ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

草間彌生「わが永遠の魂」展で頭をかち割られる

こんにちは、ルーペちゃんです。

GWの谷間の平日、娘が学校から帰ってくるのを待って、一緒に六本木に出かけました。
目的はコレ。

非常に混雑しているとの前情報をえていたので、絶対平日に行こうと決めていたのでした。
久しぶりに歩く六本木・乃木坂はずいぶん雰囲気が変わっていて。
街も変わったのでしょうけれども、自分も変わったからですかね。
歩くだけでウキウキドキドキする街だったのに、「あれ〜こんな街だったっけ」と思ってしまった。
再開発で街の特色が失われているひとつの例なのかも。

国立新美術館に到着。
(ずーっと「新国立美術館」だとばかり思っていました。このロゴマークみたら絶対そう思いますよね)
休日はもっとすごいらしいのですが、それでもチケット売り場はそこそこの行列でした。

私は事前にオンラインチケットを入手していたので、入り口でスマホのバーコードを見せてすぐ入れました。
クレジットカードで決済できるし、メールで届くのでチケットを忘れることもないし、何より並ばなくて済むのでおすすめです。

幸い入場制限もなかったのですぐに会場に入れました。
二つ目の部屋が圧巻。
体育館のように広い空間いっぱいに、同じ大きさの正方形に描かれた作品群「わが永遠の魂」がズラッと展示されています。
ひとつひとつが大きくてさぞ描くのが大変だろうと思うのですが、驚くことにこのシリーズを描き始めたのが2009年から。
現在88歳の草間彌生氏、80歳くらいからこれを描き始めたということ。
80歳といったら普通の芸術家なら「晩年」と評される頃です。
この部屋は写真撮影が可能なのですが、営利目的での利用はできませんので、こちらのブログでは掲載できません。
が、Googleで検索するとたーくさんの画像が出てきますので、雰囲気を知りたい方はそちらを。
この部屋に入れただけで来たかいあったと思わせる大迫力です。

一番有名なドットモチーフのほか、男根をモチーフにした作品が多いことでも知られる草間氏。
今回もそのような作品がいくつかありますが、実際に見てみると、よく解説で言われるような「抑圧された性への欲求」的などろどろしたエロスを感じられないのです。
むしろアッケラカンとしたユーモアじゃないのこれ?と。
小学生の娘と見ても全く気まずい雰囲気にならず、ハハハこれ全部動いたら面白いね、なんて話せるカラッとしたエロスとして鑑賞しました。

この展覧会は音声ガイドが面白いという情報も聞いていたので、音声ガイド(1台500円)を2人分借りました。
男性のナレーターが主に解説し、ところどころで草間氏本人のコメントが挿入されています。
この草間氏本人のコメントがとてもよかった。

ひとことで言うとすごく壮大なんです。
宇宙とか永遠とか人生とか芸術とか
普遍的で大きすぎるテーマに正面から向き合うことは、私も含めて普通の人は気恥ずかしくて議論もしないし、テーマにも選びません。
が、草間氏はもう真正面からそういうテーマにがっぷりよつなんです。
一切の気恥ずかしさもない、子供のような真っ直ぐな瞳で
宇宙の果てまで私の芸術で埋め尽くしたい」って88歳の人が言うんですよ。
「もう45歳だから〜」と何かにつけていいわけする私は、もう頭をガツーンとかち割られましたね。
無邪気と素直に勝てるものはありません。
こういう生き方もアリだなぁと思ってしまいました。

もしこの展覧会を観に行くことがありましたら、ぜひ音声ガイドを借りることをおすすめします。
草間さんのひとつひとつの言葉がハートにズキュンときます。
作品を見ながらご本人の声で聞くとなおさらです。
最後におっしゃっていた言葉が圧巻。
今まではプロセスにすぎない。
もっともっといいものを作るためにこれから新しい人生を歩んでいきたい。

これ、経験も実績もありすぎる88歳の人が言ってると思うとすごいです。
いい言葉すぎて逆に普通人には猛毒。

ミュージアムショップはさすがに並びましたー。
でも15分くらいだからまだマシなのかな。
ゆっくり選ぶことはできないので、目についたものをパッパッとすばやく手に取らないと後に戻れません。
やよいちゃん人形というマスコットが人気らしく購入制限がありました。


小屋の中にシールを貼るという参加型の作品。
入り口でまるいシールを渡されて好きなところに貼るのですが、もう貼られすぎてシールの重みで落ちてきたりそれが靴の裏に貼り付いたりで何がなんだかな状態。
でもカラフルでキレイです。

屋外に例のカボチャがあります。
立ってるだけで3組に撮影を頼まれました。
私たちも人に撮ってもらいましたが、偶然かねらったのか、
娘は模様がミッキーの耳に見える奇跡の一枚。

私もカボチャのヘタが帽子に見えなくもない様子に。
カボチャ、想像していたよりも大きいです。
ここは無料で入れるので、何かのついでにカボチャだけインスタ用に撮りに来てもいいかも。

GWも残りわずか、みなさん楽しい休日をお過ごしくださいね。

草間彌生「わが永遠の魂」

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<