ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

ガサガサかかと、削ってみたら?

こんにちは、ルーペちゃんです。
いやー、春来ましたね。

来週の今頃はお花見の話題でもちきりでしょう。
私が花粉でズビズバしている間に、世間では着々と春の準備が進められていたようです。
気づけば娘も今日が修了式。
年明けから始まった塾にあたふたしている間に、もう学年も変わろうとしています。

春って私は昔からあまり好きじゃないんですよね。
なんだかハフハフしませんか。
新生活に向けてキラキラしている人がたくさんいるので、それを見て焦ったり落ち着かなくなったり自分を省みて落ち込んだり。
「お前は変わらなくていいのか―?」と問われているようで心臓がキュッとします。
娘が進級して成長していくのも嬉しいことですが、一方「いつまで一緒に遊んでくれるんだろう」と不安になる気持ちもあったりして。あー子離れできるか心配!

●とはいえ季節は進んでいく

・・・のですよ。
春が来たからには夏もまもなくってこと。
女性にとって夏の準備といえば、1に体型、2にムダ毛、3,4がなくて5にUV対策、というところでしょうか。
忘れがちですが8くらいに「かかとのお手入れ」なんてのも入れたいですね。
うっかり忘れると、「今年初めてサンダル履いちゃおう♡」という日に玄関先で悲鳴をあげることになります。

美容的な側面のほか、衛生的な面でも気になります。
私は通販番組を見るでもなく流しっぱなしにするのが好きなのですが(変な趣味だな)、季節柄最近よく紹介されているのが高機能掃除機。
芸能人などの部屋を掃除して最後にホコリを積み上げて、「ほーらこんなに」ってやる、例のアレです。
そのときたまたま見ていた番組では布団に掃除機をかけていました。
すると驚くべきことに、1人分の布団から出たホコリと、部屋を掃除して出たホコリの量が同じくらいだったんですよ!ε=ε=ε=ヾ(;≧Д≦)ノぎゃあぁあっ!!
ちなみに布団のホコリって、人間の皮膚がほとんどらしいですね。。。(ぞ~)
ガサガサかかとからどれだけの皮膚が擦り落とされているか、想像するのもイヤだ。。。

●ドイツの職人技をあなたのかかとにも

私も乾燥肌族の一員として、毎年見事なガサガサかかとを完成させています。
ひび割れる人、岩石のように固くなる人、いろいろありますが私は大根おろし型です。
かかと一面に小さいトゲが生えたように鋭い突起が現れます。
裸足でじゅうたんの上をあるくと、「バリッ、バリッ」とイヤな音が。
靴下のかかとはすぐ薄くなるし、薄いストッキングなんか履いた瞬間にダメになるくらい。


数年前、ネットでコーンプレーンという道具を見つけました。
コーンプレーン、日本語で言うと角質削り器です。
薄いカミソリの刃で固いかかとや魚の目を削るという、人に言ったら引かれそうな道具。
ただ、Amazonのレビューが尋常じゃない高評価なんですよ。
42件のレビューがついて☆が平均4.6(現時点)。
買った人たちはとにかく大絶賛。
本体はちょっとお高くて3000円強しますが、これだけの高評価なら何かがあるはず、と思って購入してみました。

ツヴィリングヘンケルス社・ドイツ製。
主婦には包丁やハサミで有名なメーカーです。
持った感触はしっかりとしていてシリコンの滑り止めもついており、握りやすい。
作りは単純で、スケバンが持っていたような(イメージ古っ)カミソリ刃を器具の先に挟み、野菜のピーラーのようにかかとを削ります。

といっても絶妙に計算されたカーブとほそーい隙間のおかげでべろんとむけることはありません。
たとえるなら岩塩を削るようにジャッジャッと粉が出てきます。

人間の皮膚を削る、と聞くだけで拒否反応を感じる方もいるかもしれませんが、フットケアサロンや医療機関でも行われる治療法ではあります。
かかとを固いままで放置しておくとヒビがひどくなったり、水虫になったりすることもあるそうなので、このように手軽で効果のある方法が家庭でできるのはありがたいです。

●使ってみた実感

結論から言うと、「買ってよかった使ってよかった」。
全く痛くないので、軽石でこするのとそれほど気持ちの上で差はありません。
少しずつしか削れないので私の場合は20分ほど削り続ける必要があります。
角砂糖1個分ほどの粉が出ましたよ。。。お見せできないのが本当に残念です。

しかもこれのすごいところは、固くないところは削れないようになっているところ。
やっていると気持ちよくなってついやりすぎてしまいがち。
ですが、どういう仕組みかわからないけれど、固くない普通の皮膚の部分は、刃がひっかかって削れないのです。
すごいぞ、ドイツの職人技!

ネット上ではお風呂上がりにやるべきという意見と、お風呂上がりはNG、という全く反対の意見があります。
個人的にはお風呂上がりにやると削りすぎてしまって痛い目にあうことがあったので、乾燥しているときに削るようにしています。

これを使ったからといってすぐに「すべすべふわふわ赤ちゃんのようなかかと」になるわけではありません。
乾燥しきってあとは剥がれ落ちるのを待つばかりの皮膚のターンオーバーを助ける、くらいの気持ちです。
なによりじゅうたんの「バリッ」がなくなるだけでもかなりストレスが軽くなります。
自分のかかとでじぶんの足をひっかいて「痛っ」とやっていたりしましたからねえ。
頻度はそれほど多くなく、一回やると数ヶ月もちます。
なのでひと冬に2,3回ほどでしょうか。

替刃10枚つき。両刃なのでこれだけあれば何十年ももつはず。

ガサガサかかとは小さいながらもストレスがたまるものです。
ストレスだけでなく、ひび割れがひどくなると歩くのも辛くなります。
この器具は特に技術もコツも要らず、簡単に効果的なお手入れができるので、お悩みの方は一考の価値ありと思いますよ。

ルーペちゃんでした。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ウォーターハンマーってなんだ?

こんにちは、ルーペちゃんです。
はぁぁ、今年もなんとか確定申告、すべりこみで終わらせました。
転勤大家のルーペちゃんは、持ち家を貸して自分たちはよそで借りて、という住まい方。
もうかりまっかと問われれば、ぼちぼちどころか火の車でっせ、と言っています。
「貸して借りて」のプラマイゼロではなく、貸した収入には税金がかかるからです。
今年はさらに入居者さんの入退去があったため、確定申告の手続はますます複雑でした。
このテマヒマも経費に含みたいわ〜。

●f(?_?) ナニ?この音

さてそんな感じの賃貸暮らしをしているルーペちゃんですが、やはりどこかで「ひとんちだし」という意識があります。
ちょっとの不具合は目をつぶってしまい、積極的に改善しようという気がしないのです。
「こんなことで文句言って、うるさい入居者と思われると困るしな〜」と、自分が我慢して済むならそれで終わらせようとするのです。
しかし入居して1年4ヶ月、ずーっと我慢していた私がとうとう重い腰を上げて管理会社に電話をかけたのでした。
それは一体なにかというと。

ルーペちゃんの寝室は洗面所と隣り合っています。
洗面所は私たちの入居前にリフォームしていて、新しいものを入れてくれていました。
いわゆるシングルレバー水栓というやつで、お湯と水をひとつのレバーで調節できるやつです。
洗面ボウルはシャンプーができる深く大きいもので、ここで大きなものを手洗いできたりするので、この部屋の中で私が気に入っているポイントのひとつです。

入居して間もないある休日、私が寝室で惰眠をむさぼっていると、天井のあたりから「カン!」という金属っぽい音が聞こえました。
水道管を鉄のハンマーで叩いたときのような甲高い音です。
しかもしばらくの間連続して鳴るのです。
「近所迷惑だなぁ、どこの部屋だよ」と苦々しく思ったら、どうも我が家の洗面所で水道を止めるタイミングで鳴るのです。

●それ、ウォーターハンマーやで

それは「ウォーターハンマー(水撃)現象」と呼ばれるものでした。
シングルレバー水栓の増加や水の急停止を伴う家電・器具の増加、高層住宅の増加による水圧の増加などの原因によって、昨今増加している問題だそうです。
水の流れを急激にストップさせることにより、配管内の圧力が高まり衝撃波が発生、音が生じるとのこと。


水の流れだけでずいぶん大きな音がするものです。
しかも夫は深夜帰宅、早朝出勤と不規則な生活なので、とんでもない時間にガンゴンガンゴン鳴ってしまいます。
寝ている私が起こされてしまうのは当然ですが、ご近所にどのくらい響いているか想像するのもコワい。。。

さすがに近所迷惑だろうと思い、蛇口を閉めるときはゆっくり静かに閉めるよう家族に言い含めてみても、さすがに毎日頻繁に使うものなのでそれは不便すぎます。
色々試してみて、お湯を使ったときだけ鳴ることが判明したので、夏はお湯の元栓を閉めて洗面所でお湯を使えないようにするなどしてみました(寒い時期はさすがに文句が出ましたのでしぶしぶ開けました。)。

●とうとう修理を依頼

二度目の冬を迎え、さすがにもうお願いした方がいいだろうということで、不動産管理会社に連絡しました。

ちなみにこのウォーターハンマー現象を放置しておくと、水道管が破損して水漏れしたり給湯器のセンサーが壊れたりすることがあるそうです。
その場合、不具合を知っていて放置していた賃借人の責任になるので、もし同じ現象が起こっている賃借人さんがいらしたら、私のようにグズグズせずに早急に不動産屋さんに連絡してくださいね。

洗面台の下はこのようになっています。

お湯と水と別々の配管があって、これが水道の蛇口でひとつになるのです。
水道屋さんはちゃっちゃっと作業して、両方の配管に水撃防止機を取り付けてくれました。

作業時間はものの数分です。
が、その後ウォーターハンマーが思ったように直らなかったらしく、調整を続けること30分。
ようやく「そんなに気にならないかな?」くらいのレベルまで音がおさまったので確認に呼ばれました。

「まだ音しますけどね。。。」と水道屋さんは納得行かない様子ですが、大きな音に悩まされてきたワタシ的には夢のように静かになったと感じます。
水道屋さんの話で、私の住むマンションの他の部屋でも何軒かウォーターハンマーの修理をしていたことが判明しました。
同じマンションなんだからそりゃそうか!
「築20年超えてるから古さが原因なんですかねえ」と聞くと、水道屋さんは「施工が悪いんだよ!」と一蹴。ハハハ。

「完全に音が消えてなくなるわけではないので、なるべく水道は勢いよく全開で使ったり、勢いよく閉めたりしない方がいい」とのことです。
私や娘はそんな使い方はしないのですが、何しろ夫が常に全力でそういう使い方をするんですよねえ(怒)。
水道に限らず、ドアの開け閉めとか足音とか全てにおいて生活雑音が大きいんですよねえ(怒)。

●マナーは忘れずに

帰りがけ、水道屋さんが「流しの下、開けてくだすってありがとうございました」と言いました。
へ?何のこと?と聞き返すと
からっぽにしてくださったので作業しやすかったです」と。
えっそれって当然じゃないの?だって開けていないと作業できないじゃないですか。
最近は荷物入れたまま頼む人も多いですよ」ですって。
びっくりしました。
今の日本人、そんなことになってるんですかぁ〜?

たしかに私もこれだけの荷物を出すの面倒でしたけど、頼んだのはこっちだし、当たり前じゃないですか。
「入れっぱなしのときはどうするんですか」と聞くと、
「出さなきゃできないから出すけど、しまうのはやりません」とのこと。そりゃそうだ。

もっと言えば、洗面所という性質上、床の髪の毛などはきれいに掃除して、

作業していただく場所のホコリはとっておく位の最低限の気配りは忘れたくないものです。

ちなみに、水撃防止器のとりつけは、モンキーレンチがあれば自分でも簡単にできます。
水撃防止器はAmazonほかネットでも数千円で買えますし、取り付け方はメーカーのサイトで動画で紹介されていたりしますので、持ち家でウォーターハンマーにお困りの方はぜひDIYで。

以上、ルーペちゃんでした。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


子育ての最終目標ってなんだ?〜高大接続改革から考える〜

【年末年始休業のお知らせ】はこちら

こんにちは、ルーペちゃんです。
日々寒さが厳しさを増しております今日このごろ、みなさまお元気でお過ごしですか。
先日事務所に向かう途中の住宅街で、こんな幸せそうな猫サマを見かけました。

気持ちよさそうだなぁ。
この構図どこかで見たような気がすると思ったら、12年前に私が恵比寿で撮った写真を思い出しました。

この猫、よく会うので顔見知りでした。
懐かしい。。。今はどうしているのかな。

●秋は塾の説明会が目白押し

ルーペ家の娘ちゃんは現在小学4年生。
中学受験をする予定です。
最近の中学受験は「小学3年生の2月から塾に入る」のが主流のようです。
ただ、私が中学受験を経験していないだけに、そんな歳から娘を勉強漬けにする覚悟がなくて。
放課後友達と遊ぶのを何よりの楽しみにしている娘だけに、せめて4年生のうちまでは思う存分遊ばせてやりたいと、この1年は通信教育の◯会で自宅学習に取り組んでいました。
(ところがさすが難しくて有名な◯会、通信教育とはいっても質量ともに相当なもので、それなりに勉強に忙殺された一年でした。なので目論見通り”思う存分”遊べたかどうかは疑問が残ります。。。)


さていよいよ来年から塾に通って本格的な受験勉強を、とこの秋は遅ればせながらさまざまな塾の体験や説明会に足を運びました。
チラシやサイトを見ているだけでは分からない塾それぞれの雰囲気や子供たちの様子を実際に見ることができ、かなり違いがあることが分かりましたので、やはり自分で見てみるのが一番だと思いました。
体育会系にビシバシしごいてほしいご家庭もあるでしょうし、のんびりした子にじっくり付き合ってほしいご家庭もあるでしょう。「授業についていくために家庭教師が必要」というくらいハイレベルな塾もあると聞きます。

いずれにしても「ここは子供の個性に合っている」と保護者が納得した塾が一番です。
短いながらも濃密な付き合いをするはずの塾ですから、信頼関係がないと何かとギクシャクしますしね。

●同じ話から始まったふたつの講演会


さて、いくつかの説明会や塾主催の講演会をはしごしていたところ、興味深いことがありました。
異なる塾の、一方は説明会、一方は著名な学校の校長先生を招いた講演会の冒頭が、全く同じ話題から始まったのです。

それは、ニューヨーク市立大学教授のキャシー・デイビッドソン氏による予測で、時折記事や書籍に引用されることがあるのでご存知の方も多いかもしれません。
「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

政府の日本経済再生本部の「産業競争力会議」でも取り上げられたこの言葉は、「時代に追いついていない教育」を糾弾し改革をすすめるための旗印にもされています。
すなわち、「これから見たこともないビッグウェーブがやってくるぞ」と。

コンピュータやAIの発達に伴い、これから新しく生まれる仕事もあれば失われる仕事もあり、むしろ失われる仕事がますます多くなる。
将来の社会には、超ホワイトカラーと超ブルーカラーの二種類しかいなくなる。
あなたのお子さんはどうしますか?
という話にもっていくわけなんですね〜、塾の方々は。


まあセールストークを抜きにしても、実際これからの社会の変革はものすごいものになります。
そしてそんな社会に対応するための教育を行うよう、大幅な大学入試改革、政府の用語でいえば「高大接続改革」が行われようとしています。
分かっているだけでも、2020年からセンター試験が廃止されます。
そして現在の小学4年生、まさに娘の歳の子たちの代から、改革後の大学入試試験が実施されます。
面接や小論文はもとより、集団討論、プレゼンテーション、活動報告書や学修計画書の提出、おそらく英会話も。
そしてその試験もすべてコンピュータを使って行われるに違いない、と言われています。

私なりの解釈ですが、これからは単に難しい問題を解く力だけを問われるのではなく、その人の生きる力がどれほど強いものなのか、を学校側が計る試験になるのだと思います。
好奇心、問題解決力、集中力、自制心、根気
たとえ学歴がなくても、上のようなものを持っている人が社会でタンターンと駆け上がっていく姿を私たちは何度も見たではありませんか。
それをこれからは、学校に入るときに持っているかどうか試しますよ、ということです。

●生きる力

話を戻して、2つの講演会のうちの「著名な学校の校長先生」のお話の中で、「日本の若者の自己肯定感の低さ」が印象に残りました。
これも政府の「教育再生会議」で調査結果が報告されています。
リンクを貼っておくのでお子さんをお持ちの方は特にご覧になっていただきたい。
「自分が好き」「人並の能力がある」「自分は役に立たない」などの設問に各国の子供が答えるのですが、
まあ日本の子供の自己肯定感の低さはびっくりします。
大人がそうだからと言われれば何も言えませんが。

その先生はアメリカの大学でも教えた経験をお持ちで、
「アメリカでは学生を褒める言葉のバリエーションが豊富だが、けなす言葉はほとんど使われない」そうです。
実際に単語を並べてくださいましたが、30くらいの言葉が画面いっぱいに並んでいたのに対して、けなす言葉は3つ4つ。

そういえばアメリカに住む姉の話で、高校生の甥と姪の先生もイヤってほど褒めてくれるので気分がいい、と言っていました。
授業中に「あなたは数学の天才だ、あなたがいなければ困る。これからも私を助けてほしい。」って先生が言うんですってよ。すごいほめ力。
そらーアメリカ人自信満々になるわ。

●子育ての最終目的とは


お話くださった先生いわく、「褒めることは親の価値観を伝えることだ」とのこと。
子供は自分の行動を褒められることで自然と親にとって望ましい行動を自主的にとるようになる。
褒めることをせずに禁止ばかりしていると、子供は自主的に行動することをせず指示待ち人間になる、と。

子育ての最終目的は親がいなくても子供が生きていけるようにすることです
という言葉にハッとしました。
日々つまらないことに目くじらを立てたり、中学受験なんか今後の人生に必要なんだろうかといまさらながら迷ったり、フラフラした頼りない親ですが、そんな親に頼らないで生きていけるようになればそれでオッケーなんです。
社会や制度が変わろうと、それに順応していける力、生きる力を持たせてやりたい、と思います。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


季節の美味しい果物を長く楽しむ方法

こんにちは、ルーペちゃんです。
11月に降った雪、みなさま被害はありませんでしたでしょうか。
ルーペちゃんは被害というほどではありませんが、こんなことがありました。
・ユニクロ創業祭で安かったので服を買うが、レジが大行列なので取り置きしてもらう
・取り置きは当日のみで取りにこなければ翌日棚に戻される
・当日取りに行けなかったので翌日朝一番で買いに行こうと思う
・翌日は雪で、ビビリのルーペちゃんは車を出せず
・翌々日取りに行ったら目的の服はまんまとなくなっていた

これも雪による被害のひとつ。。。ではないな!

●温州みかんを長持ちさせるには

以前から何度か書いていたような気がしますが、ルーペちゃんには愛媛に親戚があります。
愛媛県の愛南町という、日本有数の柑橘産出地域です。
一年中なんらかの柑橘が採れるので、2ヶ月に一度くらいの割合で様々な種類の柑橘を送っていただきます。
大変ありがたい話ですが、もっとありがたいと思うのが、その親戚というのは
「ルーペちゃんの姉の旦那さんのご両親」なのです。
関東地方の感覚で言えば、もはやかなりの割合で他人ではないでしょうか。
こんな遠いつながりのルーペちゃんに2ヶ月に1度みかんを送ってくださるその愛情の深さ、愛媛に足を向けて寝られません。

河内晩柑、夏みかん、ネーブル、温州みかん、などおかげさまでさまざまな柑橘が届きますが、
種類によってあっという間に消えてなくなるものもあれば、いつまでもいつまでも残るものもあります。
好きキライというよりは、私が剥いて食卓に出すものはすぐなくなるし、温州みかんのように自分で剥いて食べるものは結構残ります。その違いです。
そして10月の半ばに届いた温州みかん一箱が、11月下旬の今、まだ半分以上残っています
dsc_0345
多くの方は経験があると思いますが、段ボールに入れっぱなしだと、みかんが触れ合っているところにカビが生えてきて、ぐっちょぐちょになるんですよね。
私も何度も苦い思いをしました。
これ、段ボールから出してかごにあけたらいいかというとそうでもなくて、結局みかん同士の肌のふれあい、これがイカンという結論に達しました。
そこで今回このようなワザを使ってみました。
dsc_0342
ゴミじゃないよー。
新聞紙を適当な大きさ(一面の4分の1)に切って、みかんを1個1個、心を込めて包みました
まったくもって食欲のわかないビジュアルで、それが減らない原因のひとつかとも思いますが。
しかし、1ヶ月以上たっても中のみかんはこれこのとおり。
dsc_0343
若干皮の水分が抜けましたが、皮をむいてみるとみずみずしさはそのまま。
また皮の水分が抜けたことで甘みが凝縮したのか、届いたときより美味しくなっている気さえします。
やっぱり新聞紙は万能だな〜。
80個くらいのみかんを全部、新聞紙に包んで段ボールに戻す作業は大変でしたが、やっただけの甲斐はありました。
しかもタダ。←そこ大事
この様子だと、あと1ヶ月は余裕でもちそうです。

●柿を長持ちさせるには

dsc_0332
さて温州みかんがまだ大量に残っている我が家に、今度は福岡から大量の柿が届きました。
夫の親戚が福岡で柿園を経営しているので、毎年そちらの柿が届くのです。
dsc_0337
いやー秋は美味しいものがたくさんあって困っちゃうねえ。
なんてのんきなことを言っていられません。
なんたって柿は1日置いただけでもあっという間に熟してしまいます
新聞紙に包んでも熟すのは止められないのでどうしたらいいかと調べてみたら、
ありましたよ、ガッテンに。
知らなんだ!柿の味が極上に変身する瞬間技

いつもありがとう、ガッテン。
さてガッテンの情報によると、柿はヘタから呼吸しているのでそこから水分が抜ける=熟すそうです。
なので、ヘタの呼吸を止めてやるとよい・・・その方法は、水で濡らす!
dsc_0335
キッチンペーパーを水で濡らし、適当な大きさに切ります。
それを柿のヘタだけを覆うようにかぶせます。
さらにラップで全体を包んで冷蔵庫へ。
dsc_0330
これだけで、柿が3週間も硬さを保ったそうです。
すばらしい知恵ですね。
dsc_0338
ただうちの冷蔵庫の野菜室は、薄力粉やたこ焼き粉などの粉ものでパンパンで、柿が入る隙間がないのが問題。
dsc_0349
とりあえずベランダに出してみましたが、虫が寄ってくるのも恐ろしいので、隙間を作って早々に冷蔵庫にしまう予定です。

●まとめ

その季節しか食べられない美味しいものを、美味しいままで食べるには、多少の手間がかかるものです。
そして食べ物を無駄にしないで食べきったときの爽快感!
同じように少人数家庭で食べきれなくて困っている方のお役に立てば幸いです。
みかん80個とか包んでられないよ!という方は、潔くお友達に配って歩きましょうね。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


冬の窓の悩みに・結露防止シートを貼ってみた

こんにちは、ルーペちゃんです。
今週は東京でも雪が降るかと言われていますね。
11月も下旬、いよいよ秋が終わって冬が到来しますよ!
みなさんもう冬支度はお済みでしょうか。
ルーペちゃん的に一番面倒に思う冬支度は、ニットの毛玉です。
しまうときはもう用がないので、多少毛玉があったとしてもまあいっかでしまってしまうため、翌冬いざ着ようとするときになって「ゲッ!」と叫ぶことになります。
心当たりのある方は、ぜひ今のうちに、毛玉取り器でお手入れしておいてください。

●冬がはじまるよ

mar75_senmenjyo20140629_tp_v
ルーペちゃんは現在の部屋に引越してちょうど1年がたちました。
同じマンション内で部屋を移動しただけとはいえ、部屋の状態や向き、広さなどが全く違うので、環境の変化は小さくありません。
特に「違うもんだなー」と思うのは体感温度の違い
前の部屋は最上階の角部屋だったので、屋外の寒暖がダイレクトに部屋に伝わってきていました。
真冬にはマンションとは思えないほど冷えて、特に北の角にあったキッチンの底冷えといったら、台所に立つ気力を削ぐのに十分なものでした。

そして現在の部屋はマンションのちょうど真ん中あたりの階。
昨年初めての冬を迎えて驚いたのが、その暖かさ。
上下左右に部屋があるってあったかいのね〜。
人のぬくもりってありがたいのね〜。
おかげで昨冬の暖房代は目を疑うほど安く済みました。
しかも昨年からこたつまで導入して、新しい部屋ではぬくぬくと幸せな冬を過ごしている・・・と言いたいところですが、こう書くからにはそうではない、のだった。チャンチャン。

●冬の窓の悩みといえば

pak26_suitekitex20140209_tp_v
外が寒くて中が暖かいと・・・窓が曇りますね。
そしてその温度差が大きければ大きいほど、空気中に含まれる水分は液体となって現れます。
それが結露
新しい部屋の悩みというのが、結露なんです。
完全に部屋が暖かいのが裏目に出た形です。
寒い部屋のときはこんなに結露することはなかったのにな〜。

特にひどいのが娘の部屋。
下のほうがはめ殺しの明かり取り窓で、上が天井まである引違い窓。
窓の面積が大きくて部屋が明るいのはいいのですが、その分結露する面積も広くて。
真冬には毎朝、下の方に水がビシャビシャに溜まっています。
dsc_0294
毎朝こう。スクレイパーでぬぐうと500ミリリットルがいっぱいになります。
この部屋は私たちが入居する前に大規模リフォームを行ったのですが、その担当者さんいわく、
「ここの窓は結露がひどくて木枠と壁が腐ってたんです。全部キレイに交換しましたけど結露しやすいんで気をつけてくださいね」と。
わかってるならその大規模リフォームのときにどうして二重サッシにしなかったのよぉ・・・
(マンションの窓は共用部なので、勝手に変えることはできないそうです)

●昨年の反省を活かして

昨年は初めての冬だったので、結露が始まってからあわてて100均に対策グッズを買いに走りました。
まずは窓に貼る遮熱シート
dsc_0307
ビッチリ貼ったものの、正直気休めくらいのものです。
あまりにも薄すぎるのです。
このシートが窓と一体化してしまい、シートの上に結露するだけでした。

dsc_0306
合わせて結露吸水テープも貼りました。
これはまあまあ役に立ちました。
窓の下の方に貼っておくとしっかり吸水してくれるし、アルミ部分の断熱効果もありました。
が、毎日このテープの吸水性能を上回る結露が発生していたので、毎日雑巾で水を拭う作業は必須でした。

今年は少ししっかりした結露対策グッズを用意しようと、ニトリでこちらを購入。
dsc_0309
窓ピタ断熱シート
いわゆる梱包材の「プチプチ」なのですが、裏に粘着剤がついていてぴったり貼れることと、素材がかなり分厚いことがポイント。
90×180センチで1,290円でした。
思ってたんと違う〜というポイントをいくつか。
売り場ではすごく大きくみえたんです。かなりかさばるし。
でも家に持って帰って広げてみたら意外に小さくて。
部屋の窓半分しか埋まりませんでした。
dsc_0311
粘着シートが結構強力なので、ひとりで作業するよりふたりでやったほうがラクかも。
思いがけない場所にくっついてしまい、それを剥がすと粘着部分がはがれちゃったりして結構イーってなります。

あと、よく考えたら粘着テープで貼るものなので、剥がしたら次のシーズン使えないですね。。。
水で貼る断熱シートにしておけばヨカッタよ〜と貼ってから気づきました。
パッケージにも「使用期間:6ヶ月(1シーズン)」て赤字で書いてありましたよ。
あと粘着剤が思いのほか強力なので、ちゃんと剥がれますとは書いてあるものの、ホントにキレイに剥がれるだろうかと一抹の不安を抱えています。
dsc_0316
良くないところばかり書きましたが、よかったポイントももちろんあります。

粘着力が強いということはどこでもくっつくわけで、特に気になっていたアルミの窓枠もきっちりカバーできました!
そう、むしろガラス部分よりも窓枠部分の方が冷えるんです。
よりによって熱伝導率のいいアルミだし!
ここをカバーできたのは非常に嬉しい。

また、ちょっとお高いだけあってシートの厚みがあるので、断熱性能はすごくいいです。
貼ってから(それほど寒い日もありませんでしたけど)結露はありません。(貼った部分に関しては)

●結論

dsc_0310
次からは水で貼るものと粘着式と併用して使うのがベストかな〜と思います。
窓枠部分は粘着式、窓は水で貼る。
そして下の部分には吸水シートを貼れば万全!(であってほしい)。
窓の断熱グッズには今回のシートの他にもボード、パネル、テープなどがあります。
なにかあると100均に頼る私ですが、やはり専門店も見てみるものだなーと思いました。
みなさんもこれぞというグッズを見つけたら、ぜひルーペちゃんに教えて下さいね。

ニトリ 結露、断熱対策、花粉、PM2.5

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<