ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

障がいのある人が働く施設、ファールニエンテに行ってきた【後編】

こんにちは、ペコちゃんです。前回に続き、横浜市泉区にありますファールニエンテさんのご紹介です。

●どれもおいしいんです!!

敷地内の畑で小麦や野菜を栽培し食堂やベーカリーで使っているファールニエンテ。パスタもピッツアもサラダも美味しくて口コミでお客さんが増え、週末はもちろん平日も並んでいます(食堂は11時オープン、少し前に行って待つか、遅めのランチをおすすめします)。

いただいたメニューはこちら。キッズセットにはパスタとピッツアがあります。ドリンクとクッキーがついて600円。

ネコかな?チーズマヨコーンのピッツア。

ミートソース。

クッキーはベーカリーで購入もできます。

生ハムとほうれん草のペペロンチーノ サラダドリンク付1300円。上にのっているとうがらしは隣りの畑でつくられたもの。

こちらは以前いただいたもので、しらすとトマトのピッツアです。

ピッツアは生地が柔らかくてもちもち、何ものせずそのままでも食べたいくらい。自家製の小麦を系列の障がい者施設「共働舎(きょうどうしゃ)」(横浜市泉区)にある石臼で製粉しています、石臼を使うことで香ばしい小麦になります。直径30cmほどの大きいピザなのですが、ぺろりと食べられてしまいます。普段あまりパンなど食べない甥っ子ももぐもぐ食べあっという間に完食。

ピッツアもパスタも旬の具材をメインにしたおすすめメニューがあります。その日にとれたものでつくられるので、日によっておすすめが変わります。(畑にはいんげんの花が咲いてきていたので、もう少しで食堂に並ぶかな)

時間をずらしたランチは比較的空いているのでおすすめですが、その日限定メニューが売れてしまうのが悩ましいところ。

●働いているのは・・・

大きな窯があり席からも見られるところでピッツアが焼かれています。そこでピザを焼いている方、そして水や食事を運んでくれた方、隣りのベーカリーのレジの方、畑やハーブやお花を育てている温室にも障がいをもつ多くの方がサポートするスタッフの方と一緒に働いています。お客さんにおいしかったありがとうと声をかけられてはにかみながらうれしそうな表情が印象的です。

サポートするスタッフの方々とのやりとりを見かけることがあります。パンの袋の入れ方、お客さんへの伝え方、お花の植え替えのこと、丁寧に伝えているけれども、べったりと構い過ぎず、でも分かりやすい言葉で、優しいけれども、優しすぎないその様子がとても自然で、必要なサポートをするけれども、過保護ではなく、障がいを持つ子の親の立場の私にとって、学ぶことがお店に行くたびにたくさんあります。お店も、働く皆さんもキラキラしている。

●ファールニエンテの意味

Far nienteはイタリア語。英訳はdo nothing、「なにもしない」を意味しています。そこにいるだけで満ち足りる、優雅な時間を過ごすことのできる場所

お店の案内に、「誰もがお互いを認め、そこにただいることのできる空間を目指す」とあります。「そうなったらいいな」ではなく、「目指す」。このような空間を普段なかなか見つけることは出来ません。「私たちが作っていく」という強い気持ち感じます。

●イベントもあります!

ゴールデンウィークには、いろいろな参加型イベントが計画されています。決まったらHPにアップされるので興味ある方覗いてみてください。今までは草木染め、陶器に自分の好きな絵を描く、ガラスの模様付け、食堂にもたくさん飾られている(購入もできます)麦わらで作るヒンメリ作りなどがありました。我が家も参加する予定です、今から楽しみなペコちゃんでした。


小麦畑の石窯ベーカリー&食堂 Far niente(ファールニエンテ)
横浜市泉区和泉町1011-1
電話:045-392-3225
ベーカリー 10:00~18:00
レストラン 11:00~18:00(L.O17:00)
定休日:木曜日(臨時休業、営業時間の変更もあるのでサイトをご確認ください)
横浜市営地下鉄「下飯田駅」すぐ
相鉄いずみ野線「ゆめが丘駅」より徒歩8分
駐車場完備

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


障がいのある人が働く施設、ファールニエンテに行ってきた【前編】

こんにちは、ペコちゃんです。

4月ですね。入学、入園そして進級の皆さまおめでとうございます。我が家も小学4年生、2年生になりました。ついこの間入学したと思ったのに・・・このままいくとあっという間に卒業式が訪れそうです。

●娘の進む道を考える

娘のいる個別支援級では、年に数回開催される懇談会を利用して、卒業された先輩お母さんに来ていただきお話を聞く時間を作ってくださっています。その時驚いたこと、何と多くの方が小学校入学後すぐに中学校卒業後の進学先やその先の就職先などを調べたり見学に行っていること!!

1年前、小学校生活もはっきりイメージできていなかった私には衝撃的でしたが、早めに進路先の様子を知ることで将来進む道をゆっくりと考えることができるそしてそのために必要なことを、余裕を持って準備ができるのです

それからは意識して「障がいのある人が働く場」に行くようにしています。今日はその中のひとつ、横浜市泉区にあるファールニエンテさんをご紹介します。

その前に・・・「障がいのある人」といっても人それぞれ、タイプがあります。小学校進学時でも、支援学校か学区の小学校普通級か個別支援級と選ぶように、学校卒業後に進む道もわかれます。「進む道」を考えていく中で色々な専門用語が出てきて私は最初?マークがいっぱいだったので、少しご説明しますね^^

●ファールニエンテは障害福祉サービス事業所

ファールニエンテは主に知的に障がいのある人が働く障害福祉サービス事業所で、社会福祉法人開く会が運営しています。

障害福祉サービスとは、障がいを持つ人の日常生活において困難なことに対して支援をしてくれるものです。訪問介護や施設入所などの生活補助、そして自立のための訓練や就労に関する日常活動支援

ファールニエンテで働いている障がいを持つ皆さんは、日常活動支援サービスの就労継続支援AまたはB型就労移行支援のその人に合わせた「訓練等給付」を受けています。

・就労継続支援B型

一般企業などで働くことが困難な人に働く場を提供し、知識や能力の向上のために必要な訓練を行います。リハビリをかねた働く機会と場所を提供するサービス。労働に対して賃金が支払われます。

・就労継続支援A型

B型と同じ支援ですが、大きな違いは事業所と利用者が雇用契約を結ぶことです。その地域の最低賃金が保障されています。

・就労移行支援

一般企業などへの就労を目指すための支援が受けられます。事業所によってですが、資格取得のための勉強や経理などを学べるところもあります。

これらの支援サービスを受けるためには、各種療育手帳が必要です。その上で、その人がどう働いていきたいか、適性はどれかなど学校の先生や市町村の担当の方との話し合いで受ける支援が決まります

障がいの重さによって分けられているのではないことは、ひとりひとりを見ていただいているということ、うれしいです。障がいの「軽い」人が、むずかしいことをできるというのではなく、むしろ困難なこともあったりします。その人の得意なこと、合うことを考えてもらえるこの機会ありがたいです^^

●いざファールニエンテさんへ

予備知識をお伝えしましたので、参りましょう。横浜市営地下鉄下飯田駅を出ると、目の前に見える緑に囲まれた三角屋根、小麦畑の石窯ベーカリー&食堂 ファールニエンテ(Far niente)さんです。駐車場もあるので、車でも大丈夫。

入口入って右手がベーカリー、左手がパスタやピザ、デザートの食べられる食堂。食堂というよりも、カフェやイタリアンレストランと呼ぶ方がしっくりくる雰囲気です。

こちらが案内図です、広い敷地に小麦や野菜畑、ハーブ園があり、食堂やベーカリーで使うものを生産しています。

敷地内は自由に散策できます。夏に向けてこれから畑がどんどん賑わっていくそうですよ!

 

いんげん(小麦が挟むように植えられていますが、害虫からいんげんを守るため)

サニーレタス、パセリ、小麦。空いているところは、今日食堂のサラダになったサニーレタスが植えられていたところ。

他にも旬の野菜や小麦の生産、お花などの植物の栽培、畑やガーデンの手入れ、パンを作ったり、ピザを焼いたり、接客といったすべての作業に障がいのある人が携わっています

長くなってしまったので続きは次回に。いつ行ってもお客さんでいっぱいの食堂、メニューなどもご紹介しますね!

小麦畑の石窯ベーカリー&食堂 Far niente(ファールニエンテ)
横浜市泉区和泉町1011-1
電話:045-392-3225
ベーカリー 10:00~18:00
レストラン 11:00~18:00(L.O17:00)
定休日:木曜日(臨時休業、営業時間の変更もあるのでサイトをご確認ください)
横浜市営地下鉄「下飯田駅」すぐ
相鉄いずみ野線「ゆめが丘駅」より徒歩8分
駐車場完備

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


フラワーアレンジメントのレッスンを受けてきた!

こんにちは、ペコちゃんです。今週末は絶好のお花見日和ですね。私は先日フラワーアレンジメントのレッスンを受けてきましたよ。

●gracegroanさんでレッスンを受けました

埼玉県の浦和駅から徒歩15分にお店があり、生花販売はもちろん、ウェディングなどのブーケ、イベント装花もしています。こちらは我が社のシステムを担当してくださっている会社がオーナーのお店なのです。お話を聞いたり、サイトやフェイスブックでの写真を見ていて、お花の美しさにいつもうっとり。季節のお花を使ったアレンジメントレッスンをされていると聞いて伺いました、浦和に住む伯母と一緒に。

目的は2つ、伯母(自分も)へのお誕生日プレゼント、そして昨年夫をなくした伯母の気持ちが少しでも癒えるようにと願って。

こちらがgracegroan(グレイスグロウン)さんです。浦和駅から向かって、埼玉県庁の真裏。武蔵野銀行さんのお隣にあります。外観からステキな雰囲気、いい空気の流れるお店でした。

●レッスンスタート!

今回受けたものは月ごとにその季節の花を使ったレッスン。3月は春のお花を使いパープルをメインカラーにしたシックで大人の雰囲気のあるフラワーアレンジメントです

用意されていたお花はこちらです。もうこのままで美しくて、アレンジしなくても、と思ってしまう。

手前左から、ヒヤシンス、ラナンキュラス、チューリップ、フリージア、スカビオサ(松虫草)、スイートピー。それぞれの花言葉や別名、特徴などをお話ししてくれるので、花に詳しくない私は一気に愛着がわいてきます。色々なパープルがあるんだな。

教えてくださる野口さんはお店のコンサルタントをされている男性で、穏和な方でした。ごめんなさい、ちょっとかっこつけた感じの方をイメージしていたのですが、全然ちがいました・・・ まず先生が説明しながら作っていきます。


先生の手さばきに惚れ惚れ。丁寧に優しく花に触れていて、花を想う気持ちが伝わってきます

せっかくついている茎を切ってしまうのはもったいない気がする私ですが、茎を短くした方が水分をスムーズに吸水しやすいのでお花は長持ちするそうです。

鮮やかなアレンジに見とれているうちにあっという間に完成し、私たちの作る時間になりました。花の形やバランスを考えての順番があるのでその通りにさしていきます。

先生に質問しながら、他の生徒さんや伯母と話しつつも無我夢中になっていたらしく途中の写真がありません ^^;
完成したものがこちらです。

花をさす緑色のスポンジ、オアシスの目隠しになっている葉はわせび。おもしろいことに、同じ花、同じ器を使い、先生の説明を聞いて順番通りにさしているのにそれぞれのアレンジメントの表情が違うんです。かわいらしかったり、几帳面だったり。

●楽しくてたのしくて

本当に楽しくて笑 きれいな花を見ているだけでうれしいのですが、実際に触れて、花を見てバランスを考えながら(自分なりに)さしていくとどんどん集中していき、「無」の状態になりました。完成したときには達成感と、すっきり清々しい感覚

●伯母は・・・

伯母には、フラワーアレンジメントに一緒に行こう!と誘ったのみで、思いは話していませんでした。フラワーアレンジメントも今までしたことがなくて、やや緊張しながらの参加だったのですが、優しくて、包容力のある先生に安心してレッスンを受けていました。

まもなく伯父の一周忌、大切な人がいなくなってしまうことそれだけで悲しいのに、伯父は長患いすることなく倒れてからあっという間のことだったので、伯母は気持ちが追いついていなかったと思います。この1年ずっとふさぎこんでいたのですが、レッスンを終えた後久しぶりにすっきりとした顔を見ることができました。伯母も、楽しかったとともに、しばらく続いていた頭痛がなくなったと驚いていました。

私も、母をなくしたときにいただいた花々に救われました。それまでお花に特別な興味はなかったのですが、気持ちに寄り添ってくれることにびっくり、花の力って大きいと知ったんです。今回もお花に、そして先生に感謝です^^  ちなみに、ヒヤシンスの花言葉は「悲しみを超えた愛」。偶然にも伯母にぴったりでした^^

fresh flowers kitchen gracegroan
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-12 1F
Tel:048-762-9507

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


恐竜レストランに行ってきた!

こんにちは、ペコちゃんです。

年末から娘が放課後デイサービスに通っています。障害のある児童(小学生・中学生・高校生)が学校の授業終了後や長期休暇中に通うことのできる施設。施設ごとに特色があり、娘の通う所は平日はお菓子作りや工作をしたり、公園で遊んだり。休日は少し足を伸ばしたところへ遊びにいったり、食事に行くことが多いです。

子どもたちが興味を持てるしかも入場料などあまりかからない、かつそんなに遠くないところを見つけてくれます。知らない場所も多くて、こんなところがあったのか!といつも感激。その中のひとつ恐竜レストランへ家族で行ってきましたよ。

●太古の恐竜に出会えるレストラン

神奈川県大和市にあります『太古レストラン酒場DAINOSAUR』さん。車が便利です。ちなみにDainosaur(ダイナソー)=恐竜です。

夕方に行ったのでライトアップがされこの迫力!入ってすぐ数匹の恐竜がお出迎え。隊員に扮したスタッフの方が席へ案内してくれます。広い店内には20体の恐竜がいるので、あっちこっちと目がキョロキョロしてしまいます。柵があるので足元にはご注意を(ペコ太郎はやはり転びました)。

ペコちゃんたち頼んだものはこちら。大体のメニューは2~3人前なので、シェアしました。
「恐竜の巣サラダ」卵がまるで恐竜の卵のよう・・・かた焼きそばの麺が、グリーンサラダと細切りキャベツのゴマドレッシング和えの上にのっております。

「ダイナソー火山カレー」噴火している・・・ 甘口カレーですが、お願いすると火山のエキス(多分辛みエキス)を別皿でつけてくれます。サラダもカレーも貴重な葉物野菜が沢山盛られています。

そして、お子様ランチ大好きな娘は「ちびっこレンジャーランチ」。そしてこちらにもワイルドなキャベツ。このお皿はレジ前にある恐竜グッズ店で購入できます。

ランチもディナーも1人1ドリンクオーダー制です。ペコちゃんはノンアルコールカクテルの「太古の休日」を。バナナとキウイに一手間加えたとありましたが、多分ミルク。その3つをシェイクしたものの上にホイップクリームとチョコレートソース、恐竜のチョコがのっていました。

酒場というだけあって、お酒やおつまみメニューが充実していましたよ。一時運行中止中ですが、大和駅からの送迎バス(タイムマシーンと呼ばれ外が見られないようになっています)もあります。
お料理は想像以上に量が多かった・・・ どうしても恐竜に夢中になって食事が二の次になってしまうので、頼みすぎにもご注意。残してしまったら、持ち帰りのケースをいただけますよ。

●恐竜は・・・

店内に20体生息しています。しかもそれぞれが動く(歩きません)。ホームページに動画が公開されているのでぜひご覧ください(こちら)。中国で作られているそうで、大きくて、動きがリアル。鳴き声を聞くこともできます。一部の恐竜をコラージュしてみました。名前分かりますか??

●隊員さんがおもしろい!

平日のディナータイムでお客さんが少なかったので、化石発掘をされる隊員さんからいろいろとお話しを聞くことができました^^ 昨年はカナダ、今年はニューメキシコへ発掘に行かれるそうです。化石を発見しても単独では発掘してはいけないらしく、必ず最寄りの博物館へ連絡し専門スタッフと一緒に行うとのこと。恐竜好きの息子たくさん質問して、それぞれ丁寧に教えてくださいました。お兄さんの話を聞きにまた行きたい!と話しています。行かれるときにはお話しお聞きすると楽しさ倍増です^^

●恐竜に乗れる!!

そして何とトリケラトプス、ブラキオサウルスに乗ることができます。歩いて店内を一周できるのですが、残念ながら今は体調を崩していて乗るのみ。近いうちに復活できそうと聞きました。楽しみです(食事をひとつ注文すると1ポイント、3ポイントためると乗れます)。

復活したトリケラトプス、ブラキオサウルスを乗りに、そして隊員さんのお話しを聞きにまた行こうと思います。平日ランチや週末は混雑するそうなので事前予約がおすすめです。春休みにいかがでしょうか?ペコちゃんでした!

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


訪問入浴と逆さまつげ手術の料金は・・・

こんにちは、ペコちゃんです。先日ペコちゃん2つの記事で、祖母が利用している訪問入浴のこと、娘が逆さまつげの手術を受けたことをお話しました。
どちらも料金について記載していなかったので、今日は両方の料金とともに訪問入浴を受けられる条件についてお伝えしますね^^

まずは介護保険についてご説明・・・訪問入浴は介護保険サービスのひとつなのです。
ペコちゃんは祖母がサービスを受けるまで、介護保険について知識は何もありませんでした^^;

●介護保険とは

健康保険と同じように国民皆さんが40歳になった月から加入して保険料金を支払い、介護が必要な人が適切な介護サービスを受けられるように支える仕組みです。

もちろん介護保険料をきちんとおさめていることが必須ですが、65歳になったときに介護保険制度を利用できる「介護保険証」が、自宅に送られてきます
ただ、それだけでは介護保険制度を受けることはできません!

あくまでも、「介護を必要とする人」のための仕組みなので、利用のためには「介護が必要な状態である」という認定を受けなければいけないのです。
これを「要介護認定」と言います。

要支援1~2、要介護1~5という合わせて7つのレベル(要支援よりも要介護が重く、数字に比例して必要度が上がります)に区分されていて、専門員の審査を受け、このうちのどれかに認められることが介護保険制度を利用する条件になるのです。

65歳以上の方が要介護認定を受けられますが、40~64歳の方でも国の定めている16種類の特定疾病(※)のいずれかがあると診断されている方も、同じく認定が受けられ制度を利用することができます。

※特定疾病:それらが原因で身体が不自由になった人は、「要介護」「要支援」の認定を受けることができます。16種類あり、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、初老期における認知症、パーキンソン病など。

●訪問入浴介護を受けるには

下記の条件が必要です。

  • ・65歳以上で、要介護1~5の認定を受けている
  • ・40~64歳で、指定されている特定疾病のいずれかがあると診断されている
  • ・医師から入浴許可が出ていること

そうなんです、要介護の方のみです。
けれども要支援の方でも、家にお風呂がない、感染などの理由があって外のお風呂に入れない場合に限って訪問入浴を受けることができます。

●料金はどうやって決まるか

各介護保険サービスの料金は、地域区分(※)によって設定されている単価に利用したサービスの単位をかけたもので決まります。(自己負担によってその1割か2割を支払う)

地域ごとに設定された単価×利用したサービスの単位×0.1(または0.2) =利用料金

※地域区分:地域における物価や人件費の差を考慮したもので、それを介護保険に反映させるために設定された区分。1~7級、その他の8区分。単価は1級が一番高い。

ペコちゃんの住む横浜市は2級地で、単価は11.12円。訪問入浴(スタッフ3人)の単位は1234。
そして自己負担金は1割です。つまり・・・

11.12×1234×0.1=1372円
1回につき利用料は1,372円です。(銀行またはゆうちょ銀行より毎月引き落としされます)

居住の市区町村によって地域区分は変わりますし、事業所によっても各サービスの単位はかわるので利用の際には要チェックですよ。

●そして逆さまつげの手術、入院費用は

介護保険について長くなりましたね、なので逆さまつげのは簡潔に。
逆さまつげの手術は、保険適用されます。

横浜市では「小児医療費助成」(所得制限)があり、0歳~小学三年生まで通院、入院、処方薬について負担はありません(小学四年~六年は、通院は上限500円、入院、処方薬は自己負担なしです)。

今回娘は2泊入院し手術を受けました。
手術、麻酔、診療、入院、食事療養で約3万円の計算でしたが、自己負担は食事代の実費1,080円(1回360円×3回)でした。

もちろんこちらは年齢、お住まいの市区町村によってかわります^^

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<