ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

梨子ちゃんのお弁当備忘録その4~ソーセー人の作り方~

ご無沙汰しております、梨子ちゃんです。
この度の西日本豪雨の被害を目の当たりにし、心が痛む思いです。
大学時代の友人夫婦が倉敷在住。
ニュースを観て心配になり連絡したところ一家無事だったそうです。
被災直後は、息子さんのお友達は救助待ちの方々がおられたとのこと。
しばらくはバタバタしそうだ、現場を目の前にするといろいろ考えることがあるし、心が折れそうになるけど、はっきり言えるのは、元気な人が元気に頑張らないと街が元気にならないから、我が家はみんな元気に頑張ってるから大丈夫!と
彼女はとても前向きでした。
梨子ちゃんの住む山梨県も、地元の報道記者さんの調査によると、土砂災害危険箇所が県内に2000箇所以上あるそうです。
いつ何が起こるかわからない昨今。
しっかりと備えをしようとあらためて思いました。

●弁当作りに休みなし

最近何してる?
弁当ばっかり作ってる。
というくらいに、平日はもちろん
部活休みがほとんどない梨乃介の為に
土日もお弁当作りが欠かせない生活の梨子ちゃん。
相変わらずソーセー人も健在です。

そこで今回は
ソーセー人の作り方をどーん!とご紹介します。

1.赤いソーセージを用意


見栄えがいいとの理由
いわゆる『映え』るように赤いものを選びます。

2.足を作る


包丁で切り込みを入れます。
8本ならたこさんになりますが
綺麗に仕上げるため(8本にするのが面倒くさいため)
3回切り込みを入れて6本にします。

3.手を作る


足の付け根になる少し上に切り込みを入れ手を作ります。
切り込みは薄くすればするほど
手が、くるん!となってかわいいです。

4.口を作る

全体のバランスを見ながら口の位置を決めて切り込みを入れます。

その後少し下から斜めにⅤの角度で包丁を入れます。

口の大きさは自由に変えられるのでいろんな表情を楽しめます。


5.目と鼻を作る

ピックで穴を開けます。

​躊躇なくぶすっ!といっちゃってください。

6.焼く

フライパンで焼きます。

​仕上がりを綺麗にするために油はしきません。
また、前の部分を焼いてしまうとお顔に焼目がついてしまうので後ろと横を焼きます。

ここでゴマ登場。

3つの穴にゴマを入れます。

​正直この作業、朝5時台からやると正直目がシパシパしてドライアイの梨子ちゃんにはちとツライ。。。


はい、出来上がりです。

ご飯の上に乗せます。

で、本日のお弁当完成です。

●お弁当を楽しもう

お弁当作り。
朝早いし眠いし手間もかかるし。
でも気持ち一つで楽しむことが出来たらといつも思っています。
暮らしを楽しむ。
そのために少しでもお役に立てたら。。。
連日の熱波、皆さん体調は大丈夫でしょうか。
梨子ちゃんが暑い暑い山梨からお伝えしました。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


梨子ちゃんのお弁当備忘録その3~ソーセー人弁当写真特集~

こんにちは、梨子ちゃんです。
この時期毎年、仕事がバタバタとするのですが。
もう本当に毎日ヘロヘロな状態。。。
仕事、家の事、学校の事。
フル回転な梨子ちゃん。
疲れが取れないんです。
年取ったな~と心から思ってしまうのです。
若かりし頃、ペコちゃん含むバスケ部で朝まで飲んでカラオケ、オールナイト。
そこから始発で帰宅、からの大学の講義。
ってどんだけ体力あったんだか。
若いって素晴らしいですよ(切実)

●ソーセー人変わらず元気です

息子も高校に入学し、毎日のお弁当作りがスタートしました。
記録のために毎朝撮影し始めたところ
まだ、以前撮ったままご紹介していなかったお弁当の写真があるのを
すっかり忘れていたのでここでご紹介します。
ソーセー人弁当続編をご覧下さい。

冬の定番・ゆで卵の雪だるまとソーセー人

ご飯で作った雪だるまとソーセー人(埋もれてよく見えない)

はんぺんとたらこの帽子付き

クロワッサンソーセー人

ぐでたま入り

卵焼きのお花を咲かせてみました

卵焼きをチューリップの形に

生ハムとチーズのグルグルとソーセー人

ウズラ星人とコラボ再び

ゆでたまごちゃんも登場

ソーセー人たらこに挟まれるの巻

ぐでたま再登場

たらこの帽子再び

ソーセー人2人ずつが基本

ビビンバとソーセー人

●母たち、頑張ってます

3月の終わりに
息子の中学時代の吹奏楽部のお母さん達とお弁当の話になりました。

『給食がありがたかったよね~。』
『毎日作るのは大変だよね~。』
『おかずのネタがないんだよね~。』
『詰めるのが苦手なんだよね~。』

などなど
みんな梨子ちゃんと同じ思いでした。
早起きもつらいところです。
でもやっぱり何事も楽しみたい。
お弁当作りが楽しくなる
そんな毎日を過ごしたいですよね。
ソーセー人様、様、な我が家です。

次回は高校に入学してからのソーセー人弁当をまとめてお送りします。

​推しメン『松重豊』様の孤独のグルメ新シーズンが始まり
嬉しくて仕方のない梨子ちゃんがお送りしました!。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


梨子ちゃんのお弁当備忘録その2~ソーセー人のさらなる侵略~

2016年話題をさらったドラマ。
通称『逃げ恥』。
梨子ちゃん、観てません、はい、一度も。。。
しかし、主演をつとめた星野源さん
どうやら梨子ちゃんの息子に似ているとの声が周りでちらほら。
似てるかな?くらいに思ってましたが
そのドラマでの眼鏡姿の写真を見て
眼鏡をかけている時の息子にやっぱり似ている!との結論に達しました。
梨娘は『もう星野源にしか見えない』と少し戸惑い気味。
しかし当の本人は
『僕はシゲ(ジャニーズWESTの重岡大毅くん)みたいな顔になりたい。』と。。。
完全に梨娘と梨子ちゃんの影響をもろに受けている息子です(苦笑)

●お弁当生活その後

娘の高校生活も順調に過ぎ
来月のテストが無事に終われば進級というところまでなんとか来ました。
また、部活動に忙しい息子の為の『部活弁当』もあったりと。
昨年5月にご紹介して以来(「遂に始まった!お弁当作り生活~梨子ちゃんの親子弁当備忘録~」)
ご紹介していないお弁当の様子をお知らせしたいと思います。

●ソーセー人は欠かせない

と、思ってるのは梨子ちゃんだけかもしれません。。。
が、これがまた、作っている最中から面白いんです。
一つ一つ同じように作るのですが表情が微妙に違ってくる。
ニヤニヤしながら作っている梨子ちゃん。。。キモイ(汗)

こちらは下ごしらえ

色違い毛ありバージョン

ハーフバージョン

切り込みパーマバージョン

それでは実際のお弁当を。
タイトルと共にお楽しみ下さい。

『直毛三つ子ソーセー人』

『角生えてきてる』

『短髪くんと長髪くん』

『仲良しWデート』

『ひまわり畑を親子でお散歩』

『最近ちょっと太っちゃった』

『ダイエット成功』

『七夕には やっぱり見たい 天の川』

『髪伸びちゃった』

『シンクロナイズドソーセー人』

『焼きそば星人との遭遇』

『十字行列 ON 4色丼』

『合唱コンクール with うずら星人』

『ママに三つ編み結ってもらった』

『ソーセー人チャンプル』

『会議中』

『夏の思い出』

『ひまわり綺麗だな with うずら星人』

『運動会でソーセー人大量発生中』

『3人組と言えば 少年隊とシブがき隊』

『泳げソーセー人』

『お友達出来たよ』

『雪だるまと一緒』

なかば無理やりなタイトルばかり、ですが
お楽しみ頂けたでしょうか。

●工夫は尽きない

​その後のお弁当は、というと、少し変化がありました。
梨娘、基本的に食べるのにものすごく時間がかかる子で。
本人から『時間がなくて食べきれない』との訴えが。
では、おにぎりにしてみよう!と考え
また梨子ちゃんの工夫の日々が始まりました。

おにぎりの上にソーセー人を乗せてみたり

おにぎりを『隠れミッキー』にしてみたり
(息子の部活弁当だったのですが『隠れミッキー分かった?』と聞いたところ『え!気付かなかった!』と。。。ちーーーん。)

いまいちやる気が出ず
おにぎりドーン。な時も。

なんとかソーセー人を登場させたいがゆえの無理やりなおにぎり(笑)

そして最近。
部活に行く息子が
『僕、おにぎりよりパンがいい』と言い始め
息子が気に入ったのがこれ。

​みんな勝手なことばっかり言いやがって、もーー!

●2017年も頑張る(予定)

最近、実はお弁当熱?が少し冷めつつある、気がしている梨子ちゃんですが
こうやって見返すとやっぱりまた頑張って作ろう!と思えます。
今年もこんな風に記録を残せたら、備忘録その3をお伝えしますね。

最後に仰天エピソードを。

普段リュックで登校する梨娘。
ちょっと(いやだいぶ)ガサツなところがあるので。
がっしゃがっしゃやりながらお弁当持って行ったのでしょう
梨娘から写真が送られてきました。

このお弁当が

​ママ!こんなんなっちゃった。と

おいーーーーー。
見るも無残なBefore & After

以上、日本ソーセー人連合山梨支部長の梨子ちゃんがお送りしました。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


遂に始まった!お弁当作り生活~梨子ちゃんの親子弁当備忘録~

こんにちは。
ルーペちゃんの健康診断についてのブログを読んで去年初めてやった『悪夢の胃カメラ』を思い出しました。
辛すぎて辛すぎて。。。
そのことを思うだけでストレスで胃が痛くなりそうだから胃カメラはやらない方がいいな!と勝手に都合よく捉えようとして、今年はどうやって逃げようかずっと考えている梨子ちゃんです。。。

●JKの母

我が家の子供達は
保育園→給食
小学校→給食
中学校→給食
という生活でした。
故に、娘が無事高校に入学しいよいよお弁当作りがスタート。

料理は大好きな梨子ちゃん。
でも実はお弁当作りは好きではありませんでした。
なぜか。
おおざっぱな性格のため作るのは好きだけど詰めるのが嫌い!なんです。
細々としたおかずをどう入れ込むか。
考えただけでげんなりしてしまう自分がいました。

しかーし。
やるならば何事も楽しくやらなきゃ損損!というわけで
ちょっと工夫しながらのお弁当作りをスタートしてみました。

●イマドキのお弁当事情

なんて、大袈裟な言い方ではありますがいろいろな場所で目にするイマドキのお弁当。
そりゃーまぁすごいんです。
世のお母さん達、いつ寝てるの?ってくらい素晴らしいお弁当ばかり。
キャラ弁や冷凍食品ゼロなど。
もはやお弁当も『アート』になりつつあります。

梨子ちゃん今まで恥ずかしながら『冷凍食品使ってなんぼ!』だと思っていたので参考までに、と見始めたいろいろな『お弁当作品』を見て衝撃を受けました。
元々手先が器用ではないし、細かい作業が苦手ですから。。。
こんなん出来んわ!と諦めていました。
でも娘の場合は通信制の高校なので、通学が週三日。
それなら世のお母さんたちよりは楽、よし、いっちょ楽しんでやってみるか!
と、いろいろとおかずや食材についてしっかり考えるようになりました。

●ソーセー人

とにかく自分が楽しみたい、という思いから、作っているうちから笑えるソーセー人はかなりの頻度でお弁当に、そして我が家の食卓にもしばしば登場します。
IMG_20160417_103627

FB_IMG_1463798175147
実は以前、SNSに投稿した梨子ちゃんのソーセー人を見たと、とある、あの、朝の番組のスタッフさんから、番組のコーナーで今話題のソーセー人を特集するので写真を使わせて欲しいとの依頼がありました。
結局使われたという報告もなかったので却下されたと思われますが苦笑
世の『ソーセー人愛好家』達の作品は素晴らしいです。
が、梨子ちゃんは先出の通り器用ではないのでクオリティは二の次!
お弁当箱を開けたら思わず力が抜けてリラックス出来るソーセー人を目指しています。→ものは言いよう笑

IMG_20160419_053610

IMG_20160501_053858

IMG_20160511_053139

IMG_20160517_052242

IMG_20160520_052252

●飾り切り

かまぼこなんて切って詰めればいい
ウィンナーなんて焼いて詰めればいい
ハムなんて空いたところにくしゃくしゃって入れちゃえばいい
これ、梨子ちゃんの得意とするずぼらな考え方でした。
でも衝撃を受けて以来、その悪い傾向が少しづつ消えてきました。

かまぼこの上のピンクの部分を三つ編みにしてみる
IMG_20160426_053529
誰が考えたか知りませんが
でも綺麗です。→自画自賛
ただこれ、異常に難しく苦戦しました。
キャラ弁上手なお弁当仲間も『これ出来なかった』と言っていたほど。
(って梨子ちゃんどや顔してませんからね!)

ハムをお花にしてみる
IMG_20160420_052949

目にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。
これは梨子ちゃんにも簡単に出来ました。
くしゃくしゃって入れるより遥かにいいですよね。
最近ではハムとチーズなどを合わせて巻いてみたり
アレンジ出来る余裕も出てきました。

ウィンナーにいろんな切り込みを入れてみる
DSC_0160
上の何枚かの写真にもありますが
これもいろんなアレンジができて気分も変わるし楽しいです。
次はどんな風に切ってやろうか。。。あ~楽しっ!

●ナイスなおくら

いろいろな食材を考えて入れますが
一番のヒーローはおくらだと勝手に思っている梨子ちゃん。
緑で色鮮やか
そして何よりいいのは
断面
IMG_20160422_055012
卵焼きなんかも切ってハートにしたり
竹串や箸などであえて形作ってみますが
おくらはただ切るだけでマーク。
縦に切っても見栄えがします。
見た目もかわいいしかなり使えます。

●まとめ

こんな感じでお弁当作りを楽しみ始めて一ヶ月以上が経ちました。
結局お弁当作りは栄養とか母の愛情とかいろんな観点から言われることがありますが梨子ちゃんの場合はただ一つ。
『自己満足』!です。
今日も楽しかった、で終われるお弁当作りは自分でも『素敵じゃ~ん♪』て思うのです。

でも何よりも学校に行けている娘にお弁当が作れる幸せをただただ感じていたい
同じ時間に娘と同じお弁当を食べている幸せをただただ感じていたい
という根本の思いがあります。

こんな風にしていると。。。
自然と、このずぼらな梨子ちゃんが崇拝?していた冷凍食品の出番がほとんどなくなっているのです。
いいこといいこと。

私が高校時代毎日のようにお弁当を作ってくれた母。
それと同じことが自分の娘にも少しだけど出来ている喜びを噛みしめつつ、今もなお、父のお弁当を作り続け
1463798312602
時にはユーモアたっぷりに作り続けている母
(これは喧嘩した翌日のお弁当だそうです爆笑)
FB_IMG_1463798265420
を尊敬している梨子ちゃんでした。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<