ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

デンマークキャンプin焼津に行ってきた!

こんにちは、ペコちゃんです。ルーペちゃんの愛媛紀行を見て、こっそりと、自分も一緒に旅行した気分でいます。愛媛をはじめ四国に行ったことないけれど、とっても魅力的ですね。そして知識をもって旅すれば、魅力が何百倍にもなる。道後温泉、和蝋燭、内子座気になるきになる。行ってみたいなぁ。

●デンマークキャンプin焼津

以前エグモントホイスコーレンというデンマークの学校をご紹介したことがあります(こちら)。現在生徒約200人のうち約半分は何らかの障がいを持っていて、彼らをサポートする生徒は学生でありヘルパーでもあります。障がいを持つ生徒と持たない生徒が共に寮生活をし、共に学ぶ。エグモントホイスコーレンは福祉国家であるデンマークの中でも唯一の学校です

昨年は、その学校の生徒、脳萎縮性の疾患を持つリースさんのドキュメンタリーをご紹介しました。(リース遠征隊上映会)リースさんとその仲間7人が北ヨーロッパの最高峰であるノルウェーのガルフピッゲン山の登頂を目指しました。ヤコブは車椅子に乗り、それを仲間達が押し進み、時には険しい道のりが何度もある中、車椅子を持ち上げたり、ヤコブを背負い抱えながら登頂に挑みました。この映画では、旅の計画、資金調達、準備、介助とチームで行った一連の記録が映像に収められています。

この上映会に参加された方々から、こんな声が多く寄せられたそうです。
車椅子ユーザーだけど、実はカヌーに乗ってみたい!という夢がある、自分もリース遠征隊のように信頼できる仲間がほしい、リース遠征隊のみなさんともっとお話ししたい、エグモントホイスコーレンという学校をもっと詳しく知りたい。

これらの声に応えて企画された『上映会の第2弾、リース遠征隊&エグモントメンバーと過ごすサマーキャンプ』が先日開催されました。場所は静岡県焼津市。障がいを持っていてもいなくても参加できるキャンプ。参加は20歳以上でしたが、こどもの希望者が多かったため急遽一部のプログラムにこども参加OKとしてくださいました。もちろんペコ家も行ってきましたよ~

●どんなキャンプ?

三泊四日のキャンプ。キャンプといっても、テントやバンガローに泊まるのではありません。宿泊先は高草山にあります林叟院(りんそういん)さん。ちなみにこちらの前住職は、Appleの創業者で元最高経営責任者スティーブ・ジョブズ氏に禅を指導されたそうです。

お寺に宿泊し、日中はいろいろなアクティビティをみんなで体験します。港町焼津での岸壁釣り、座禅、竹食器作り、カヌー、海水浴、浜辺でのBBQ、焼津市七夕祭り、高草山登山。

エグモントと日本人の参加者はヤコブを始めとする車椅子ユーザー、ダウン症を持つ人、ADHDを持つ人、「健常者」。様々ですが、みんな同じように体験します。もちろん人それぞれに合わせ、例えば麻痺がある車椅子ユーザーの方でも安全安心の上楽しめるよう配慮したデンマーク・エグモント式のカヌーを使います。

暗く写っていますが、それほどでもなかった。ヘルパーのお兄さんお姉さんたちが、こどもたちを誘って海で遊んでくれました。車椅子ユーザーの男の子、ダウン症を持つ男の子、そして息子。もちろん支えてくれていますが、浮きポールを曲げて身体を乗せているのでぷかぷか浮いて楽しめます。

お兄さんもお姉さんも本当に優しくて、浜に上がりたがらないこどもたちと一緒に何十分も一緒に遊んでくれました。でも「遊んであげてる」のではなく、自分たちも心から楽しんでいることが見ていて分かります。お兄さんたちは普通にデンマーク語や英語で話すし、こどもたちは普通に日本語で話す、そしてもちろん通じている。

こちらは砂浜用の車椅子。砂にタイヤを持っていかれることなく、スイスイと走ることができます。

焼津のバーベキュー屋さんが出張で来てくれて、お肉やら焼きそばやら野菜やらいっぱい焼いてくれました。ピーマンは丸ごと焼いていましたが、なすもいけるんだな。赤いのは唐辛子。ビールと一緒に皆さんむしゃむしゃ食べていました。

夜には七夕祭りへ。特設ステージがありいろいろな出し物をしていましたが、エグモントのバンドメンバーも演奏しました。内気な母からすればうらやましいくらいのコミュ力高い娘、旗の振り方を教えているところ。あっちにこっちに行って、楽しく過ごしていました。

●参加してみて思うこと

皆さん撮った写真を参加者のサイトであげていて、キャンプのすべての様子が分かります。デンマーク人も日本人も、「障がい者」も「健常者」もみんなとってもいい笑顔で、見ている私やこどもたちまで自然に笑顔になるほどです。

私たちは半日の長くはない時間の参加でしたが、「健常者」たちが自然に「障がい者」と接してサポートする姿、「障がい者」が自分でやりたいことを決めてそれが尊重される様子、差別や陰口がなくお互いを無理なく尊重し合う雰囲気を充分に感じました。こどもに感想を聞くと「海に入ったのがすっげーーーー楽しかった」「お祭り、たのしかった」でしたが、心の奥にでもこの雰囲気を置いておいてもらえたらいいなぁと思うペコちゃんなのでした。

キャンプの打ち上げで、プレゼント交換会がありました。厳重に梱包された中からでてきたのは、こちらのラクリス(Lakrids)セット。ラクリスとは、甘草の根っこのエキスを抽出してつくられたグミのようなもので、デンマークの典型的なおやつ。漢方にも使われているので、独特な味で・・・・ワタシハニガテ。いろいろな種類のグミが入ったセットを買ってもいつもラクリスが残る。外国人はラクリスが苦手な人が多いのを知って、プレゼントに選んでくれたのでした。癖のある味がくせになるとは時に聞きます。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<