ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

浦和のステキな花屋さん「gracegroan」野口貴行さんにインタビュー【後編】

こんにちは、ペコちゃんです。

浦和のお花屋gracegroanでは、各障害者手帳や指定難病医療受給者証をお持ちの方へ10%の割引があります。私にはその手帳を持っている家族があるので興味を持ち、店長の野口さんへお話を聞きに行って来ました。前編からの続きです。

野口さん自身、4年前に高安動脈炎という指定難病にかかり指定難病医療受給者証を持っていらっしゃいます。

—高安動脈炎、初めて耳にしました。

僕もです。患者は約9割が女性で、発症年齢も15~35歳に多いのです。自分に当てはまらないので驚きました。

(※高安動脈炎について、詳細は前編をご覧ください)

—ご自身の発症が、各障害者手帳や指定難病医療受給者証をお持ちの方への10%の割引サービスのきっかけなのですね。

自分が発症して感じたことですが、病気を持つ中で、歩くことがつらい方、外出することがむずかしくなっている方が多くいます。そのつらい気持ちを花で癒してもらいたい、一番効果のあることでないかと思っています。癒されることが、とても必要です

—このサービスを使われているお客さんはいらっしゃいますか?

知ってくださる方が増えていて、つい先日も来てくださいました。嬉しいですね。

—サービスの展開など考えていらっしゃいますか?

老人ホームでも定期的にアレンジメントのレッスンをしています。あと、例えば障がいのある方、お子さんでも、集まりなどがあればそちらまで伺ってレッスンすることもできます。

私の母もパーキンソン病を発症し、指定難病医療受給者証を持っていました。野口さんのおっしゃるように、歩くことや日々の動作が困難で、外出することが大変でした。難病を持つことは、身体への負担はもちろん心に大きなおもりをもつように感じます。

母は同じ病気を持つ人たちの集まりなどには参加していたのですが、花のことは考えもしなくて。母がなくなったとき多くの方から花をいただいて私たち家族は心が落ち着きました。その時初めて、花の力って大きいんだなと実感したのです。

先日参加したフラワーアレンジメントのレッスンでも花に触れることで気持ちが穏やかになってきました。母も闘病中に花を見ること、触れる機会があったら病気のつらさが軽くなって、生きることを楽しむ時間が増えただろうと思います。

ダウン症がある娘もお花が大好き。今度一緒にレッスンを受けたいと思います。

gracegroanは、JR浦和駅より、ゆっくり歩いて約15分のところにあります。浦和に住む伯母やその友人たちが地元に住みながらも場所が分からなかったので、同じ方もいらっしゃるかと思い写真で道案内をしますね^^

浦和駅西口を出ます。

階段を上がって、アトレの先を左へ。

交番の右隣の横断歩道を渡ります。

少し進んでひとつめの横断歩道を渡り、左へ。

そのまましばらく直進すると、正面に埼玉県庁が見えます。この横断歩道を渡って右へ。

正面にまた大きな建物(埼玉県農林会館)が見えます。この道も直進し道なりに左へ。

またしばらく直進します(右手に郵便局やカフェがあります)。

すると正面の建物は武蔵野銀行さんです。

そしてこのすぐ裏手がgracegroan。お店からはいい空気が流れていて、まるでパワースポットのようです^^

fresh flowers kitchen gracegroan
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-12 1F
Tel:048-762-9507
営業時間:11:00-19:00
定休日:日曜日
※営業時間、定休日とも変更のある場合があります。ホームページ、お電話にてご確認ください。

最寄駅:JR浦和駅、中浦和駅より徒歩15分
             JR武蔵浦和駅より徒歩20分
              埼玉県庁すぐ近くです。
ホームページ

インスタグラム

こちらは野口さんが撮ってくださった写真です。ホームページインスタグラムの写真はすべて野口さんが撮っていらっしゃいます。やはり花をどう見せると一番魅力的かを知っている方の撮るものは違います。ぜひご覧ください。お茶目な野口さんも時にみることができます^^
(左はロドムというカーネーション、右はすずらん、すずらんがこんなにいい匂いがするなんて初めて知りました)

そしてインスタグラムの中で野口さんが書かれていた『悩み事や考え事でモヤモヤする時も、そんな家族や友人を見たときも、花を飾ったり花を贈ったりする事で気持ちが前向きになったりもします^ ^言葉ではどう伝えたら良いのかわからない気持ちもgracegroanの花ならお役に立てると思っております』。

先日一緒にアレンジメントを受けた伯母も夫をなくしたばかりで気持ちが沈んでいたところ、gracegroanの花々に救われました。つらい思いをかかえる伯母にどう言葉をかけていいか悩み、でも何も言っても伯母の心にはうまく届かなかったところ、花が助けてくれました。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


浦和のステキな花屋さん「gracegroan」野口貴行さんにインタビュー【前編】

※野口様はこのご病気での手術はなさっておられませんでした。お詫びして訂正します。(2018.5.14追記)

こんにちは、ペコちゃんです。唐突ですが、先日お誕生日でした。事務所にて仕事中に社長が「おめでとう~」と差し出してくれたこちら、

ステキなフラワーアレンジメント!びっくり、そしてとってもうれしかったです。帰り道、そして帰ってからもチラチラ見てはニマニマしていました。

先日フラワーアレンジメントに行ったお話(フラワーアレンジメントのレッスンを受けてきた!)をしましたが、その時のアレンジメントは娘の担任の先生が異動のためプレゼントしたので手元になかったのです。先生喜んでくださって幸せだったのですが、お花をもらうことやっぱりうれしいものですね。素敵な誕生日にしてくれた優しい社長に感謝です^^

こちらのアレンジメントは、先日レッスンを受けた浦和にありますお花屋gracegroan(グレイスグロウン)さんのものです。一目でgracegroanのものと分かるデザイン、ステキです。

gracegroanでは、各障害者手帳や指定難病医療受給者証をお持ちの方へ10%の割引があります。

お店の店長野口さんは学生時代に水球部に所属されていて、今も仕事後にジムに通われているスポーツマン、印象は健康そのもの。どちらにも関係が有るように見えません。我が家は娘が障害者手帳を持ち、母が指定難病患者だったこともありぐっと興味がわいてきて、野口さんに話しをお聞きしました。割引サービスを始めたきっかけは?そのサービスへの想いとは?

2016年9月にオープンしたgracegroan。店内はモノトーンで統一され、野口さんが仕入れるこだわりの花々が並びます。花はあまり見かけない種類のものが多く、アレンジメントもおしゃれです。

—–まず、学生時代水球部で活躍されていた野口さんがお花の道に進まれたきっかけを教えてください。

大学卒業後就職し働く中で、リーマンショックを経験します。一生懸命働いていたのに、他からの力で仕事に大きな影響を受けました。その時、自分で解決したい、自分ですべてを行いたいと考えるようになりました。

父親が母親によく花をプレゼントしていたこともあって、花は子どもの頃から身近な存在でした。花は人を喜ばせることができる、センスがあれば特別な資格を必要としない。いいな、と思いました。

それから日比谷花壇に転職、その後芦屋の生花店や南青山の店舗で造花作成を担当しました。スーパーマーケット横の花屋チェーン店でエリアマネージャーなども経験し、地元埼玉の企業バックアップによりgracegroanをオープンしました。

—–お父様がお母様に花をプレゼントされることがよくあったとのこと、ステキですね。

僕も、学生時代お付き合いしていた方との待ち合わせで、花を持って待っていることがよくありましたよ!

—–ステキです。相手の方うれしかったでしょうね!

相手の方も、父親から花をもらった母親も、とても喜んでいたことが強く印象に残っています。

—–今に繋がっているのですね。ところで、お店には障害者手帳や指定難病医療受給者証を持っている方は10%の割引があります。こちらのサービスを始めたきっかけは何でしょうか?

実は、僕も指定難病医療受給者証を持っているんですよ。

—–それは、驚きました・・・学生時代の部活動は問題なくできたのですか?

つい4年ほど前に発症したんです、高安病(たかやすびょう)という膠原病(こうげんびょう)の一種です。突然首の左側に痛みが出てきました。しばらくたっても痛みが引かなかったので、いろんな病院へ行って扁桃腺やリンパ腺の検査をしたのですが、原因が分からなくて。紹介された病院でやっと判明しました。そこで診ていただいたら、命の危険があるということで即3ヶ月の入院をしました。

—–今は体調いかがですか?

2ヶ月に一度定期的に外来を受診していますが、薬のお陰で再燃せずに落ち着いています。

まさか、野口さんご本人が患者さんだとは思いもしませんでした・・・ 今は症状が落ち着いていること少し安心です。次回はサービスへの想い、そしてこれからやっていきたいことをお聞きします。

fresh flowers kitchen gracegroan
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-12 1F
Tel:048-762-9507
営業時間:11:00-19:00
定休日:日曜日
※営業時間、定休日とも変更のある場合があります。ホームページ、お電話にてご確認ください。

最寄駅:JR浦和駅、中浦和駅より徒歩15分
             JR武蔵浦和駅より徒歩20分
              埼玉県庁すぐ近くです。
ホームページ
インスタグラム


※高安病(たかやすびょう) 
難病情報センターHPより

高安動脈炎。1908 年(明治41年)に眼科医の高安右人博士に発見され、その名に由来しています。大動脈やそこから分かれている大きな血管に炎症が生じ、血管が狭窄したり閉塞したりして、脳、心臓、腎臓といった重要な臓器に障害を与えたり、手足が疲れやすくなったりする原因不明の血管炎。

【患者さんはどのくらい?】
全国で約5,000名、厚生労働省の統計によると、毎年およそ200名程度の方が新たに発症しています。

【どのような人に多く発症する?】
9割は女性です。研究班の報告では15歳から35歳の若い女性の方に発症することが多いようです。最近は男性の発症数が増えているという報告があります。数は少ないのですが、10歳未満で発症する場合もあります。

【原因は?】
残念ながらまだよくわかっておりません。しかし、なんらかの感染を契機にして発症し、血管の炎症が持続しているのではないかと推論されています。

【症状は?】
どの血管に障害が生じたかにより、症状はさまざまです。高安動脈炎の初期は、発熱や全身倦怠感、食欲不振、体重減少などの感冒のようなはっきりしない症状から始まることが多いようです。その後、炎症によって血管が狭搾や閉塞、あるいは拡張してきて、頭部を栄養する血管が障害を受けた場合は、めまいや立ちくらみ、失神発作や、ひどい場合には脳梗塞や失明を起こす場合もあります。難聴や耳鳴、歯痛、頸部痛もよく見られる症状です。

【治療法は?】
まず、高安動脈炎による炎症を抑えることが基本になります。通常、プレドニゾロンなどの副腎皮質ステロイドを用います。また、血栓ができるのを予防するお薬を使います。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


フラワーアレンジメントのレッスンを受けてきた!

こんにちは、ペコちゃんです。今週末は絶好のお花見日和ですね。私は先日フラワーアレンジメントのレッスンを受けてきましたよ。

●gracegroanさんでレッスンを受けました

埼玉県の浦和駅から徒歩15分にお店があり、生花販売はもちろん、ウェディングなどのブーケ、イベント装花もしています。こちらは我が社のシステムを担当してくださっている会社がオーナーのお店なのです。お話を聞いたり、サイトやフェイスブックでの写真を見ていて、お花の美しさにいつもうっとり。季節のお花を使ったアレンジメントレッスンをされていると聞いて伺いました、浦和に住む伯母と一緒に。

目的は2つ、伯母(自分も)へのお誕生日プレゼント、そして昨年夫をなくした伯母の気持ちが少しでも癒えるようにと願って。

こちらがgracegroan(グレイスグロウン)さんです。浦和駅から向かって、埼玉県庁の真裏。武蔵野銀行さんのお隣にあります。外観からステキな雰囲気、いい空気の流れるお店でした。

●レッスンスタート!

今回受けたものは月ごとにその季節の花を使ったレッスン。3月は春のお花を使いパープルをメインカラーにしたシックで大人の雰囲気のあるフラワーアレンジメントです

用意されていたお花はこちらです。もうこのままで美しくて、アレンジしなくても、と思ってしまう。

手前左から、ヒヤシンス、ラナンキュラス、チューリップ、フリージア、スカビオサ(松虫草)、スイートピー。それぞれの花言葉や別名、特徴などをお話ししてくれるので、花に詳しくない私は一気に愛着がわいてきます。色々なパープルがあるんだな。

教えてくださる野口さんはお店のコンサルタントをされている男性で、穏和な方でした。ごめんなさい、ちょっとかっこつけた感じの方をイメージしていたのですが、全然ちがいました・・・ まず先生が説明しながら作っていきます。


先生の手さばきに惚れ惚れ。丁寧に優しく花に触れていて、花を想う気持ちが伝わってきます

せっかくついている茎を切ってしまうのはもったいない気がする私ですが、茎を短くした方が水分をスムーズに吸水しやすいのでお花は長持ちするそうです。

鮮やかなアレンジに見とれているうちにあっという間に完成し、私たちの作る時間になりました。花の形やバランスを考えての順番があるのでその通りにさしていきます。

先生に質問しながら、他の生徒さんや伯母と話しつつも無我夢中になっていたらしく途中の写真がありません ^^;
完成したものがこちらです。

花をさす緑色のスポンジ、オアシスの目隠しになっている葉はわせび。おもしろいことに、同じ花、同じ器を使い、先生の説明を聞いて順番通りにさしているのにそれぞれのアレンジメントの表情が違うんです。かわいらしかったり、几帳面だったり。

●楽しくてたのしくて

本当に楽しくて笑 きれいな花を見ているだけでうれしいのですが、実際に触れて、花を見てバランスを考えながら(自分なりに)さしていくとどんどん集中していき、「無」の状態になりました。完成したときには達成感と、すっきり清々しい感覚

●伯母は・・・

伯母には、フラワーアレンジメントに一緒に行こう!と誘ったのみで、思いは話していませんでした。フラワーアレンジメントも今までしたことがなくて、やや緊張しながらの参加だったのですが、優しくて、包容力のある先生に安心してレッスンを受けていました。

まもなく伯父の一周忌、大切な人がいなくなってしまうことそれだけで悲しいのに、伯父は長患いすることなく倒れてからあっという間のことだったので、伯母は気持ちが追いついていなかったと思います。この1年ずっとふさぎこんでいたのですが、レッスンを終えた後久しぶりにすっきりとした顔を見ることができました。伯母も、楽しかったとともに、しばらく続いていた頭痛がなくなったと驚いていました。

私も、母をなくしたときにいただいた花々に救われました。それまでお花に特別な興味はなかったのですが、気持ちに寄り添ってくれることにびっくり、花の力って大きいと知ったんです。今回もお花に、そして先生に感謝です^^  ちなみに、ヒヤシンスの花言葉は「悲しみを超えた愛」。偶然にも伯母にぴったりでした^^

fresh flowers kitchen gracegroan
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-12 1F
Tel:048-762-9507

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<