いたら「満開」だそう。

サクラといえば受験頻出の植物。
中学受験生たるもの、「サクラ」と言われたら
被子植物・双子葉類・離弁花・虫媒花・バラ科・花びら5枚・がく5枚・おしべ多数・めしべ1本・胚珠1個
とすらすら出てこないといけません。
大人の( ・_・)σアナタ、意味分かりますか?
あの人(中学受験生)たち、これをいろんな植物ごとに一覧で全部暗記してるんですよ。
こわいでしょー。

●国立西洋美術館

東京都には世界遺産がふたつあります。
ひとつは上野の国立西洋美術館です。
世界遺産の正式名称は、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献」。

ドイツやフランス・ベルギー・アルゼンチンなど世界各国に残るル・コルビュジエの建築作品群を対象とした、大陸をまたいだ初の世界遺産です。

開館時間内であれば外観や庭は無料で観ることができます。
庭には、ロダンの「考える人」や「地獄の門」があるので、こちらもおすすめです。

ちなみに東京都にあるもうひとつの世界遺産、分かりますか?
小笠原諸島」です。
世界自然遺産であることと、小笠原が東京都ということを忘れがちなので、結構狙われるところです。

●科博常設展示


今更言うまでもありませんが、
恐竜、動物の剥製、地学、化学、科学などなどありとあらゆる理系の興味を満たしてくれます。
娘の年齢が上がるごとに興味の対象が変わっていく、という話を以前ここで書きましたが、今回食いついたのは宇宙の展示。
というのも、娘は天体の分野を苦手としており、「意味わからない〜!」と机の前で爆発することもしばしば。
ところがこちらの常設展示には、太陽や月と地球の関係を立体的に把握できる装置があり、自分で好きなように動かせるのです。

日食月食冬至夏至、思いのまま。
なるほど〜と強くうなずきながら、ずっとかぶりつきで動かしていました。

「スーパーカミオカンデ」の模型や実際の部品も展示してあります。
教科書で見たものを実際に見たときの驚きやインパクトがそのまま記憶につながってくれることを期待します。(強く期待しすぎないように。。。)


帰りは不忍池でひといき。
ちょうど蓮が見頃でした。
勉強関係なく、単純に楽しめるときが早く来るといいなあ!

みなさんもお子さんと一緒に遊び&勉強ができる上野周辺にお越しの際は、ぜひ鶯谷まで足を伸ばして、根岸通信でご紹介したお店にも行ってみてくださいね。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


特別展「昆虫」@科学博物館 魅惑の昆虫たち

こんにちは、ルーペちゃんです。
ルーペちゃんと娘が大好きな上野の科学博物館。
なにかというとお世話になっています。
科博の夏休みのお楽しみといえば特別展。
5年前には深海展に行った模様をこのブログでご報告しました
今年の科博は攻めてます、昆虫展ですよ。

特別展「昆虫」

香川照之さんの出演する「昆虫すごいぜ!」(Eテレ)が突き抜けてると話題になりましたが、私も放送を楽しみに観ていたひとり。
香川さんがオフィシャルサポーターを務め、番組とのコラボもあるとのこと。
田舎育ちで昆虫が苦手ではなく、むしろ好きな方の私達母子はわくわくしてでかけました。


公式ツイッターで混雑状況を確かめながら出かけましたが、平日の午後イチの科博は入場待ちもなくスムーズ。
最初の方の展示はさすがに渋滞が起きていたものの、そこを上手に回避すればほぼストレスなく観ることができました。

入ってすぐにあるのは巨大模型の部屋。
まるで自分が小さくなって昆虫の世界に紛れ込んだような感覚です。

これに血を吸われたら確実に命を落とすわ〜

これに刺されたら確実に(以下同)


ホウセキゾウムシの標本。
標本の並べ方にも個性があって面白いです。

大きさ順に丸く並べたカブトムシ。
デザインあ」に出てきそうな。


展示の一角に真っ黒に塗りつぶされた「Gの部屋」なるものがありまして、ご想像どおり、ゴキブリの展示です。
標本だけでなく生きたGも展示されていますので、嫌いな方が回避できるようにとの配慮です。
我々は当然中に入りましたが、思っていたほどの嫌悪感をもよおす展示ではなく、世界にはいろんなGがいるんだなあと感心したほどです。
「これイモトがレポートしてた」とか「これ森三中が食べてた」とかイッテQ由来の記憶もあり。

こちら生きたマダガスカルゴキブリ。
とても美しい、むしろ芸術的ともいえる写真に仕上がっているのですが、まあ観たくない方もいるでしょうから自粛します。
あまりゴキブリらしく見えないものをひとつだけ。

この真珠色に輝く虫もゴキブリですって。
名前がまた可愛らしい。
誰がつけたか「ニコニコゴキブリ」。
なんで?と思ってよく見たら、あ!ホントにニコニコしてる!(背中の模様)


メムノンフクロウチョウ」はフクロウに擬態する蝶。
ある日突然「フクロウの真似したら食べられないんじゃね?」って気づいてから、この模様を会得するまでの長い年月を思うと感涙を禁じえません(ウソ)。

この昆虫展で何と言っても圧巻なのが標本回廊
天井まで壁一面に展示された標本がずらーーーっと並びます。
大空間で昆虫に囲まれたひととき、お好きな方にはたまりません!

この隙間なくギッチリした感じがA型人間にはなんとも気持ちいい。

なのでこの部分、惜しかった。
ここまで詰めたなら、もうちょっとなんだからあきらめないで!。

好蟻性昆虫のブースではイラストレーターのいずもり・ようさんによる4コママンガで分かりやすく面白く生態を解説していました。
なんともぬらっとした面白さ、お伝えしたいのですがうまく言えないので足を運んでくださいとしか!
ちなみにいずもりさんは「信州大学理学部生物学科を卒業後、出版社に勤めながら活動」なさっていたそうで、デフォルメしつつも正確な印象の絵はそういうことかと納得。

最後は、昆虫の体のしくみを利用した科学技術についての展示。

青色に輝くモルフォチョウは、青色の色素を持っているわけではなく、鱗粉の反射によって青色の光の波長のみを強調し、青色に見えています。
その構造を模した繊維を「モルフォテックス」といいます。
ただの白いドレスが、光を当てることで青色に輝くのです。

写真だとわかりにくいかな〜。実物はもっとキレイです。
これが色素による発色ではないというのが驚き。

もうひとつは「モスアイ構造」。
昆虫の複眼(トンボとか、たくさんの目が集まって一つの目になっているやつ)の特徴で、低反射性というのがあるらしいですが、詳しい説明はムニャムニャムニャ、とにかく余分な光をカットして、反射しづらくしているのです。

左の額縁は光が反射して一部見えづらくなっていますが(「虫」の字のところ)、右は全く反射していません。
この技術はテレビの液晶画面などに応用されているそうです。
昆虫すごいぜ!

たっぷり展示を楽しんで、最後はショップでお土産探し。
これもまた展覧会の楽しみのひとつです。
私が買ったのはこちら!

マグニフィクスホウセキゾウムシ」のキーホルダー。
中に入っているのは本物の虫の標本です。なので当然裏もあります。

美しいわ〜。下手な宝石より美しいわ〜。
アクリルに閉じ込めて鑑賞するあたり、なんだか銀河鉄道999の機械伯爵のようでもありますが、長くかわいがるので許してくれい。

片っ端から自分で写真を撮りまくってる5歳位の男の子や、子供がぐずっても上の空で展示を凝視するお父さんなど、観覧者それぞれが昆虫を思う存分楽しんでいましたよ。

ちなみに見終わっての私の感想は、「カミサマは細かいとこまでよく作ったな〜」です。
普段はどうしても人間が中心の考え方をしてしまいますが、この深遠かつ複雑な昆虫の世界を覗き見ると、「虫たちは虫たちの業界でいろいろやっている」ことに改めて思いが至ります。
そしてそれは地球上に存在するすべての生けるものたちも同じ。
カミサマから見たら、みーんな、平等なのでしょうね。

特別展「昆虫」
2018年7月13 日(金)~10月8日(月・祝)
午前9時~午後5時(最終入場は各閉館時刻の30分前まで)
※金曜、土曜日は午後8時まで


東京駅で駅弁を食べられるのはどこだ?!

こんにちは、ルーペちゃんです。

GWはみなさんどうお過ごしでしたか?
ドクタールーペはお客様に請求書をお送りする関係で、必ず月初に数日出勤日があります。
GWも例外ではなく、5/1,5/2,と出勤しました。
平日ながら世の中的にはお休みの人が多いようで、電車や町はガランとしていました。
驚いたのは舞浜駅が、むしろ普段の平日よりも空いていたこと。
みんなが一斉に「GWは混むから避けよう」と思ったんでしょうか。
町にも電車にもTDRにも人がいない、みんなどこに行ってしまったの?

●安定の大混雑、東京駅で駅弁を買う


フー、人がいっぱいいて逆に安心。逆にってなんだ。
はい、乗り換えで東京駅にやってまいりました。
歩くのも困難な人混み、ガンガンぶつかるスーツケース、様々な言語(方言)で話す人たち、これぞ「ザ・GWの人混み」です。
今日はこの東京駅に目的があります。
駅弁を買って食べるのです。

というのも、この日はヒラコ社長もペコちゃんも早く上がってしまい、私ひとり飯。
事務所の近くで食べようか、家の近くまで我慢しようか、どこか途中で食べようか。。。
と、そこで先日テレビで見た駅弁特集を思い出しました。
そうだ、東京駅であの駅弁を買って食べよう!
(もう冒頭に写真が出てしまってますが)

というわけで東京駅中央通路にやってまいりました。
目指すお店はこちら。

駅弁屋 祭

「全国各地の有名駅弁や人気駅弁に加えて、オリジナル駅弁や期間限定駅弁のほか、店内のライブキッチンで作る「できたて」の「あたたかい」駅弁などを200種類以上取り揃え、まるで「毎日が駅弁祭り」のような華やかで活気溢れる駅弁専門店です。」(ホームページより)

ここに来れば全国各地の有名駅弁を一箇所で買うことができるという、”どこでもドア”か”とりよせバッグ”に匹敵する夢のようなお店。
GW中だけあって、店内は人人人。人波が渦巻いています。
店頭には、こちらで手に入る駅弁の食品サンプルが展示されています。

ゾクゾクする。。。
もう一回言うよ、ゾクゾクする。。。

一度食べてみたいなあと思っていた駅弁をつい寄りで撮影してしまったりして、
ちょっと恥ずかしいけどでも、こんな目の正月、見逃せない!

●ルーペちゃんが一度は食べてみたい駅弁シリーズ

突然ですがここでスピンオフ企画、
「駅弁屋祭さんの食品サンプルから選んだ今無性に食べたい駅弁」でっす。

【福井の「特選かにめし」と北海道「森のいかめし」】

こらっ、こんなワルを並べて置くなんて、さては確信犯だな。
こんなのを見ちゃったらもう両方買うしかないでしょう。
個人的にはかにめしのかにみそがまぶさった部分が辛抱たまらんです。
いかめしの甘辛醤油味とかにめしのさっぱり味とで永遠に食べ続けられそう。

【高崎名物「鶏めし」】

ヒラコ社長が当然のように「登利平」さんの鶏めしを勧めるのでこちらの鶏めしを食べたことがないのですが、いくつかの駅弁ランキングを見ると必ず上位にランキングされていて気になります。
(たとえばこちら→『マッキー牧元が選ぶ「東京駅で買える弁当ベスト5」』)
甘辛い味付けの鶏肉は間違いないですからね。
業務連絡、社長今度はコレ買ってきてください。

【大船軒「伝承鯵の押寿司」】

こちらは東京の多くの駅でも買える鯵寿司ですが、そう言えば食べたことがないなと。
美味しいに決まってるので今度新幹線に乗るときにでもビールのお供に買ってみよう。
鯵寿司といえば「買えるか買えないか分からない」といわれるほどレアな、修善寺の「武士のあじ寿司」
も一度食べてみたいものです。

●さあどこで食べようか

いよいよ食べますよという段になって、困りました。
東京駅に自由に弁当を広げられる場所が見つからないのです!

驚くことに、検索してもほとんど出てこないんです。
ショッピングモールではフードコート的な場所は絶対あるものなので、今回調べてみて意外でした。
そういえばここモールじゃないや。駅だったよ。
とりあえずグランスタに行ったら何かあるかもしれないと地下に向かいました。

すると銀の鈴広場の手前に「東京駅ステーションコンシェルジュ」というコーナーを発見。
コンシェルジュの美しいおねえさんに買ったばかりの弁当を見せ、「駅弁を食べられるようなベンチはありますか?」と聞いてみました。

彼女は二箇所教えてくれました。
びゅうスクエア前か銀の鈴広場がございます。ただし、銀の鈴広場にはテーブルはありません。

●やっと駅弁が食べられる場所発見

念のため銀の鈴を見てみましたが、なるほど横長のベンチが置いてあるだけでテーブルはありません。
しかもGWの混雑で隙間がない。
かろうじて隙間が空いたとしても、ここで駅弁を広げるためはそこそこ強い心臓が必要です。

そこで、先ほどのコンシェルジュのすぐ近くにあるびゅうスクエア前にやってきました。

テーブルあった〜。
しかもラッキーなことに私の目の前で席が空き、即テーブル(σ´∀`)σ ゲッツ!!

いそいそと駅弁を開けます。
私が購入したのはこちら!ババン!

厚岸のかきめし
「あっけし」って声に出して読むと美味しさが増しますよ。
はい皆さんご一緒に、「あっけし」。

でかいでかい、かきがでかい。
火を通してこの大きさを維持しているって、生の状態ではどんだけでかいの。
まずは、かきの出汁が染み込んだ茶色いご飯だけをひとくち。
出汁とご飯の甘みで舌の味蕾を開いたところで、本丸のかきをがぶり。
一口で食べるのはもったいないので、半分にかじります。
こんなに火が通っているのに、かき本来のミルキーな味が失われておらず、口の中に磯の香りが広がる。
そしてすかさずまたご飯を。
なんて幸せな繰り返し。

最後はキッチリ一口分のご飯とかき一粒を残して、計算ピッタリ。
はあ美味しかった、ごちそうさまでした。

●びゅうスクエアの居心地は

写真に写っているのは、いわば「盲腸部分」でして、この横に広いエリアがあるのですが、いずれにしても「通路脇」のガチャガチャした雰囲気のところです。工事中だし。
お世辞にも落ち着いて思索にふけることができるような場所ではありませんが、東京駅で買った駅弁を今すぐ食べたい!というときには便利です。
トイレとグランスタのすぐ近くという利点も。
駅だけあって座っている人の入れ替わりが早いので、わりとすぐ座れます。
しかし、東京駅のリニューアル完成の際にはちゃんとしたフードコートエリアを作って欲しいですね。

コンシェルジュのおねえさんが言及しなかったテーブルエリアも帰り道に見つけました。
グランスタから地上一階に上がってすぐのところにある「ecute TOKYO サウスコート」前にも同じようなテーブルと椅子のエリアがありました。
ただこちらは新幹線乗り場が近いためか競争率が激しい様子。
すぐ座りたいなら地下に降りた方が確実です。
この情報が東京駅で駅弁を食べたい方々のお役に立てたら幸いです!

びゅうスクエア
東京駅構内図(1F)

東京駅構内図(B1)

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<