「読影も、診察だと考える」。
そういう思いで、私たちは読影に取り組んでいます。
ただ、事務的に読影をこなすのではない。
目の前の画像の向こうには、患者さんがいて、
その患者さんを診るように読影をしなければならない、と。
直接診ることはないにせよ、読影を依頼してくれた
医師、技師の方を通じて的確な診断を伝えたいから、
読影結果とともに、コメントを添えることもあります。
今日もどこかで読影を、待っている人がいる。
だから、迅速に、正確に、責任を持って読影を行います。
Dr.Loupeの読影を担当するのは、日頃から患者さんと
直接向き合っている臨床医です。読影医としての所見のみならず、
その後の具体的な指示など、内科医としての見解も示します。
医用画像診断のことなら、私たちDr.Loupeにご相談ください。

「発見する」という医術。Dr.LOUPE