ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

根岸通信②〜根岸カフェ〜

こんにちは、ルーペちゃんです。
我が社が誇る史上最強の雨女といえばペコちゃん
とにかく出社日に雨が降る確率がハンパなく高い。
豪雨や台風にも、ねらってんの?ってくらい当たります。
ペコちゃんのすごいところは、出社していないときですら、会社の用事で出かけたりおつかいに行ったりすると雨に降られること。
おかげでルーペちゃんも、出社するときはどんなに晴れていても折りたたみ傘を持ち歩くようになりました。

今週金曜日に迫ったドクタールーペ主催講演会、「降る前提で準備しとこうね〜」なんて冗談を言っていましたが、ココに来て週末は台風が接近という情報が飛び込んできました。
いくらなんでもちょっとお!

●ランチ続々開拓中

以前ご紹介した「根岸通信①〜三好弥・ねぎし丸昇〜」で、「ランチ処が少なくて大変」という話を書きました。
ヒラコ社長も「出社する日は必ずランチの店を調べてこんちゃいかんと〜」と口癖のように言うので、
私とペコちゃんも意識して会社周辺のお店を調べるようになりました。
不思議なもので、欲すれば必要な情報は集まってくるものです。
「最近テレビで見たんですけど」
「◯◯ってサイトで紹介されてたんですけど」
と、情報を持ち寄っては新規開拓に励む我々です。

●根岸の激セマ店

そんな中、ランチからの帰り道、通りからちょっと入った住宅に「ランチ」ののぼりがはためいているのを見つけました。
th_dsc_0049
カフェと名がついたその小さなお店は外に黒板のメニューが出ていて、コーヒー400円とか日替わり弁当650円など、リーズナブルなお値段です。
早速翌日のランチに訪れてみると、先客でいっぱいで入れず。

先客でいっぱい、と言っても2人
そう、普通の民家の一室をカフェにしている”激セマ店”なので、中での食事は4人が限界。
我々3人が入ることはできなかったのでした。
じゃあお弁当を買って事務所で食べようと、お弁当(650円)を3つお願いしました。

●感涙!懐かしい家庭の味

じゃんけんで負けたルーペちゃんが出来上がるまでお店の外で待つことになりました。
玄関前にはまねき猫よろしく黒猫が鎮座。
時折勝手知ったる様子で座る位置をあちこち変えては、こちらをチラチラ見ています。
その様子を見るだけで飽きなかったので、あっという間にお弁当が出来上がったような気がしましたが、15分くらいはかかったでしょうか。
それもそのはず、(失礼ながら)おばあちゃんと言ってもいい年格好の女性ひとりで切り盛りなさっているのです。

お店に入れなかったことと待たせたことをしきりに謝りながら、ずっしりしたお弁当を3つ渡してくれました。
事務所に帰ってお弁当を開けると、みっちり詰まった白飯に煮物揚げ物肉魚、と盛りだくさんのおかず。
自分が高校生のときにお母さんが作ってくれたような、栄養満点のお弁当です。
しかも”温かいお弁当”なんてさらにぜいたく。
お味はこれまた”料理上手なお母さん”が作ってくれたような絶妙の味加減。
コンビニやチェーン店のお弁当も美味しいですが、こういう人の手のぬくもりが感じられるお弁当は昨今貴重です。
特に自分がお母さんになると、作ってあげることはあっても作ってもらうことはありませんから、まるで自分が子供に戻ってお母さんに作ってもらったお弁当を食べたような、ほっこり感をもらえました。

●お世話になっています

その後、仕事が立て込んだこともあり、なかなか外食ができなくて何度かこちらのお弁当のお世話になりました。
ずっとペコちゃんが買いに行っているのですが、ペコちゃんはお店で月曜日だけやっている「タロットカード占い(30分1000円)」に興味津々の様子。

DSC_0051

あの様子ではペコちゃんはそのうち占いを受けに行きそうです。
ここでのレポートを楽しみに待っておきましょう。

th_dsc_0008

th_dsc_0006
写真は先日のお弁当ランチの様子。
ヒラコ社長がお弁当のために豚汁を作っておいてくれました。
「豆腐はぐずぐずになるとイヤったい、最後に手で崩して入れたっちゃ」
「博多ネギは刻んでタッパーに入っとるけん自分で好きなだけ入れて」
と社長ったら相変わらず女子力たっか!
非常に美しく美味しい豚汁でございました。

th_dsc_0007

根岸カフェ
東京都台東区根岸 3-13-11

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<