Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 後編】

筋肉歯科医・嶋田泰次郎インタビュー【筋肉ブームの次は歯ブームを 前編】はこちら

●歯磨き時間は長くなくていい?目からうろこの手入れ術

ー前回は主に筋肉の話を伺いましたので、次は歯科医としてのお話を。
私ごとですが、毎日15分くらい歯磨きしているんですけど歯のトラブルが絶えなくて。
どうしたらいいんでしょう。

(待ってました、という顔で)ルーペさん、この部屋にあてはめて考えてみてください。
毎日1時間このフローリングの床に掃除機をかけたとして、(掃除機が届かない家具の隙間を指差して)この辺がきれいになりますか?

ー届いていないんだからきれいになるはずありません。

それと同じことです。
長時間同じ場所を磨き続けたとしても、隙間や奥の、歯ブラシがとどかないところがきれいになるはずがないのです。

ーですよねー!(目からうろこ)

僕は歯ブラシの時間は2分半くらいです。
他の道具での手入れを含めても4分くらい。
ただし、食事をしたら都度磨きますし、その時間はきっちり集中して歯と向き合います。
(やっぱり真面目)

ー2分半は短くないですか?

きちんとした道具を使って、正しいお手入れをすれば充分です。
”他の道具”と言いましたが、僕は患者さんに4つの道具を勧めています。
みなさん最初は「4つも?!」と言いますが、僕に言わせればたったの4つ
それで歯の健康が守れるなんて驚異的なことです。

ーぜひその4つの道具を教えて下さい。

歯ブラシ・フロス・歯間ブラシ・ワンタフトブラシ(奥歯ブラシ)
この4つでいいんです。

(↑ワンタフトブラシ)

ー奥歯専用のブラシが必要なんですか

見えてない部分を手探りできれいにしようと思ったら、専用の道具は必要です。
普通の歯ブラシでは磨けているつもりになっちゃうんですよ。

ー歯間ブラシとフロスはどっちかでよくないですか?

歯間ブラシとフロスは目的が違います。
シャンプーとリンスみたいなものです。
歯間ブラシで歯間の大きな隙間のプラークを落とし、フロスで歯と歯の間の細菌を落とします。
お風呂のシャンプーボトルを見るとわかりますが、カビが生えるのってボトルの底や本体とポンプの接合部だったりするでしょう。
細菌って隠れたところや歯と歯が接しているところに繁殖するんです。
歯ブラシで表面だけを磨いて「磨いている」気になるのが一番こわいことです。

●やれば効果がでるのは筋肉と同じ


ー先生は患者さんへの歯磨き指導がすごく熱心だという話を聞きました。

患者さんに時間を取ってもらって、まる1時間かけて、僕自身が指導します。
歯医者の経営的に言えばその時間治療に回した方がいいに決まっている。
でも、歯磨きを根本的に変えていかないと、患者さんは延々と歯の治療を続けることになってしまう。
理想を言えば歯医者に来なくなることがベストですからね。

他の一般的な病気って、いい医者にかかったとか、いい治療をしたからといって治る保証はないでしょう。
ところが虫歯というのは、正しい歯磨きをすれば確実に予防できる珍しい病気なんです。

僕は肩を壊していまして、この1年間ずっと苦しんでいます。
病院を4つも変わって、いろんな先生に診てもらって、でも治らない。
怪我や病気はどんな名医もすぐに治してくれるわけじゃないんです。
でも、歯は正しい磨き方で確実によくなる。
むしろ「なぜやらないんだ!」くらいの気持ちです。

●”筋肉ブーム”の次は”歯ブーム”


僕に関しては筋肉ばっかりクローズアップされるけど、もっと歯の大切さを伝えたいんです。
歯の磨き方にしても、知ってるか知らないかで人生変わるくらいのことですから。

僕が筋トレを始めた頃、筋トレを真面目にやっている人は珍しかった。
「嶋田ってなんで筋トレするの?」とか「筋肉だらけだと馬鹿になっちゃうよ」なんて平気で言われた時代でした。
今は逆でしょう、「なんで筋トレしないの?」って時代になりました。

筋トレを続けていたら筋肉ブームが来た。
次は絶対に「歯ブーム」が来ると思っています。

「なんで筋トレしないの?」と同じように「なんで歯間ブラシしないの?」なんて会話がされる時代を望みます。
正しいブラッシングを続けることは本当に簡単だし、逆に病気にするほうが難しいんですよ。
歯ブームを起こせたらそれで自分の人生、心残りはありません。
たとえば、東急ハンズの入り口の一番目立つところにデンタルケアグッズがずらっと並んで、みんなが色んな種類の歯間ブラシについてあれこれ語っているとか。
そんなブームが、必ず来ますよ。

●ポジティブな面を見よう

ー歯医者さんて細かい作業が多いからでしょうか、”色白で細くて繊細そうでとっつきにくい人”みたいなイメージがありますけど、先生は既存の歯医者像を変えましたよね。

そう言われるのは本望です。
歯医者って嫌われものの代表格でしょう。
「高い・怖い・痛い」のネガティブなイメージで。
なんとか好かれる存在にならないものかといつも考えています。

その意味では筋肉も同じです。
「つらい・キツイ・続かない」というネガティブな面がある。
でもブームになりました。それはなぜか?
健康や見た目の美しさ、QOLの向上、脳機能の向上にも効果があることが分かったりといった、ネガティブを凌駕するポジティブな面があるからです。
歯に関することも、ポジティブな情報をたくさん発信することによって、みなさんの意識を変えていければと思っています。

ー弊社も”歯ブーム”の一端を担えるよう、お手伝いしていきます!

よろしくお願いします。
なにしろ、年取ったら食欲しか楽しみがないんだから(笑)。
歯が丈夫じゃないとモノ食べられないでしょ。
大事にしていきましょうね。

ドクタールーペは嶋田泰次郎歯科医師のマネジメントを開始します

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<