ドクタールーペスタッフ、ルーペちゃんがお届けする健康と生活にまつわるブログ

ルーペちゃんのイタまったりな年末年始

こんにちは、ルーペちゃんです。

年明けにルーペちゃんが書く一本目のブログになります。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて1月も半ばをすぎ、すでにみなさまそれぞれ通常運転に戻っていることと思いますが、
今年はどのような年末年始でしたか。
私が子供の頃は、どんなに遠くても年末年始は実家で過ごす、という風潮がありました。
世の中がだんだん「無理をしてまで義理を果たさない」ようになってきたのと同時に、
お正月のスペシャル感が希薄になってきたこともあり、わざわざ高くて混む時期に遠くまで帰ることも少なくなりましたね。
うちの両親はどちらも先祖代々千葉生まれで、ハリポタ風に言えば私は純血の千葉県民。
年末の帰省風景を見て、ひそかに憧れていたクチでした。
いつか結婚したら遠くの旦那さんの実家に帰省してみたい、と思っておりました(実家が横浜にある夫と結婚したため、それは叶いませんでしたが)。

長々と何を自分語りをしていたかというと、
今年も近場で地味に過ごした年末年始でした」という話です。
そんな地味な年末年始の中でも、特に印象に残った超個人的な出来事を。

●いきつけのスタバに個室っぽいスペースができていた

しょっぱなから「どうでもいいわ!」という話ですみません。
ルーペちゃん行きつけのスタバはツタヤ書店併設ということもあり、勉強や仕事をする人たちが溢れて多くのスタバ同様慢性的に座席不足の状態です。
そこに座席増設の動きがあったものですから、てっきり談話用の座席ができるのかと思ったら、ガッツリ仕事勉強用の、しかも鍵の字になった個室っぽいつくり。

驚きました。なんでなんでー。
長っ尻する人大歓迎の姿勢の表れってことでいいんでしょうか。
そう解釈しますよ、ではそうですか遠慮なく。
というわけで喜々として中に入り、仕事を始めてみると・・・

どの角度に座っても体が微妙にずれた感じになるので違和感アリアリ。
さらに座面と机の距離が短いので、私の体格でも足がつっかえます。
正直、ひとことでまとめるならば「座りずれェなオイ」というところでしょうか。
これは歓迎しているように見えて実は早く帰らせる装置だ!

●伊豆の赤沢温泉に行ってきた

千葉というのは便利なようで不便な土地で、たとえば電車でも車でも、他県に出かけようとすると必ず一度東京を経由する必要があるのです(半島ですもんね)。
だったら県内で遊ぶわー
となってしまってめったに他県に遊びに行かないので、もういい加減飽きた、という夫が企画したのが伊豆への日帰り温泉旅行
渋滞を避けて朝6時半に出発し、9時には目的の赤沢日帰り温泉館に着いていました。

10時の開館まで、外の足湯でくつろぐ私と娘。

さらさらとして匂いのない、さっぱりした泉質です。
DHCが経営しているのでアメニティも超充実。
露天風呂の眺めがすばらしく、ダイナミックな景色を近くで堪能でき、日差しがさんさんと降り注ぎ開放感あふれる露天風呂でした。
写真は風呂の一階下にある休憩所より撮影。風呂からはこれ以上の景色が楽しめます。

近所の揚げ物屋で昼食を食べ、ゆっくり帰路につきながらブラブラしようと出発したのが14時前。
が、そこから車動きゃしない。
抜け道もない海沿いの道をひたすらのーろのーろのーろのーろ進みます。
トイレ休憩もせず、おやつだけで飢えをしのぎ、自宅に帰り着いたのがなんと20時。
神奈川県の渋滞は想像以上でした。
もう千葉から一歩も出るもんか!

●チバットマンに遭遇した


ハイ、どうでもいい話の最高峰ですね。
2015年にも遭遇した、と喜んで書いてますが。。。
以前と違うのは、マントがないところ。
危険だと警察に指導されてやめたのかもしれません。
初売りでごったがえす幕張の三井アウトレットの周囲を回っていました。
人に見られるの、好きなんだなぁ。

●肉離れを起こした

それは新年3日のできごとでした。
退屈しのぎに家族で運動をしようと、スケボーやJボードを持ってイオンモールのひとけのない歩道で遊んでいました。
※ちなみにJボードとは二輪でバランスを取りながら走る、スケボーのようなものです。
この辺の小学生はだいたいJボーかリップスティックのどちらかで遊んでいます。

このJボーは見ているといかにも面白そうで、一度やってみたかったので娘に頼んで教えてもらいました。
コツをつかむと割合かんたんに乗れるものです。しばらく練習して自力で乗れるようになったので、「見て―乗れるようになったよー」と声をかけたとたんにブチッ・・・
ボードから降りた瞬間、ふくらはぎに肉離れを起こしました。

どんどん腫れと痛みを増してくる足に恐れをなして、すぐ家に飛んで帰り、ペコちゃんに「助けて」のラインを送信。
スポーツマンのペコちゃんはさすが、適切な手当をてきぱきと教えてくれました。
言われたとおりに手当し、おかげでズキズキする痛みはおさまりました。
しかしこんなにも歩けないものなんですね、肉離れって。
2週間たってもいまだに普通には歩けませんもの。
(せっかくなので)この話はまた後日詳しくお伝えします。

そんなわけで、地味どころか派手にケガをしていたルーペちゃんの新年でした。
こんなスットコドッコイですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

酉年なのでスイカペンギン

>>レントゲン読影サービス Dr.LOUPE<<<