Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

さよならランドセル、元気で。

こんにちは、ルーペちゃんです。

●Childhood’s End

受験追い込み期、受験本番、そして(大金が飛ぶように消えていく)中学校の入学手続き、涙の卒業、娘遊びまくり←今ここ\(^o^)/

な感じの日々を過ごしていたので、年末からこっち、人生で一番かもと思うほど大変でした。
こんなに親が関われるのは最後だから、とよく言われましたが、
確かに受験が終わってからの娘は、あんなに世話になった親に後ろ足で砂をかける勢いで、友達一番、遊びダイスキ、に変わりました。
私や夫が近づくと「シッシッ」と言わんばかりに嫌がります。
ついこの間まで「ママ大好き、ありがとう」が口癖だったのに。。。
これがかの有名な「Childhood’s End」というやつなのですね。

●娘は親元を離れます


実は娘が進学するのは遠く九州の学校。
4月から寮生活が始まります。
こんなに早く親元を離れるとは私も想像していませんでしたが、
彼女自身が決断したことなので、あとは応援するだけです。
色んな人に聞かれますが、そりゃあ当然寂しいです。
毎日何かしらのきっかけで泣いています。

でも、たぶんここから先の道は私が彼女を導くべきではないのです。
彼女がこれから出会うたくさんの人と歩いていく道なのです。
親バカながら思うのは、すでに彼女の中には人生を導く「正義」ができあがっているので、私たちがその正義の拠り所になっていればよいのではないかと。
寂しいけれど、不安はありません。

●さよなら、小学校

思えば幼稚園でもそうでしたが、引っ越しして全く知らない人ばかりの中にポンと放り込まれた小学校で、娘はよく頑張りました。
同級生は穏やかで優しい子が多かったので、男の子女の子分け隔てなく、子犬のように遊んだ小学生時代でした。
楽しかっただけに、ひとつひとつ名残惜しくて仕方ありません。
学校から持ち帰ってくる大量の荷物、普段だったら躊躇なくごっそり捨てるタイプの私でも、さすがに手が止まります。
娘が初めて作ったフェルトのペットボトルカバー、ネットで図案を探したなぁ。

夜なべして作った防災頭巾カバー。
綿はぺっちゃんこだしあちこち擦り切れてるし、大事に使ってくれたんだなあ。

習字も上手になって。。。グスッ

あー片付けが進まない!

●ランドセルとさよならする


小学校の思い出の品の中でもラスボス級の大物といえばランドセル
雨の日も雪の日も猛暑の日も、これを背負って学校へ通ったと思うと
もうそれだけで愛しくて仕方ありません。
でも、もうさよならの時間です。
思い出の品に埋もれて暮らしていくわけにはいきません。

随分前から決めていたことですが、ランドセルは寄付しようと思っていました。
できれば日本の子供に渡ればいいなぁと思っていたのですが、
国内ではお金での寄付を募集するところがほとんど。
ランドセルという特別なものは新品を与えてあげたいということや、
中古も程度があるので選別や処分が大変だからという理由のようです。

海外へ寄付するプロジェクトがいくつかある中で私が選んだのは、
ランドセルは海を越えて
クラリーノで有名なクラレが主催する、アフガニスタンへランドセルを寄付するプロジェクトです。
TOKYO FMとコラボして毎年こんな番組もやっています。
クラレ”ランドセルは海を越えて”presents 明日への旅立ち

アフガニスタンといえばタリバンによる恐怖支配から解放されたあとも貧困が続くイスラム教の国。
タリバン政権が倒れたあともなお女性の地位が低く、激しい差別を受けていると聞きます。
女性の地位を向上させる方法は男性にも女性にも、教育しかありません。
ひとりでも多くの子が教育の機会を得られることを願って、私も娘のランドセルを寄付します。

●送れるランドセルの条件

豚革が使われていないこと。
イスラム教の国なので、豚革はご法度です。
発送ボランティアの皆さんもチェックしてくださるとはいえ、送る前に調べられるならぜひ。
金具が壊れているもの、布やビニール製のものは不可。
当然、普通に使用できるものに限ります。

サイトから申し込みをすると、発送の詳細が書かれたメールが届くので、それに従って梱包・発送します。
宛先倉庫までの送料は自己負担。
ランドセルの中に文房具を入れて送ることもできます。

●ランドセルも私たちも第2章へ

ランドセルを買いにいくときの車の中の会話。
鏡に映るランドセルを背負った自分を、少しとまどった顔で見ていた娘。
お店に入ってほぼ即決でこのランドセルを選んだこと。
今でもよく覚えています(写真撮ってるんだけどね)。

こんなに小さかったのに、今では私より背が高くなって、もうすぐ私の元を離れて行くのです。
6年てあっという間。
ランドセルが遠い外国で新しい持ち主と新しい学校生活を始めるように、
娘も私も、それぞれ新しい生活を始めるのです。

桜も開花しました。
みなさま良い春を。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


自称「最強」?!山梨の方言~甲州弁てすごいズラ~PART3

テレビドラマ。
今回のクールで、相当面白い!と思って観ている『面白南極料理人』。
出演者が最高、毎回毎回爆笑あり、クスッとした笑いあり、そして涙もあり。
こういうマニアックな感じがたまらないと思う、マニアックな梨子ちゃんです。
ちなみに出演者の一人、マキタスポーツさんは山梨出身で、ご実家があったところは梨子ちゃん在住の市、マキタスポーツさんのおじさまに当たる方は梨子ちゃん母の高校時代の担任だそうで。
山梨の星、マキタスポーツさん!
応援しています。

●甲州弁講座、続編

自称「最強」?!山梨の方言~甲州弁てすごいズラ~PART2

今回はこちらの方言の数々のご紹介を。
例文⑧:ちょびちょびしちょ!

意味:調子に乗るな・いい気になるな・でしゃばるな・ふざけるな
ちょびちょび→調子に乗る、いい気になる
しちょ→する、の否定形
山梨県人メモ:よく皆さん言うのですが。。。ちょびちょびを標準語には直せん!と。『ちょびちょびは、ちょびちょびだ!』と。ニュアンスってやつですね。

例文⑨:このおばかっちょ!

意味:このおばかさん
山梨県人メモ:このばか!と普通にいうよりも、その相手に愛情があり可愛げがある時に使う。関西で言う『アホ』と似ている(←メジャーな方言に寄せてしまっているという。。。)

例文⑩:ほんねんだたらにやっちょし

意味:そんなにむやみやたらにやるな
ほんねん→そんなに
だたらに→むやみやたらに
やっちょし→する、の否定形
山梨県人メモ:だたらにやっちょし、のだたらは、ちょっと『やけくそ』的要素が入っている気がします。だたら嬉しい~!は、めっちゃ嬉しい、超嬉しい、の意味。

例文⑪:好きっつーこんけ!

意味:好きっていうこと?
つーこん→ていうこと・ていうわけ
山梨県人メモ:冗談交じりに『あたしのこん(私のこと)好きっつーこんけ?』とは言えても『私のこと好きなの?好きっていうこと?』って標準語になると『だたら』恥ずかしくなるのはやっぱり梨子ちゃんが山梨県人だからでしょうか。ってこんな場面に遭遇しないもんで分からんつーこん!

例文⑫:犬がくっつくぞ!

意味:犬に嚙まれるぞ!
くっつくは『付く』の意味ではなく『噛む』とか『刺す』を指します。
山梨県人メモ:山梨では、『蚊に刺される』ではなく『蚊にくわれる』『蚊にくっつかれる』と言います。ちなみに『くっつく』のイントネーションは『つ』ではなく『く』を一番強く発音します。

例文:⑬みぐせえジャッシーだ

意味:カッコ悪いジャージ
みぐせえ・みぐさい→カッコ悪い・ダサい・みっともない
ジャッシー→ジャージ
山梨県人メモ:なぜに、ジャージのことをジャッシーと言うのか、梨子ちゃんも勉強不足で分かりません。(諸説あり) どうやら期間限定?な方言らしく、梨子ちゃんやその上の世代は知っていますが、現役女子高生の梨娘に聞くと『ジャッシーなんて言わない。なんかダサい。』そうです。

例文⑭:ささらほうさらじゃん

意味:めちゃくちゃ・ひどいことが続く状態
山梨県人メモ:標準語で一番近いのは『踏んだり蹴ったり』だと思いますが、やっぱりそれだと伝わらん。。。と梨子ちゃんの周りは言いそうです。

例文⑮:てっ!

意味:え!・あら!
山梨県人メモ:ビックリした時の反応として出る言葉。以前流行った朝ドラ『あまちゃん』の『じぇじぇじぇ』と同じ。『てっ!』より『ててっ!』の方が驚き度が大きく『てててっ!』が最上級と思われます。ちなみに梨子ちゃんの祖母は『ててっ!てぇ~れっ!』と言い、梨子ちゃんの中ではこれが最上級です。

例文⑯:こぴっとしろし!

意味:ちゃんとしなさい・しっかりしなさい
山梨県人メモ:こちらも、朝ドラ『花子とアン』の中で主演の吉高由里子さんがセリフとしてよく『こぴっとしろし!』と言っていました。が、吉高さんが言うとやっぱりカワイイ。。。

例文⑰:いいさよー

意味:いいよ
山梨県人メモ:これはかなり使用頻度が高い言葉。ただ『いいよ』と言われるより『いいさよー』と言われると安心するのはきっと梨子ちゃんだけではないはずです。『いいさ、いいさ』や『いいだ、いいだ』なんて言う方達もたくさんいます。

例文⑱:ありっかねえら

意味:あるわけないだろ
山梨県人メモ:もう、ちょっとこれは、喧嘩売られているような感覚に陥ります。口調もかなり強めに言うので、怖い、です。『そんなこと、あるわけないでしょ』って言われるのと『ほんなこん、ありっかねえら!』って言われるの。。。皆さんはどうでしょうか。。。

●これからも親しみを持って

さて、2回にわたってお伝えしてきました甲州弁。
まだまだ奥が深く、お伝えしたいことが山ほどありますが。
またの機会にお伝えしていこうと思います。
『ブサイク方言ナンバー1』なんて言われていますが、使ってみると、親しみが湧いてやっぱりいいものです。
機会があったら皆さん、生の甲州弁を聞きに山梨県へ是非お越し下さい。
以上、梨子ちゃんがお伝えしました。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


にわちゃんが写真館で学ぶ、子供写真の撮り方のコツ

こんにちは、にわちゃんです。
先日、次男が1歳の誕生日を迎えました!
2人目となるとあっという間ですね。
全然、成長を見届けられていないような…
知らないうちに寝返りして、知らないうちにおすわりして。
長男のときは『初めて〇〇できた日』の日付をノートに書いていたのに。
部屋の飾り付けも誕生日前日までにあれこれ準備していたのに。
この差って一体。。
これがにわちゃんがズボラなだけでなく、世の中の『2人目以降あるある』であることを望みます。。。

●写真館で写真撮ったらいいんじゃない?

それでも何か爪痕を残したい。
以前ママ友から
『ちょっとオシャレな写真館に行ってきて、すごくよかったよ!』と教えてもらったことがあり、気になっていました。
すぐに調べたところ、予約が1ヶ月先までいっぱいの人気ぶり!
幸いにも次男の誕生日はもっと先だったので、その場ですぐに予約しました。

いよいよ誕生日当日。
行ってみると、
スタジオアリ〇やスタジオマリ〇みたいな「看板バーン」な外観を想像していたのですが、こちらはオシャレな一軒家風の建物。
第一印象でウキウキが高まります。

子どもの衣装は私たち両親の服装を見て店員さんがコーディネート
着せたい服をここから選んでくださいね、という流れを想定していたので、これは優柔不断なにわちゃんにはとてもありがたいポイントです。
そしてさすがプロ!という瞬間をここから何度も垣間見ることになります。

●『はい、撮るよー!』って撮らない

撮影が始まると、
『こっち見てー!にこーって笑ってー!』と、必死に言っている普段の自分との違いに真っ先に気づきました。
おもちゃで遊ばせたり、クイズを出したりして、子どもの楽しい時間を作りながらパシャパシャ。
(ちなみに長男は、『アンパーンチ!やってみてー?』と言われてとっても嬉しそうに『メロメロパーンチ!!』とやっていました…笑)
子どもは写真を撮りにきたのではなく、遊びに来たと勘違いするくらい、夢中になっていました。

●正面だけじゃない、全身だけじゃない

例えばこの写真

後ろ姿でも、絵になるー!


顔が隠れていても、かわいい写真になるー!

『顔が見えないと失敗作』という、すり込まれていた先入観が見事に吹き飛ばされました。
「顔が見えなくても語りかけてくる写真」というのは確かにあるのです。

●とにかくたくさん撮る

撮影に行った翌日にはもう郵送でデータが届きました。
imgファイルの数字を見るとおそらく1,000枚は撮っていたと思われます。
その中から100枚に絞られていました。
動きがあればあるほど連写して良い写真を厳選してくれているんですね。

なんか親バカに子どもの写真ばかりになってしまいましたが、写真館のクォリティに驚いた!というのを今回伝えたかったです。


現在の我が家の壁。
『部屋に飾りたいな』と思わせるだなんて。。
もう一度言わせてください、クォリティの高さが、ワタシにそうさせました。

●残したいのはどんな瞬間?

写真として残したい瞬間ってどんなときですか?
考えると、にわちゃんは自分のよりも大切な誰かのためにそう思うことが多いように思います。
子どもが生まれてからはやはり子どもの節目節目のとき。
あとは両親が還暦を迎え、そのお祝いに親戚一同集まって集合写真を撮ったとき。
後日撮った写真を眺めながら、写真っていいなと再認識しました。

写真を撮るのも撮られるのも苦手だったはずの父が、孫に向けて慣れない手つきでスマホでパシャっとしてるところを見たときはウルっとしました。

●記念日はぜひ写真館へ

今はスマホでも、とても綺麗な写真が撮れますよね。
自分が子どもの頃と違って、当たり前に携帯しているスマホの存在。
思い立ったらその瞬間をすぐにパシャっと撮れます。

写真館へわざわざ写真を撮りに行くこと。
にわちゃんはしょーーじき、正直に言いますと写真にそんなお金かけなくてもいいんじゃない??って思っていました。
でも、自分たちの記念の1枚を誰かにおめでとうって微笑んでもらいながら撮ってもらうとき。
そのシャッター音すらドラマチックで、想像以上に非日常的で、幸せを写真館の人たちと共有しているようにすら感じました。
特別な一日が、もっと特別になるような。。。

またぜひ利用したいと思っています。
が!しかし
先ほどの発言から矛盾してしまいますが、我が家のお財布事情からいくと次回は長男の七五三かなー…。。(°_°)
今回写真館にて学んだ子どもの写真撮影の心得を肝に銘じ、自らの手でステキな1枚を!
惜しむことなくパシャパシャ撮って腕を磨いていこうと思います!

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


根岸通信【22】新顔なのに貫禄の味「TaRiTo」

こんにちは、ルーペちゃんです。
久しぶりの根岸通信、久しぶりすぎてこのお店はすでに紹介したと思い込んでいて、ずいぶん放置していました。
実は12月に訪れたときの写真なので、もし今と違うってとこがあったら現状優先でお願いします!

それは根岸柳通りの「Happy Diner Tokyo」さん経由の情報でした。
柳通りの居酒屋「福徳」さんが閉店するにあたり、ご近所のママさんがその店を引き継ぐことになったと。
お子さんがいらっしゃるお母さんがいきなり飲食店を始めるのは大変なことも多いでしょうから、すごいなぁよく思い切ったなぁというのが聞いて最初の印象。
しかも福徳さんと言えば、根岸柳通りにふさわしい非常に硬派な感じの「The・居酒屋」な雰囲気のお店。
そこを若いママさんがどうやって自分の店にするのか興味がわきます。
そこで開店間もなく、みんなでランチに繰り出しました。

キレイなグリーンの暖簾とオレンジの看板で若返りました。

でも「福徳」の提灯はそのまま店先に。

カウンターとテーブル席が3つ。
少人数のお客さん向きなこじんまりした落ち着くお店です。
お店の中にも福徳さんののれんが飾ってありました。
どうやらご店主は義理を重んじる人のようです。

その日は総勢4人でカウンターに座りました。
ルーペちゃんの無言の圧力により、4人それぞれ違うものを注文。
(だってその方がネタになるし!)

 


このお店のスペシャルティ、「からあげ」。
大きいゴロッとしたからあげが5個にご飯と味噌汁で700円。
なかなかのボリュームです。
厨房に下揚げをした白い状態のからあげが仕込んであります。
注文を受けるとそれを二度揚げするので、アッツアツが出てきます。
揚げたてでまだジワジワ音を立てているからあげはそれだけで嬉しいもの。
コンビニほど味が濃くなく、お母さんのからあげほど薄味でもない、絶妙な味加減。


こちらは「しょうがやき」700円。
脂が甘くやわらかい豚です。
材料は国産にこだわっているとのこと。


ほんじつのやきさかな」も700円。
自分が食べてないので何の魚か忘れました。
見た感じホッケ・・・?


私が食べたのは「おにぎりらんち」500円。
さすがにからあげ5個はキツイな〜と思ったらちょうどいいメニューがありました。
おにぎり2個とからあげ2個、卵焼きにキャベツサラダにお味噌汁。
内容も量も、中年女性のランチにこれ以上はないハマり具合。

さらに「誰かが握ってくれたおにぎり」というのが泣かせます。
自分も「おにぎりを握るお母さん」ではありますが、そのお母さんですら、誰かが握ってくれたおにぎりを食べると、自分の母親のことを自動的に思い出すのです。

なんだろう、全体に懐かしいこの感じ
どこかで食べたようなこの味。
というのも、偏見かもしれませんけど。
「主婦(素人)が始めたばかりの飲食店」というのは、だいたいにおいて味がまだこなれていなくておっかなびっくりの味付けというか、プロの味になりきれていないことが多い印象だったのですが、こちらのお店は開店したばかりだというのに、味に迷いがなくて堂々としているのです。
もう何十年もやっているような定食屋さんの味がするのです。


ご店主に話を聞いて納得しました。
このお店を始める前は、近所の小学校で給食を作る仕事をしておられたとのこと。
味に迷いがないのも即納得。
このどこか懐かしい、でも家庭の味ともまた違う堂々とした料理は給食調理で培われたものだったのです。

美味しくてリーズナブルなお店が多い入谷近辺でも、この700円の定食は一歩抜きん出るお値打ち価格。
柳通りがまた賑わってうれしいです。

TaRiTo
東京都台東区根岸3-18-21


長男の足にしもやけが!治療と予防について

こんにちは、にわちゃんです。
ある休日、長男が主人と外遊びをしていたら、『みずふーせんやりたい!!』と言い出しました。
『こんな寒い日はやらないよ〜』と言っても、まぁ当然ですが納得せず。
渋々水風船を作成している主人を横目に、にわちゃんは見て見ぬふり。。
手が真っ赤になって、かじかんじゃうのにね〜(¬_¬)

皆さんは冬になると、こういうことが困る…という何か、ありますか?
乾燥による手の指のあかぎれ、唇カサカサ・肌もカサカサ・膝小僧カサカサ。
入浴時の、お風呂と脱衣所との温度差。。
なんか家の中で着込んで肩がこる。。。

にわちゃんは子どもの頃から足の指がよくしもやけになっていて、しかも大人になった今でも毎年なります。
そんなしもやけ、自分のことはたいして気にしていなかったのですが、一昨年の冬、ふと長男の足の指にしもやけを発見し『えっ、キミも?!( ゚д゚)』と驚いてしまいました。

昨年も、そして今年も、長男の足の指は赤く少し腫れ上がっている部分がありました。
どのくらいかゆかったり痛かったりするのかもわからないので、とりあえず早めに病院に連れて行きました。
一応本人に聞いたところ『いたくない』『かゆくない』とは言っているのですが。。。
自分の身体ではないし、子どもはどの程度の痛みや苦しみを言葉で表現してくるのか、いまだにわからないんです。
このしもやけに限らず、
ちょっと目をパチパチさせたり
ちょっと肌にブツブツができたり
ちょっと鼻水が止まらなかったりすると心配ですぐ病院に連れて行ってしまいます。
にわちゃんは、小さな命の異変に一人毎日ビビっているのです( ;∀;)

●しもやけとは

【凍瘡】(とうそう)の俗称で、寒さや冷えなどからくる血行不良による炎症のこと。
耳たぶや手足の先など末端部の血管の細い部位になりやすいそうです。
症状としては皮膚が赤く腫れたり、かゆくなったりするのが特徴です。

ん?
長男を見ていると、外に出かけると耳や頰も斑点のような赤みが出てくるんです。
気になってはいたのですが、これもしもやけってことなのでしょうか!

●しもやけの原因

寒いところに長時間晒されたこと+いろんな要因が絡んだときに発症すると考えられます。
例えば遺伝的なもの、気温差の激しい住環境、食生活、あとは手足など洗ったりしたときに水分がきちんと拭かれていない状態、など…

にわちゃんも長男もウエッティ?いつも手足が湿っぽいので、それももしかしたら、しもやけの原因かも…。
スーパーのポリ袋も簡単に口を開けられます。
(そこだけが手が湿っぽくて便利だと思うところです…。)
湿った状態で寒いところにいると、それが冷えてしもやけを発症してしまうんですね。
それにしても遺伝的なものがあるとはビックリです。
てことはにわちゃんのせい?!と思ったら主人もしもやけによくなるって。
ひょいっと足を見せてくれました。
知らなかったよ。あまり興味なくてごめんね(°▽°)

●しもやけの治療法

ビタミンEには血行促進の作用があるので、塗り薬や飲み薬での治療があります。
長男は一昨年も昨年も、病院でビタミンEの塗り薬を処方してもらいました。
すぐに治るわけではありませんが、悪化はしなかったかな、という印象です。

ちなみに食事ではビタミンEを多く含むカボチャが良いそうですよ。
長男・次男とも、カボチャにきな粉をかけるのがいま、ブームなのでチャーンス(^u^)

●しもやけ予防

ずばり、しもやけになりやすいところをあまり冷たい空気に晒さないことです。
帽子も、耳と頰まで覆うものを被せているし、
玄関が寒くて冷えていると思うので、靴はリビングの暖かいところに置くようにしました
冬でも足は汗をかいているので、外遊び帰宅後に靴下を履き替えるようにしています。


現在3歳のわが子。
このしもやけに限らず、気持ちを言葉で伝えられないことがきっとたくさんあるのでしょうね。
それでも、「あしのおくすり、ぼくもぬりたい」と言って、小さな人差し指で口をとがらせながらじっと患部を見つめて「ここね??よくなーれ、よくなーれ」とぬりぬりしています。

きっと長いお付き合いになるであろうこのしもやけさん、予防のためにしてあげられることが多いので、今後も症状をなるべく最小限にしてあげたいと思います!

参考:
「凍瘡について」メディカルノート
「ひふの病気」日本臨床皮膚科医会

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<