ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

ドクタールーペカップ2017、今年は日光アイスバックスと!

こんにちは、ルーペちゃんです。
最近の暖かさで花粉が飛び始めたようで、今日はなんだか鼻がムズムズしました。
夜は身体がだるく熱っぽい風邪みたいな感じ・・・これは毎年ブログに書いている「花粉症が始まる前兆」でしょう。
これが1週間くらい続いた後でおもむろに花粉症が全開になるという。
長いシーズンの始まりです。仲間のみなさん、整えていきましょう!

●H.C.栃木日光アイスバックスとドクタールーペカップ!

暖かいのは数日で、また冬の寒さが戻ってきましたね。
そう、寒さはまだまだ続くのです。
ウィンタースポーツも今が本番。
ドクタールーペのFacebookをフォローしてくださっている方はすでにご存知かと思いますが、
アイスホッケーマッチ・ドクタールーペカップ」今年もやります!
昨年は札幌で開催し、それに合わせてユニフォームプレゼント企画も行い、みなさんに大変注目していただきました。
今年も、ここでご紹介する必要がないんじゃないか?と思うくらい、特設サイトでは日々大盛り上がり。
ありがたいことです。

なぜそんなに盛り上がっているかというと、対戦相手がすごいんです。
なんと「H.C.栃木日光アイスバックス」のみなさんとDr.LOUPE FINDERSの試合なんです!
アイスホッケーに詳しくなくても名前だけは、という方も多いと思います。

前身は古河電工アイスホッケー部。廃部に伴いチーム存続に各方面の人々が奔走し、行政支援や市民の強力なバックアップを受けながら高いチーム力を保ち続け、日本リーグのみならずアジアリーグにも参戦。
2014年12月にはアイスバックス誕生後初めて全日本アイスホッケー選手権で優勝を果たしました。
日本を代表するアイスホッケーチームと言っても過言ではありません。

●熊本地震支援チャリティマッチです

今年はイベント自体も大きいので、情報を一元化するためにドクタールーペカップのための特設公式サイトも作りました。
Dr.LOUPE CUP2017
Facebookはこちら

サイトをご覧になってお気づきになったでしょうか。
今回、「熊本地震支援チャリティマッチ」として開催いたします。
読影をする会社としてのドクタールーペは、「人々の健康を守る」ことが企業理念です。
まだ十分な環境とは言えない被災地のみなさまの健康状態を少しでも改善したいという思い、
また福岡出身の弊社社長・平子の、同じ九州人として何かしたいという強い思い、
それらを形にしたのが今回のドクタールーペカップです。

会場ではアイスバックスの皆さんと一緒にルーペちゃんペコちゃんも募金活動を行います。
みなさまから集まった募金は全額を「平成28年熊本地震災害義援金」へ寄付いたします。
ご来場のみなさまは、ぜひ暖かいご支援をよろしくお願いいたします。

●見どころは

アイスホッケーのことを何も知らないルーペちゃんはブログを書くにあたりヒラコ社長に聞いてみました。
– 見どころは何です、って書いたらいいですかね
「やっぱりチャリティマッチやから、募金額がどこまでいくかが見どころやないかね」
– ・・・いやそういうことじゃなくて。
「日光アイスバックスが試合してくれるってこと、そのものが見どころだ!」
– どういうことですか?
「考えたらわかろうもん、たとえばプロ野球チームがシーズン中に、草野球チームと親善試合してくれると?
– ありえませんね。
「それが今回実現されたことがそもそもすごい、と」
– なんとなく分かってきました。

ヒラコ社長は”草野球”なんて謙遜していましたが、ドクタールーペチームの方もほぼ日光アイスバックスOBの方々がメンバーなので、見応えある試合になるはずです。
楽しみですね!

●ジャージプレゼント、今回も!


昨年大反響をいただいたアイスホッケージャージプレゼント、今年もやります。
会場で5000円以上募金くださった方に抽選券をお渡しします。
第一ピリオド、第二ピリオド終了後、合計2回の抽選を行い、2名様にプレゼント。
しかも日光アイスバックス選手のサイン入り!

●開催詳細

Dr.LOUPE CUP2017
Facebookはこちら
■開催日時:平成29年2月12日(日)  開場15:30 試合開始16:20

■開催場所:日光霧降アイスアリーナ
〒321-1421栃木県日光市所野2854
※東武日光駅からアリーナまで無料送迎バスが出ます。詳しくはこちら

■入場無料

試合当日は募金箱を設置します。
集まりました募金はすべて「平成28年熊本地震災害義援金」に寄付させていただきます。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


ドクタールーペカップ@札幌、4月16日開催

こんにちは、娘とディズニー映画「アーロと少年」を観に行き、久しぶりに人前で嗚咽してしまったルーペちゃんです。
うわはずかしい、と思いきや、周囲からもなかなかいい嗚咽、漏れてました☆(。-д-。)ゞヘヘ…
今年一番泣ける映画、決定!今のところ!

●アイスホッケージャージ、当選者決定しました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。
厳正な抽選の結果、3名の方にジャージをプレゼントさせていただきます。
3名の方にはFacebookを通じてご連絡し、すでにジャージも発注済みです。
賞品到着後には、当選者のみなさまに感想をいただくことになっております。
その際にはまたこちらでご紹介したいと思っております。
ちなみに一番人気デザインはやはり①でした。
small1
それにしても、やってみて初めて分かることってのはあるもので、Facebookを通じての懸賞というのは、規約で色々と規制されていることを知ったのが今回勉強になった点。
シェアを参加条件にしてはいけないとか、主催者側から先に当選者にメッセージを送ってはいけないとか。

初めてで不慣れなことばかりで、皆様にご迷惑をおかけしたことなどあるかもしれません。
(一番致命的だったのは、募集ページを「編集」してしまったので「いいね・コメントができない不具合」が起こったことでした。)
お詫び申し上げますとともに、今回の経験を今後に活かしたいと思います。
次の機会がございましたら、ぜひまたご参加くださいますようお願いいたします。

●ドクタールーペカップ、やります!

そもそもなぜジャージプレゼントを行ったかというと、これの宣伝のためでもあったのでした。

20160320003736small
クリックすると拡大します

【ドクタールーペカップ】
■日時:4月16日(土)19:30〜
■場所:札幌市月寒体育館
■対戦カード:札幌ホッケークラブ V.S.ドクタールーペファインダーズ

上記要項にて、ドクタールーペカップが開催されます。
札幌近郊にお住まいの方はぜひ足をお運びください。
目をほそーくほそーくしてみたら、なんとなく城田優くんに見えなくもないかもしれないヒラコ社長がお待ちしております!(←当発言に関する一切の責任を放棄します)

●札幌あるある

いいなぁ札幌。。。

いいなぁ札幌。。。

つい心の声が大きくなってしまいました。
何度か行ったことがありますが、空気がキレイで食べ物がおいしくて景色が良くて、今さら言うまでもないほどいい街ですよねー。
IMG_2743
↑札幌の素敵なカフェ、森彦さん。

以前、北海道の距離感を端的に表したこんなツイートが話題になりました。

思わず画像を二度見してしまいます。
函館から宗谷岬までって、和歌山の最南端(串本町)から能登半島の最北端までと同じ距離!
函館から納沙布岬までって、和歌山の最南端(串本町)から千葉の九十九里までと同じ距離!
ひとつの都道府県とは思えません。

何かで読んだ覚えがありますが、北見に住んでいる人がつぶやいた内容もすごい。
東京の友達から、出張で札幌に行くからちょっと飲みに行かないって軽く誘われたが、札幌から北見までは300キロあるんだ。
みたいな感じだったと思います。

なので、ルーペちゃんも無茶は言いません。
「北海道の方」なんて大雑把な言い方は断じてできません。
「札幌近郊にお住まいの方」と限定させていただきました。
もしよろしければ、多少遠くてもぜひ。

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<


アイスホッケージャージプレゼント企画やってます・デザイン解説

アイスホッケージャージプレゼント」企画にたくさんの「いいね!」ありがとうございます。
本プレゼントは3月6日まで実施しておりますので、ぜひどしどしご応募ください。

Facebookページのジャージの写真に「いいね!」をした後、コメントをするだけで簡単に応募できます。
(期間中、応募ページは弊社Facebookのトップページに固定しておきますのでご覧ください。)

印象的なデザインのジャージ、みなさんはどれに投票しましたか?
ジャージをデザインしてくださったデザイナーさんから「それぞれのデザインの意図」についてコメントをいただいたので、ご紹介しますね。
デザイン選びの参考になさってください。

====================================

small1

ショットしたパックの勢いやスピード感を、氷がくだけた様な表現で見せています。
同時に、何か精神的な壁のようなものを砕いて行くイメージで作っています。


small2
構造はシンプルにですが、柄や色を主役にするのではなく
ドクタールーペというタイトルを一番主役に見えるようデザインしました。


small3
ゲームを支配する「渦」のような、中心で活躍するイメージを表現しています。
リンクでその「渦」となる選手がたくさん動くことで、チームに勢いを付けて行ける
ように。
吸い込まれる印象が、他チームを飲み込んで行くのではないかという威圧感も出して
います。

====================================
デザイナーさんの解説を聞くと、また違った良さが見えてくるような気がします。
人気ナンバー1のジャージはどれになるか、私たちも楽しみです!!!

>>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<