ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

現代小学生塾弁事情

こんにちは、ルーペちゃんです。
先日映画「グレイテスト・ショーマン」を観てきました。
ストーリー的にはシンプルで、登場人物はそれなりに苦労するけれども
こちらが見るのが苦痛なほどの苦労ではなく、すべていい具合に解決されるので、
観て楽しい、スッキリ元気でる!」という映画です。

格調高く人生の艱難辛苦を教え諭す映画よりも、こういうスッキリシャッキリした
映画の方が、「よし、明日も頑張ろう」と素直に思えるんですよね、私は。
サウンドトラックを買ったので一日流しっぱなしのグレイテストショーマン祭り開催中。
それにしてもヒュー・ジャックマンて、背高くてハンサムで仕事ができて歌が上手くて頭が良くて性格がいいらしい。
8歳年上の奥さんをずっと大事にしているところも好感度高い。
完璧すぎやしない?
欠点を一生懸命探しても、ようやく「洗濯物をいつも片袖だけ裏返して出す」くらいしかないんだろうな。

●クラスの半分以上の子が塾に通っている現実

自分が経験がなかったもので、中学受験というものについて非常に懐疑的でした。
貴重な子供時代の時間をこんなにも勉強に注ぎ込む必要があるのだろうか、と。
でも、あるところで吹っ切って「こうなったら受験に首までどっぷりつかってやる!」と思わないと続きませんね。特に親のほうが。
私の場合、上のお子さんで中学受験を経験したママ友がメンターになってくれて、
手取り足取り教えてくれるので、いつの間にか知識も覚悟もついたようです。

夜遅くまで塾で過ごし、休日も宿題に追われる子供の姿は、親からは悲壮で健気に見えますが、
実のところ本人たちは「そういうもんでしょ」と言わんばかりに淡々としているのです。
むしろ塾は楽しいところ、と思っているフシがあります。
それが演技ならそれこそ大人物ですが、いずれにしても親はサポート、裏方しかできないのです。

●実録、これが小学生の塾弁だ

娘の通っている塾では週3日、17時から21時まで授業があります
すなわち週3日、塾で夕飯を食べることになります。
これも慣れるまでは大変でした(親が)。

ランチで食べるお弁当と塾弁の大きな違いは、「夕飯であること」です。
栄養的には一日でバランスが取れればいいのでしょうけれど、
たとえば「菓子パンとジュース」はランチではOKでも毎日の夕飯だと気持ち的にどうかと。
食べて気持ちが上がり、残りの2時間の授業を集中して過ごすためには、
「夕飯としてのお弁当」を考えなければなりません。
以下、この2月から塾弁を始めた保護者の方々のためにいくつか私が気をつけている点を綴ります。

(1)なるべく温かいままに

↑上から時計回りに天丼弁当、焼肉と卵とアスパラのサンドイッチ弁当、京都で買ってきた漬物をありったけ載せた漬物弁当

作ってからだいたい3時間後に食べることになるので、あまり食中毒の心配はいりません。
冷めないよう、私は保温バッグを二重にして入れています。
保温ジャーのお弁当箱はかさばるし、重いので、ただでさえ5キロ近いテキストを背負っている子供には不評です。
温かいものを食べさせたいからと、食事時間の直前にお弁当を届ける保護者もいるようです。
ちなみに届ける場合、教室の手前にテーブルが出してあって、そこに名札を付けたお弁当を保護者が置いていきます。

(2)汁物をつけると喜ぶ

↑左上から時計回りに銀鱈粕漬け弁当、ブリ照り焼き弁当、ビビンバと豚汁弁当、鶏そぼろ弁当、ミートボール弁当

「夕飯らしさ」をより高める汁物は、あると嬉しいようです。
サーモスの250mlのジャーを持っている子が多いのは、
お味噌汁を入れるのに量がちょうどいいからです。
うちはカレーやシチューを入れられるように350mlの方にしましたが、
250があったら便利だなあといつも思います。

(3)子供はお弁当バッグを手に持って運ぶ
前述したように、リュックの中はテキストでパンパンなのと、そのパンパンなリュックの中にお弁当を入れると惨劇が起こるおそれがあるため、保温バッグを手に持って運ぶ子がほとんど。
耐久性と使用感を考えると100均のものではなく、ちょっといいバッグを買ってやった方が結局長持ちします。

(4)ご飯の時間は短い

↑左から時計回りにステーキとビビンバ弁当、サラダと牛すじ煮込み弁当、塩サバと鶏ごぼうご飯弁当、豚しょうが焼き弁当、牛焼肉丼とサラダ弁当

塾にもよりますが、だいたい授業の間の休み時間は30分です。
それも30分まるごとご飯に使えるわけではなく、トイレに行ったり荷物をなんだかんだやっていると、ご飯を食べる時間は正味15分ほどだそうです。
子供が15分でご飯を食べ終わるのはなかなか難しいことです。
子供と相談しながら、ちょうどいい量を探ってみてください。

(5)眠くならないメニューを

経験的に、炭水化物が多い食事だと眠くなることがわかっています
また、白飯の割合が多いお弁当は食べるのに時間がかかるので子供からも不評です。
普段の夕飯に食べる白飯の量の、半分くらいを目安にして詰めています。
代わりにタンパク質を多く摂れるよう、魚、肉、卵、チーズをメインにします。

(6)たまにサボって外食にするのも歓迎される

もちろんお店のお弁当やファーストフードを持ってくる子もいます。
うちの娘もたまにそういうものが食べたくなるようです。
私が仕事の日に重なったりして「お弁当買って届けるけど何がいい?」と聞くと
嬉しそうにあれこれ迷っています。
リンガーハットの皿うどん、ココイチのカレー、銀だこのたこ焼きなど、むしろ
「ザ・弁当」でないものを指定することが多い。
ときどきマクドナルドのセットを持ってくる子がいるらしく、
ポテトの匂いでみんなお腹が鳴ってたよ」と言っていました。

(7)ワーキングマザー・ファーザーも頑張ってる

↑娘が幼稚園のとき初めて作ったハロウィン弁当。マメだったな。。。

前項で書いたように、お弁当は手作りでなくても気後れすることはありません。
子供たちはどの子の弁当がどうだとか、他人の事情はあまり気にしていないようです
(そんなことに気を取られてたら成績上がらないし!)
塾代は家計にとって少なくない負担ですから、働いて塾代を稼いでくれる保護者のことを
ありがたいと思わない子供はいないでしょう。

仕事終わりに弁当を届けるお母さんも、買って食べてねとお金を渡すお母さんも、
弁当を手作りするお母さんも、もちろんお父さんもそうでない人も、
みんな子供を思う心は同じです!

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<