ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

永久保存版!新入学・新入園ママのための本当に役立つ情報集(前編)

今回の雪で被害を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは、大雪で各地が大変な状況になっているという深刻なニュースの中で

ハチ公像の横に雪のハチ公」というニュースで箸休め的にほっこりしたルーペちゃんです。

さすがに上野の西郷さんは難易度が高いためか挑戦する人はいませんね。

前回からドクタールーペのニューフェイス・ペコちゃんが登場しました。

これからもしばしばペコちゃんがブログに登場しますので、

みなさまどうぞルーペちゃん同様、応援よろしくお願いいたします。

早いもので2月ももう後半。

新入学・新入園のお子さんをお持ちのママさん方はソワソワと落ち着かない日々をお過ごしのことと思います。

「どんなものを揃えたらいいの?」

「学校から言われているものだけで足りるの?」

「みんなどんなものを持ってくるの?」

と不安だらけですよね、わかります、私も去年そうでした。

実は学校指定のグッズを揃えれば「やれやれ仕事終わったー」というわけではなく、学校が教えてくれない便利グッズや商品、知っておくべき情報があったりするのです。

小学校一年生の母であるルーペちゃんがこっそりお教えします!

a0002_004820.jpg

□まずは通販カタログで勉強しよう

もう今回のキモはこれに尽きるので、ここだけ読んで合点して頂いても結構です(が、できれば最後まで読んでいただきたく?)。

子供用通販カタログを読むとママたちの知りたいことは全部書いてあります。

「えっこんなグッズがあるの?!」という目からウロコの商品を知ることができ、「そういえばこれも必要だった」という買い忘れチェックもできますし、後述しますが特にお名前つけグッズの種類の豊富さは他の追随を許しません。

グッズだけではなく、最新の通学ファッションコーデや髪型も勉強できるので、ぜひ通販カタログを一冊取り寄せておくと良いと思います。何といってもカタログは無料ですから。

ルーペちゃんのおすすめは読みやすく可愛くお値段も手頃なベルメゾンのカタログです。

ベルメゾンネット

IMG_3729.jpg


□手作りバッグ、グッズ

学校でこまかーくサイズを指定された体操袋やお道具袋、バッグや上履き入れなど、もらったプリントを握りしめて途方に暮れるママも多いことでしょう。

もともと手芸が好きで、時間に余裕があり、日常的にミシンを使っているママは問題ありません。

お子さんの好きな柄の布を買ってかわいーく作ってあげてください。

そうではないママさんは、間違っても「これからミシンを買って頑張って作ろ!」とか思わなくて結構です。

ただでさえ行事の多いこの時期、忙しい中手芸の本を買ってイチから技術を修得しようなど、ご自分のストレスを増やすだけの行為です。

しかも、学校指定のサイズと形の通りに作らなければならないので、「間違えてもなんとかなる」普段使いの小物とはわけが違います。数年は使い続けるものなので、耐久性も要求されます。

手芸が得意でない自覚のあるママさんはどうぞ開き直って、イオンでもヨーカドーでも伊勢丹でも、好きなお店で新入学セットを買っちゃってください。もちろん、前述した通販カタログでも豊富に扱っています。

ちなみに、たとえば大きめのレッスンバッグを作ろうとすると布代だけで1000円以上、リボンやボタンや布テープなどギミックに凝ったりすると材料だけで2000円は超えます。これに作業時間がプラスされるのです。価格についてのみ言えば、手作りのメリットはそれほど大きくありません。

苦手だけどどうしても手作りにこだわりたいママは手芸屋さんを活用しましょう。

この時期は入園入学グッズ講習会が頻繁に行われているのでそれに参加して短期集中で手作りする方法もあります。

また裏ワザで、手芸屋さんで好きな布地を指定してオーダーで作ってもらうこともできるのです。

形やサイズはもちろん、裏地の有無や芯地の有無など細かく指定できるので手作り同様(むしろそれ以上に)思い通りのものを手に入れることができます。

IMG_3727.jpg

なお納期は3週間~1ヶ月以上かかるので、注文はお早めに。

(例:パンドラハウスではレッスンバッグは材料費込みで1380円~2380円)

パンドラハウス

ユザワヤ

クラフトタウン(トーカイなど)


後編では具体的なグッズ(筆箱、上履き、水筒選びのコツ、お名前つけグッズの裏ワザなど)をご紹介します。