Dr.LOUPE Blog_

ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

根岸通信【22】新顔なのに貫禄の味「TaRiTo」

こんにちは、ルーペちゃんです。
久しぶりの根岸通信、久しぶりすぎてこのお店はすでに紹介したと思い込んでいて、ずいぶん放置していました。
実は12月に訪れたときの写真なので、もし今と違うってとこがあったら現状優先でお願いします!

それは根岸柳通りの「Happy Diner Tokyo」さん経由の情報でした。
柳通りの居酒屋「福徳」さんが閉店するにあたり、ご近所のママさんがその店を引き継ぐことになったと。
お子さんがいらっしゃるお母さんがいきなり飲食店を始めるのは大変なことも多いでしょうから、すごいなぁよく思い切ったなぁというのが聞いて最初の印象。
しかも福徳さんと言えば、根岸柳通りにふさわしい非常に硬派な感じの「The・居酒屋」な雰囲気のお店。
そこを若いママさんがどうやって自分の店にするのか興味がわきます。
そこで開店間もなく、みんなでランチに繰り出しました。

キレイなグリーンの暖簾とオレンジの看板で若返りました。

でも「福徳」の提灯はそのまま店先に。

カウンターとテーブル席が3つ。
少人数のお客さん向きなこじんまりした落ち着くお店です。
お店の中にも福徳さんののれんが飾ってありました。
どうやらご店主は義理を重んじる人のようです。

その日は総勢4人でカウンターに座りました。
ルーペちゃんの無言の圧力により、4人それぞれ違うものを注文。
(だってその方がネタになるし!)

 


このお店のスペシャルティ、「からあげ」。
大きいゴロッとしたからあげが5個にご飯と味噌汁で700円。
なかなかのボリュームです。
厨房に下揚げをした白い状態のからあげが仕込んであります。
注文を受けるとそれを二度揚げするので、アッツアツが出てきます。
揚げたてでまだジワジワ音を立てているからあげはそれだけで嬉しいもの。
コンビニほど味が濃くなく、お母さんのからあげほど薄味でもない、絶妙な味加減。


こちらは「しょうがやき」700円。
脂が甘くやわらかい豚です。
材料は国産にこだわっているとのこと。


ほんじつのやきさかな」も700円。
自分が食べてないので何の魚か忘れました。
見た感じホッケ・・・?


私が食べたのは「おにぎりらんち」500円。
さすがにからあげ5個はキツイな〜と思ったらちょうどいいメニューがありました。
おにぎり2個とからあげ2個、卵焼きにキャベツサラダにお味噌汁。
内容も量も、中年女性のランチにこれ以上はないハマり具合。

さらに「誰かが握ってくれたおにぎり」というのが泣かせます。
自分も「おにぎりを握るお母さん」ではありますが、そのお母さんですら、誰かが握ってくれたおにぎりを食べると、自分の母親のことを自動的に思い出すのです。

なんだろう、全体に懐かしいこの感じ
どこかで食べたようなこの味。
というのも、偏見かもしれませんけど。
「主婦(素人)が始めたばかりの飲食店」というのは、だいたいにおいて味がまだこなれていなくておっかなびっくりの味付けというか、プロの味になりきれていないことが多い印象だったのですが、こちらのお店は開店したばかりだというのに、味に迷いがなくて堂々としているのです。
もう何十年もやっているような定食屋さんの味がするのです。


ご店主に話を聞いて納得しました。
このお店を始める前は、近所の小学校で給食を作る仕事をしておられたとのこと。
味に迷いがないのも即納得。
このどこか懐かしい、でも家庭の味ともまた違う堂々とした料理は給食調理で培われたものだったのです。

美味しくてリーズナブルなお店が多い入谷近辺でも、この700円の定食は一歩抜きん出るお値打ち価格。
柳通りがまた賑わってうれしいです。

TaRiTo
東京都台東区根岸3-18-21