ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

抜歯後のわたし〜抜いた後のこと〜

こんにちは、ルーペちゃんです。

サッカーに全然興味がないからワールドカップの話題早く終わらないかなーと思っているなんてことは、誰にも言えませんよね。
ええ、本当にそんなことを思っている人がいるとしたら、誰にも言えないと思いますよ。(キリッ)

てっきりペコちゃんも私と同じ人種だと思っていたら、ちゃんと朝3時に起きて応援するくらい熱心だったのでちょっと意外でした。

●抜歯後ってどうするの?


以前、歯ぎしりが過ぎて歯が割れてしまい、なんだかんだで抜歯した話を書きました。

抜いた後どうなったんだとお問い合わせが殺到…してはいませんが、たぶんおそらく夜も眠れないほど気になっていたであろうみなさんに、今日は抜歯後の生活についてお伝えします。

まずは基礎知識から。

抜歯後の処置としては、大きく3パターンに分かれます。

1.インプラント
2.ブリッジ
3.入れ歯

【1.インプラント】

あごの骨に土台となるネジを埋め込み、それに義歯をかぶせるもの。
ひー、書いているだけでぞわぞわする。
メリットは、自分の歯同然の生活ができること。
つけ外しもなく、見た目も自然です。

デメリットはまず高額なこと。
一本だと平均して30万~40万でしょうか。
あとは、骨に埋め込むので痛みが出る人がいる、と聞いています。

アメリカ在住のルーペちゃんの義兄は50万円でインプラントを入れましたが、よく痛みに悩まされていて、歯の治療のために日本に帰国したりしています。一体総額でおいくらの歯になるのかしら。

【2.ブリッジ】

抜けた歯の両脇の歯を支柱にして、橋をかけるように義歯を取り付けるもの。
違和感なく、見た目もそれほど目立ちません。
しかし、支柱にする両脇の歯を大きく削らなければなりません
健康な歯を削るというのはかなり抵抗感を感じると思います。
その健康な歯の寿命が短くなる可能性がありますし、歯科医の先生によると
食べかすが溜まりやすく、口臭や虫歯の原因になることもあるそう。

結論から言うと入れ歯にしました

【3.入れ歯】


というわけで総合的に判断して、入れ歯にしたんです。
入れ歯も、保険適用になるものと自由診療のものがありまして、
保険適用のものは銀色の部分が大きく見えて、見た目がいまいち。
また装着感も違和感が強く調整が難しいそう。

13万円という決して安くはない値段でしたが、自由診療の入れ歯を作りました。
シリコンでできた柔らかい素材の入れ歯です。
装着感が自然で、調整も簡単、見た目もほとんど自然の歯と変わりません。

こちらは、セカンドオピニオンをお願いした知人の歯科医も勧めていました。
デメリットは多少装着に違和感はあることと、手入れが必要なことでしょうか。

装着してみてわかったこと


・シリコンの入れ歯でも両脇の歯は少し削る!

私のイメージではシリコン製の歯をぽこっとはめればOKかと思っていたのですが、金属製のバネは存在します。
そのバネを格納するためのほんのちょっとの穴が必要なので、両脇の歯をほんのちょっとずつ削ります。
削ったところから虫歯になったりヒビが入ったりしないか、ちょっと心配。

・慣れないうちは食事が美味しくない

入れ歯は上の奥歯なのですが、上顎を一部覆うので、食事のときなんだか違和感があるんですよね。
その部分だけ麻酔をかけたように味を感じないので。
慣れればどうってことはないのですが、最初はいや~な感じでした。

・食事の後は必ず外してすすぐ

コマーシャルにあるような、「◯◯が挟まって痛い」ということはありませんが、
目に見えない細かい食べかすは入り込むので、必ず食事ごとに外してすすぐ(歯磨き)よう指導されます。

・手入れは思っていたほど面倒でもない

最近はいろいろいいものがあります。
医院で勧められたこちらは泡のポリデント。

洗顔料のように泡がブシュッとでるので、寝る前に入れ歯にかけておけば
一晩置いて翌朝少し歯ブラシでゴシゴシするだけでキレイになります。
入れ歯はとても柔らかい素材でできているので、こすりすぎはNGです。

残った歯を大事に


今更言っても仕方ないことですが、歯は削らないに越したことはないですね。
生まれつきの歯質とか、昭和の時代の歯科治療とか、自分の不摂生とか、
いろいろ要因はありますが、本当に、私は歯にはよく悩まされます。

歯の悩みが何もなかったら、どんなに心が軽いだろうかと思います。
なので、小6の娘が今のところ虫歯ゼロなのはとても救いです。
彼女には歯の悩みのない人生を送ってほしい。

みなさんもどうぞ歯をお大事に。
そして、もし大きな決断をするときには、必ずセカンド・オピニオンをもらった方がいいです。
歯科治療はまだまだ進歩していますよ。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<