ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

あの美しい人に花束を

こんにちは、ルーペちゃんです。

今日は本当は愛媛編の続きを掲載するつもりでしたが、

急遽取りやめてこの文章を書いています。

 

6月22日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんのため亡くなったことが

本日ご主人の市川海老蔵さんから発表されました。

34歳、小さいお子さん二人を遺しての、あまりにも早すぎる死でした。

 

現役キャスター時代の彼女については、正直あまり印象がありません。

失礼ながら何年かしたら活け替えられる”華”的な存在なのだろうと思っていました。

ただ、子供のような真っ直ぐな目でひたむきに人の話を聞く姿勢が好ましく、

テレビ界には珍しい、邪気や邪心のない純粋な人だなと思っていました。

 

歌舞伎界の名門のプリンスとご結婚なさって、ああいう純粋な人には大変な世界だろうけど

幸せにお暮らしなのだろうと思っていたところに、乳がんの公表。

しかも病状は極めて深刻。

病気を隠してひっそりと最期を迎える道もあったかと思います。

でも彼女はそうしなかった。

テレビに出ていた人なら絶対に公にしたくないであろう、こちらが見るのをためらうほど

生々しい闘病中の姿を、彼女は当然のようにごく自然に、ブログに掲載しました。

そして、ブログの題名「kokoro」そのままに、まるで親しい友だちに語りかけるかのように、

自分の正直な心情を綴りました。

時折弱音や悲しみが見え隠れするものの、それはほんのわずかで

様々な感情を、必ず前向きな明るい言葉でていねいに包んであるのでした。

その美しい言葉の数々は、彼女のように辛い病状に苦しんでいる人のみならず、

健康に過ごしている私たちにも大きな感銘を与えました。

なんて強い、強い人だったのだろうと思います。

 

ブログから伝わってくるのは、穏やかで淡々とした日常。

亡くなる数日前であっても、変わらぬ明るさ。

実際の彼女の生活は壮絶だったに違いないと思うと、その明るさに驚きます。

人は、楽しいから明るくなるのではないのですね。

明るくふるまっているから楽しくなるのです。

彼女のブログからはさまざまなことを学びとれます。

 

小林麻央さんも毎年きちんと人間ドッグを受けていたのに、ということで

ときどき「健診を受けても病気が見つからないこともあるし健診は意味がない」

などという趣旨の文章を見かけることがあります。

しかしそれは完全な間違いで、健診でガンが見落とされる可能性と、

自分がガンにならない可能性を混同しているだけです。

あなたが人生という道を歩くとき、その道に落ちているすべての石を拾うことはできませんが、

つまづいたら大怪我をするかもしれない危険な石を取り除くことはできるのです。

 

弊社の読影ドクターは、すべて実際に病院で診察を行っている臨床医です。

ドクターたちは自分の病院で診察を行いながら、残り少ない自分の時間を読影にあてています。

アキコ先生などは、起きている時間は全部診察と読影にあてていると言っても過言ではないかもしれません。

ドクターたちが自分の時間を犠牲にしてまでも必死で見つけようとしているものは、

あなたが病気であるという証拠ではなく、あなたが健康であるという証拠なのです。

だから、怖がらないで健診に行ってみてください。

 

小林麻央さんが命とひきかえに私たちに伝えてくださったもの。

健康の尊さ

明日がある歓び

周囲への愛

どんなときも明るく

小林麻央さんの人生に拍手を送ります。

心よりご冥福をお祈りいたします。

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<