ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

根岸通信【15】おでん屋で古民家カフェ・満寿多

こんにちは、ルーペちゃんです。

平昌オリンピックが開幕しましたね。
てことは東京オリンピックまであと2年?ええっ!(今さら驚く)
どうしよう、世界的に有名になった日本の「おもてなし」を実行するために
英語ペラペラになってなきゃいけないのにあと2年しか無いなんて。
まにあわなーい。

英語ペラペラはともかく、道端で外国人に「ヘイユー、エキゾチック・ジャパンを感じられる
ごきげんなレストランを知らないかい?」と話しかけられたときに
「オフコース、アイノウ」と答えるため、日々ランチの新規開拓に励むドクタールーペ一同です。

●路地裏のいい感じのおでん屋さんが昼は◯◯に

根岸通信第15回、今回も通好みのお店でございます。
たとえるならば、アド街ック天国で24位くらいに紹介されそうなスポット。

ヒラコ社長が借りている駐車場と事務所の間の路地に、元料亭のおでん屋さんがありまして、
そこが最近ランチを始めたらしい、とヒラコ社長からの情報。
ものすごく近いから行ってみないかというので3人で出かけたのですが、
事務所から徒歩1分、これまで紹介した食事処の中で最短の距離です。

あの路地にお店なんかあったっけなあと思いながら歩いていくと、あーはいはい、ここのことかあ。

車一台通るといっぱいになる狭い路地の、墓地の隣に唐突に看板が出てきます。
これ何て読むんだろうと通る度に思っていたことを、思い出しました。
読み方も今回明らかになりました、「ますだ」さんです。

入り口に車が2台も停まっているので、てっきりもう営業していないのだと思っていました(失礼)。


元料亭にふさわしい、趣のある玄関です。

窓枠や障子窓の意匠が素晴らしい。
昭和の職人さんの心意気を感じます。


この上り框の板の分厚さよ。。。

これ、今作ってくれって言っても絶対ムリなやつ。
キジの剥製や招き猫の置物や、懐かしグッズがあちこちに。
古民家好きな人にはたまらない名建築、よくぞ残してくださった。

●お料理が本格的!

おでん屋さんなので、お昼もてっきりおでんが出てくるのかと思ったら違いました。
おでん屋のご主人の娘さんがお昼だけカフェをしているのです。

私とペコちゃんはメニューの一番上にあった辛口ポークカレー750円。

スープとサラダがついてきます。

ヒラコ社長注文のカレーとハヤシのあいがけ850円

これはカフェ飯の中でも相当美味しい方のカフェ飯です。
カレーはそれぞれのスパイスが個性的で、女性好みにさっぱり目。
野菜の旨味もたっぷりで、ペコちゃんと
「これは家で作れないカレーだね」「専門店ぽいですね」とうなずき合いました。
ちなみに量も専門店並にたっぷりよそってくれます。

メニューの写真を見てこれは絶対に美味しいだろうと思った、「プリン」(350円。ランチとセットで50円引き)も頼んでみました。

これこれこれ、私の理想通りのプリン
ちょっと硬め・カラメルが焦がし気味・大きめ、というやつ。

スも全然入っていない滑らかなプリン。
ちょっと懐かしい感じのプリン。
市井のいちプリン好きとして、あやうく涙が出そうになるくらい、感激しました。

こちらはペコちゃんのガトーショコラ。チョコがしっとりして美味しかった。

他のお客さんのお料理も含めてちらちら様子を伺いましたが、
たぶんきちんと勉強なさったか、フードビジネスの経験のある方だろうと思いました。
ひとつひとつのお料理がとても完成度が高いのです。
特に「よくばりワンプレート」という日替わりランチプレートは800円なのに、
ベーコンエッグサンドにスープにサラダ、ご飯にカレーかハヤシまでかけてくれて、
ご飯をパスタにもできるという盛りだくさんな内容。
他の人に提供されるのを横目で見ながら、次回はぜひこれを食べよう!と心に決めました。

娘さんのママ友さん?と思われるお客さんが何人かいらしています。
娘さんは朗らかでとても感じのいい方なので、お友達に愛されているんでしょうね。
温かく楽しい雰囲気で、居心地の良いお店でした。

ちなみに夜の営業はこんな感じのようです。いいなぁ・・・夜のおでん。

●怪しいものではありません

下町の人らしい、気さくな娘さんが「どちらの会社さん?」と話かけてこられたので、
すぐ裏の◯◯さんのお隣にあるとこなんです、と答えると
「えー、あの怪しい会社ですか!」と。。。
・゚゚・(´Д⊂ヽ
お友達と顔を見合わせながら「あの建物、会社みたいだけど一体何だろうねってみんなで言ってたんですよ。」と。
はい、会社なのか家なのか分からないですよね。。。
でも看板が出てるからなんだろうって思いますよね。。。
そうか、”みんなで”噂をしていたのか。。。
これからはご近所に怪しまれないように、もっと有名な会社になるために頑張ります!

満寿多
東京都台東区根岸4-1-18
【ランチ】火・水・木 11:30〜14:00


根岸通信⑥女子力高いガテン系カフェ・House+Caféやなぎテラス@根岸

こんにちは、ルーペちゃんです。
まずはGW中の珍事をどうしてもご紹介したいので書かせてください。
GW中日の5月1日、出勤のため海浜幕張駅についたルーペちゃんは猛烈に喉が渇いたので、駅のホームの自販機でお茶を買おうと思いました。
その自販機は液晶画面で在庫が表示されるタイプのものでしたが、選ぼうと思って画面を見て、目を疑いました。
上の段が全部「じっくりコトコト煮込んだコーンスープ(冷)」だったのです。

下の段はすべてコーヒー。
珍しいこともあるもんだなと思って、他の自販機に向かいました。
するとこういう状態。

よく見るとわかりますが、2本を除いてすべて売り切れ。
そのうちの1本がコレ。

ビアードパパの飲むシュークリーム
在庫のクセがすごい!
1ミリも喉の乾きが癒やされる気がしません。

大変喉が乾いていましたが、このホームで飲み物を買うことはあきらめました。
それにしてもどうして。。。そこでハタと気づきました。
前日まで幕張メッセで「ニコニコ超会議」が行われていたのでした。
この自販機の状態、水分をめぐってどんな阿鼻叫喚が繰り広げられたのか想像できます。
ベンダーのみなさん、来年のニコ超開催日は自販機の補充を普段の倍にしてあげてください。

●ここは何屋さんになるんだ?

数ヶ月前の話です。
ドクタールーペがある根岸の柳通り、以前ご紹介した「Happy Diner Tokyo」さんの並びで工事が始まりました。
どうやら何かの店舗のようです。
さらに日が経つとテーブルやカウンターが設置され、飲食店だということがわかりました。
おしゃれで明るい外観で、カフェにぴったりとは思いましたが、根岸の柳通りという場所柄、社長もペコちゃんも私も
「そんなわけない」と、蕎麦屋だのラーメン屋だの定食屋だの好き放題言っていました。

そして出来上がったのがこちら。

まんまカフェでした!
いや別に根岸にカフェがあっても珍しくはないのですが、「古い建物をそのまま活かして雑然とした雰囲気で」もしくは「昔からある昭和な喫茶店」のどちらかが多くて、こんなに新しく作り込んだ、お台場にあるようなオシャレカフェは見たことがなかったんです。
そして特筆すべきは面積の広さ!

テラスがお台場感をさらに醸し出します

いまだかつて根岸でこんなにも席密度の低いカフェがあっただろうか!(あったかもしれないけど知らない)
この席のゆったり加減はルーペちゃんやペコちゃんの住む千葉・横浜郊外でも珍しいくらい。
チェーン店にも見えないしかといって個人店にしては作り込み過ぎている・・・
というわけで興味津々でペコちゃんとランチに出かけました。

●House+Café やなぎテラス

メニューは日替わりランチと定番がいくつか。
いずれも1000円を超えないリーズナブルなお値段。
迷ったら肉、という格言(?)に従い、ふたりとも日替わりランチの生姜焼き定食をチョイス。
飲み物がついて800円はお安いです。
ペコちゃんは飲み物の代わりにアイスクリームをお願いしました。

こんな感じで、お料理とご飯と一皿ずつ。
お肉はとても柔らかく、生姜焼きのタレは濃すぎず優しい感じです。
サラダも充分な量なので野菜もちゃんと取れて、たとえるなら、お料理上手なお母さんの作ってくれる生姜焼き
外食の後ろめたさを感じずにお母さんの優しさを感じられるゴハンです。

「カフェ飯」というと量と栄養を犠牲にしてオシャレを優先するもの、という固定観念がありますが(私だけ?)こちらはカフェ飯というより「オカン飯」。
雰囲気からして女子向けのお店ではないかと思ったのですが、それでもお客さんは男性の方が圧倒的に多かったのは、家庭っぽい味に惹きつけられてのことでしょうか。

これで飲み物もついていて、食後にゆっくりできて、800円。。。なんで?
ますます謎が深まります。
お店の方にお話を伺ってみたところ、「東建ホームズ」という建設やリフォーム、不動産などを取り扱う会社が運営しているお店なのだそうです。
会社がお店の地下にあって、リフォームや建築などの相談もできるサロンの役割も担うとのこと。
建築会社と聞いて内装がこれだけ作り込まれている疑問が解消しました。
そういえばお店の名前にも「House+Café」とありましたね。

建ってしまうと以前に何があったかすっかり忘れてしまうものです。
「前は何がありましたっけ」と尋ねると、なんとガレージだったそうです。
Googleで調べると以前の写真が出てきました。
あーなるほど!見たらなんとなく思い出しますが、ガレージじゃあ印象に残っていないのも無理はない。

お店のスタッフの皆さんはとても気さくで明るく、オシャレなお店でありながら下町っぽさも残っています。
そのうちこのお店で愛用のmacを広げてドヤってみようかと思います。
ご近所にこんなかわいいお店ができて嬉しいルーペちゃんとペコちゃんでした。

House+Café やなぎテラス

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<